スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

あなたでも持てる(モテる) ‐「三井住友VISAプライムゴールドカード」‐

 2011-01-14
久々に自分がど真ん中ターゲットのCMが刺さったのでご紹介。



1)あなたでも持てる
実はこのCMは、ゴールドカードと普通のカードの間という、なんとも中途半端にポジショニングするプライムゴールドカードのCMなのです。
(20代限定で、年会費はゴールドの半額、多分審査もゆるいはず)

prime
ゴールドカードより断然アクセシブルなのに、パッと見、ゴールドカードよりゴールドに見えるという何ものにも代えがたいベネフィットを搭載しております。
ゴールドカードより安くゴールドカードのステータスを得れるという分かりやすいコンセプト。


2)あなたでもモテル
CMもキレイにまとめてますが、実はキーメッセージは『ゴールドカードはモテる!』です(多分ね)。
夢も希望もないこの現実社会2011で、こんなカワイイ彼女がうるんだ瞳で褒めくれるミラクルがあるとすれば、それは仕事頑張ってる俺!ではなく、あくまでも若いのにゴールドカードを持ってる俺なんでしょう、きっと。
現実怖いよーでも分かっててもこんなん言われたら奢ってまうやろー惚れてまうやろー
たまに大学時代の後輩と会えば、東京弁キモイw、おもんなくなりましたねww、社畜乙www、的なコメントばかりを頂く自分には本当に深く深ーく刺さりました。


【まとめ】
ゴールドカードよりゴールドに見えるのに手が届くカードがある×ゴールドカードはモテる=俺でも持てる(モテる)
素晴らしいCMと商品が織りなす美しい以上の数式により「そっかー俺も年下のこんなかわいい娘に、こんな風に尊敬されちゃうのかーうへへ。」っていうノリでプライムゴールドカードへの興味をふつふつと湧きあがらせる施策なのではないかと。
(予断ですが、レストランの入口でゴールドカードを預けて、会計はサインだけで一瞬ですますってのをやりたい)

素晴らしいコンセプトの商品と、そのCMに敬意を表してリンクを張っておきましょう、アフィリエイトじゃないですよ。
(良く良く考えると、結局ちらっと見ただけではゴールドカードと混同してしまうCMなので、広告としての効果は微妙な気はしますが…まあ目的次第やからええけど、どーせお金持ちな会社やしね。)

http://www.smbc-card.com/nyukai/card/prime_goldcard.jsp


スポンサーサイト

アメリカンドリーム映画の普遍的教訓-「バーレスク」-

 2011-01-10
バーレスクを観てきました。
ネタバレっていうタイプの映画ではないですが、若干内容に触れるので気になるひとは読まない方が良いかも。




アギレラかっこええーやっぱ歌うめーーアメリカンドリーム最高!USA!USA!!

っていう映画。
全編を通して底知れぬ既視感を感じます。
シカゴとコヨーテアグリーを足して2で割った感じ。
ほとんど何の起伏もないし、主人公に最初は影をつくるような伏線があったけど、一切回収されぬままいつのまにやら明るく無邪気なショーガールになってるというキャラ作りこみの薄さ。
って多分そんな風に考える映画じゃないんでしょうね、ただ観ろ!感じろ!みたいな。


ただひとつだけ凄く印象的で感動したのがCher様の言葉。
『あなたが本物のスターなら見せてみろ、認めさせてみろ、誰もあなたからその才能を奪ったりしない』

熱意って凄く大切だし、時として人の心を動かすんだろうなーと思うけど、実際は稀で予行編でもアギレラが禿のおっさんにいわれているように"Great enthusiasm terrible timing(良い熱意だ、でも今じゃない)"って言われてしまう事が多いんだと思う。
そこでぐれてしまって「チキショー誰も俺の才能に気付かないなんてバカばっかりだーーー!」と永遠の秘密兵器宣言を自分でしてしまいたくなりがちですが、そうではなくてその才能を行動で分からせてやる事が凄く大切なんだなーって。
当たり前だけど、何か改めて。

チャンスは平等ではないかもしれないけど、確実にやってくるものだし、その時にしっかりとものにできるように自らの才能を分かりやすい形で研いでおかないとアメリカンドリームはない。
こういうアメリカンドリームものの普遍的な教訓ですかね、8milesとか好きだったなあそういえば。


Now you want to show me something show me that!!
Cher様がオーディションでアギレラに言った言葉。

Just fuckin do it!
新人研修で副社長から俺が言われた言葉。

多分、そういうことなんだろうなと思います。



仕事なんてつまんねーよバーカ

 2011-01-10
正月休み明けて最初の1週間で悟ったこと。
就職活動が本格化して、学生に多く会う前のこのタイミングであえて言いたい。


仕事なんてつまんない。
こっから逆説的に展開させて最終的には仕事万歳!ってなるタイプの記事ではないです、このまんまが結論。
おもろーオモロー言うてた段階から、こうやってブログにこういう事を書けるようになったのは、ええかっこしいの自分には革命的出来事。


なんでtwitterやブログには、仕事楽しい、辛いけど楽しい!的な発信が多いのだろうか。
世の中こんなに真性どMばっかりだったかと。

俺は最近楽しくありません。
日々のプレッシャーに吐きそうになります、実際。
間違っても楽しいとか言える瞬間なんてなくて、心臓がずーっとすーすーしてます。
周りの友人の活躍に嫉妬してます。
俺なんかより100倍くらい過酷な環境にいながら、かっこよくどんどん前進してる同期が怖いです。
全部本心。

仕事つまんねーなー下らねーなーってつぶやきはあんまり見ない、特にいわゆる有名大企業に勤めてらっしゃる方からは一切。
だけどリアルに会って飲むとそういう話題は結構マジョリティ。
だいたいそういう愚痴が大半を占める、仕事の内容の愚痴、給料の愚痴、上司の愚痴、組織の愚痴。
きっと仕事をつまらないと思ってしまう自分をプライドが許さないのかなと。
いや、多分皆そういう思いは抱えても、立派だから無闇に負の感情を出さないのでしょうね、不毛だから。
俺もそう。

それとも俺以外の人は皆楽しんでるのかもしれない。
ああ、悲しい俺。状態って可能性もありますね。
それでも良いです、一意見だと笑って下さい。
俺にとっては、企業に属しての仕事って結局は労働でしかなくて。
どこまでいっても仕事自体が人生の第一目的にはなりえないと、感じること多々。
じゃあ辞めちゃえよ、って言われてもそう簡単には辞められない、だって食えないやん、死んでしまうやん。
仕事はつまらない、だけど避けられないもの、労働は趣味ではなく義務。
そうやって開き直ってる今日この頃。

これから先は自分の感覚というか、思考に正直でありたいと節に願う。
仕事をしていく中でも楽しい時は楽しいと表現するし、つまんない時はつまんないと思う自分を否定しない。(負の感情は無闇に発信すべきものではないけど)
今までみたいに自分の中のあるべき像を演じるのは辞めようと思う。


おもしろき こともなき世に おもしろく すみなすものは 心なりけり

誰の句だったかな。
クソ面白くもねえ人生を面白く感じられるかどうかは自分の心持しだい。
そういう意味だと捉えていたけど、そうでもないかもな。
心持でおもしろくなるなら、誰も世の中を本気で面白くしようなんて思わない、そこに命をかけずに自己欺瞞を繰り返せばおもろーってバカみたい。
面白くねえ、下らねえ仕事をどんだけ面白くできるか、自分だけではなく他人にとっても。
仕事がつまらないという事を認めた今日から再スタート。


「初」仕事初め

 2011-01-04
あけましておめでとうございます。
新年初投稿。
2011年もどうぞよろしゅうお願い致します。


2011年1月4日。
仕事初めでした。

初仕事初めなので、気合いを入れて早く出社しました。
早過ぎてビルのエレベーターが動いてませんでした。

けっこう時間をつぶし、誰もいないオフィスにやっと入れました。
早過ぎて誰もいませんでした。
と思って気を抜いていたら副社長さんが同じくらいのタイミングでいらっしゃいました。

新年初仕事は、昨年お世話になった諸先輩方のPCに新年最初にメールをぶちこもうと、早速メールを打ちました。
早過ぎて全部休暇中の旨を伝える自動返信メールが大量に返ってきました。

中でも凄くお世話になった研修先のブランドの方々には直接あいさつをしようと直接オフィスに出向きました。
早過ぎて営業さんさえ誰ひとりいませんでした。

想定外に手持無沙汰になったので、会社のカフェに一番客になろうと思いつきました。
早過ぎてカフェの開店準備をしている方に怒られました。
早過ぎて作りたてのぬるいアイスコーヒーが出てきました。

でも早くいったおかげで事業部の皆さんを迎えて1人づつしっかり挨拶できました。
うん、これは良かった。
でも事業部の副社長、そして人事副社長と、やっぱり上に立つ人ほど礼節を大切にするのか、ひとりひとりのデスクまで挨拶に回っていました。
(人事副社長にいたっては別フロアなのに1人1人名前まで覚えて…)
外資だからとか、文化の違いだとか、そういう事ではなくて、身近な人に感謝や尊敬の念を適切な形で表現できるだけの礼節を身につけなくては。

新たな今年の課題、礼節


トータルで若干空回り気味のスタートでしたが。
でも何事も早いってこと、そして初ってことは気持ち良いもので。
若干飽き性の気がある自分としては、こうやってうまく自分のモチベーションを高める口実って重要だったりします。
「誰よりも早く○○」とか「初○○」とか、そんな風に今年も自分をだましだまし頑張ります。


meiji

仕事初めという事で、明治神宮へお参りにいったりと、ゆったりした時間を過ごした半面、怒涛の繁忙期に向けて全力で会議するなど、これからの1年に向けて引き締まった良い1日になりました。


ところで以下は、明治神宮のおみくじに書いてあった内容。

日に三度
身をかへりみし
いにしへの
人のこころに
ならひてしがな


細かい詰めが得意ではない自分にはまさに痛いところをつかれた御言葉。
しっかりとミスがないように、という表面的なところだけではなく、1日に3度しっかり自分を見つめなおすくらいの落ち着きのある1年を送りたいなと思う次第です。

頑張ります。
楽しみます。




「初」仕事初め の続きを読む

2011年への抱負(プライベート編)/「迷ったら行け」への回帰

 2010-12-31
glo

「迷ったら行け、そこに出会いがある。」

大学時代を捧げたサークルに伝わる格言。
この言葉に背中を押され、色んなチャレンジに突っ込んでいっていまの自分があります。

なのに今年はそんなにチャレンジできてない、っていうかそもそも迷うほど微妙な判断を迫られる局面に身を置いてきませんでした。
良くも悪くも凄く安定していたし、なんとなく守りに入っている自分を感じたりしていました。
あくまでも今までの延長線上で生きているというか、大学時代に毎年感じていたあの非連続的なめまぐるしい展開と出会い、そして迷いを感じない一年だった。


「迷ったら行け、ってそんな万能じゃないですよねーそんなに世の中甘くないですよねー」となんともぬるい、リアムが聞いたらマジ切れするほどロック感ゼロな会話を先輩としていた事もしばしば。

liam
(そりゃリアムもこんな顔しますよ、はい。)


まだまだそんな老けこんじゃいけない、迷ったら行けって、自分だけの責任で決断できる時間は意外と短い。
でもまだ来年はそういう時間なはず。
だから来年はまた迷う事から始めようと思う。
時間の過ごし方、お金の使い方、これでいいのかって迷うくらい、色んな世界の色んな選択肢を増やそうと思う。

そんな事を踏まえて来年の目標をいくつか。


1)ブログを最低週1は書く。
→仕事以外の世界が狭いからブログを書くネタが無くなるんや、ブログを週1かけるくらい色んな所にアンテナを貼っておきます。

2)フランス語(仏検3級取得)。
→せっかく身近にフランス語を話す人が多いし、趣味としてはじめてみようと思う。200時間の学習が目安とされる3級の年内取得と、年末のアフリカ旅行で話すことが目標。一緒に勉強する人を募集中。

3)海外に3回行く。
→日本にいる限り日常の延長線上でしか物事を見れない怠け者なので、海外に出たい。まずは3月に韓国。夏にラテンアメリカのどこか。冬にアフリカにいきたい(そこでフランス語話せたら素敵やねー)。

4)身長ネタ+αを忘年会までに固める。
→あまりに万能、鉄板すぎて、今までこのネタに頼り過ぎていました。そろそろ新しいキャラクターと笑いの形を固めます。この辺りはお笑い芸人の同居人と詰めていきたい。


とにかく仕事以外で迷うことが多くなるほど、色んな世界に顔を出して、色んなものをみたいなーと思っとります。
そしてそこでリスクを取って決断できるような人間でありたいと思います。
固まってきた自分の世界をもう一度広げる為の1年。

来年は冒険します。



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

KK

Author:KK
自称「日本最高」のマーケター(身長的に)。
2010年より外資系メーカーに勤務しております。
将来の夢はリアム(写真)になって、そしてカリブに海の家!!

日々の生活、マーケティング、広告、音楽、海外ニュース、とにかくアンテナにひっかったもんに対してつっこんでいこうと思います。

※あくまで個人のネタ帳であり、所属企業・団体等とは関係ありません。



こちらにはアイディアの種を撒き散らしてます。

http://kk196.tumblr.com/archive


↓Follow me↓
twitter / kk_196

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
DONATION.JP
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ

カウント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。