スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

卒論中間発表

 2009-06-05
なんとか無事に卒論の中間発表を終えました。
ただ今の段階では、2つのテーマが同時に走っている状態なので、どちらにフォーカスするのか決めないとなー。

・DCF法算出企業価値の株価説得力(実証研究)
・株式買取請求事件における裁判所の企業価値算出法理について(判例研究)

うすうす気づいてはいたけど、これらをまとめて1つのテーマにするのは難しいそう。

カネボウ株式買取価格決定申立事件で裁判所が認定した「公正ナル価格」は360円。
カネボウ株の上場廃止前、最終売買価格は360円。
偶然の一致なのか?っていう素朴な疑問からスタートしてるだけやしね。

前者(裁判所認定価格)は、DCF法で理論的に導き出された価格。
後者は、株式市場で形成された価格。

両者には1年以上ものラグがあるし、そこに論理的な関係性は、DCF法のファイナンス理論を考慮すればありえない。
だけど、裁判所が鑑定人の算定数字を単純に認定しただけの本事例。
なんか、その偶然の一致に意味を感じるんよねー。
ぶっちゃけ、裁判所も何も分かってないんやと思います。
更にそこに、ファイナンスと法律論の双方から考察を加えた論文がないので、おもろーやなと。
それだけ。



まあ、こんな感じのことを1年間研究しようと思ってます。
いつもより多少はアカデミックでしたでしょうか。
スポンサーサイト

カネボウが仲間になった

 2009-05-08


なんとかテーマ発表を乗り越えましたー。
いや、良かった良かった。

ただ単にデータの分析だと経営よりのテーマになってしまうからと、いくつか判例を教えて頂きました。
↓の争いですねー。
旧カネボウ株「適正価格」で対立

確かに絡ませていくと内容が会社法っぽい議論になりそうです。
まだ定説がない分ハードだけどやりがいのあるテーマ設定のようです。
たまたまやけど、面白そうな方向性はあるテーマで良かった。




明日から所用で実家に戻るので、暇な時に文献やらを読み込んでおこう。
第1次研究発表まで1か月という鬼のスケジュール。
それまでに文献の整理と、カネボウ判例の検討、データ収集及び加工まで終わっておこう。

卒論テーマ発表当日

 2009-05-08
M&Aファイナンス (新金融実務手引シリーズ)M&Aファイナンス (新金融実務手引シリーズ)
(2006/03)
笹山 幸嗣村岡 香奈子

商品詳細を見る


M&A ファイナンシャルデューディリジェンスの実務M&A ファイナンシャルデューディリジェンスの実務
(2006/12)
デロイトトーマツFAS

商品詳細を見る



とりあえず2冊読んでみました。
どちらも相当実務よりでしたが。

そんな中でも、なんとなくM&Aの中でもファイナンス、特に企業価値算定に興味を持ちました。
M&Aやグループ再編における、企業価値測定の方法としては、(1)純資産法(2)マルチプル法(3)DCF(Discounted Cash Flow)法が広く知られているようです。
特に、日本においては将来会社が生み出すフリーキャッシュフローを企業価値とするDCF法が、企業価値算定法として主流だそうです。

これらの評価法によって、日本の上場企業の企業価値をそれぞれ算出してプロットしたり、実際のM&Aの対象になった企業の前後の企業価値と買収価格を比べたりすると面白そう。

この作業をしていくうちに、どの算出法が実際の時価総額に近いかが見えてくるはず。


つまりテーマとしては…。
純資産法、マルチプル法、DCF法の比較検討に基づく、企業価値算出の有効性

んー少しは会社法っぽくなったかな?
むしろ商学部よりなのかもしれないけど…、もうこれくらいが限界です。

とりあえず、デューデリジェンス周りをします位の感じで一回投げてみて反応を見よう。

卒論テーマ発表締切2日前

 2009-05-06
やばい。
リアルにやばい。

何にもアイディアが浮かばない。
ちょっと前まで就職活動について書いてやろうかと思ったけど、そんなの体験記にしかならない事に今更きづく。
論文じゃねーよなー

テーマを考えるにあたって、本棚をざっと眺めてみる。
ブレストがてらそのタイトルを拾ってみた。
要はこれらが自分がCostを支払ってまで自発的にInputしてきた知識なわけだから。


広告
キャッチコピー
ブランディング
チーム
ブランド
人事
デザイン
知的財産
外資系
営業
組織
PR
コンサル
マーケティング
金融収益
キャリア
コールドリーディング
リーダーシップ
宇宙
行動経済学
口コミ
建築
フェルミ推定
プレゼンテーション
コミュニケーション



…。
俺はいったいこの3年間何をやってきたんだろうか。
完全に法学部ではないですよね。

専門は会社法です。
特にM&A関連を専門としてるつもりです。
(この発言のレベルの低さ自体が、知的水準を物語る。)

唯一、法学部っぽい知的財産の分野に関しては2年前くらいに資格取得の為に集中的に勉強したけど、会社法じゃないしなー
先生は法律じゃなくても、会社関係のものなら許すって言ってたけど、初代ゼミ長がそれって何か先生がかわいそうだよなー
けど会社法か…。

基本的に判例をおっかけるだけの研究はできないと思うので、どっちかというと数的データを用いた分析を用いたものである必要がある。
会社法関係でデータを多様できそうとなると、株価しか思いつかないんですけどねー
ただ単純に数字としての株価を会社法の諸要素(敵対的買収とか)と絡めて扱う場合、テーマが広範にわたりすぎて最悪な結果になるのが目に見えてる。

うーんんんん。
んあー。
どうしましょうか。

なんか身近なテーマがないでしょうか。
会社法自体が身近な存在ではないからなー言い訳やけど。

とりあえず明日、大学の図書館で物色してきます。

Time Is Running Out

 2009-05-03


今日の飲み。

何でもない会話を何でもない人とする事が、実は一番贅沢な時間の過ごし方なのかなーとか思ったり。
お互い何の見返りも利害関係もない関係っていいよねー
っていうか若いって素晴らしねーそれだけで財産っすね。

とりあえずテラスのある部屋に住むのが当面の目標になりました。

最近、1人の人と何時間もサシで飲むのが至上の楽しみになってきました。
2人で5時間とか飲めるのはなかなか昔の人みしりの自分ではなかった事やなーと実感。
これも大人になってきた証なのかなーとか少し思ったり思わなかったり。


いやー飲んでる場合でもないんですが…。

卒論どうしよう。
基本的にアカデミックなところに関しては一切関心が無かったのですが、さすがに1年間を費やすテーマを決めるとなると慎重にならざるを得ません。
バイト先が研究所になりそうなので、そこでのプロジェクトを流用っていう手も考えてはいるのですが…。
いずれにしても7日のテーマ発表まで時間がそんなにないです。
そして毎日飲みの予定を入れてるし…。

とりあえずがっちり法律論ってのはつまらないので、株価とかそういうのを絡めてたものにしようかとも思ってます。

なんか面白いテーマはないものだろうか。

というかなぜ自分は法学部なのだろうか。

就職活動における他者否定とその対策

 2009-02-01
以前卒論のテーマを就職活動にすると宣言しました。
(それか普通に内定先の企業を調べ倒すか)

ただ単に経験談になっても仕方ないので、就職活動中の自分の心境を客観的に分析し、他者に有用な情報にまで昇華しようと考えています。

とりあえず直近のおいしい分析対象は…。
くだらないくだらない
先日皆さんからご意見を頂いたこの記事の出来事かなと。


【就職活動における他者否定とその対策】

GDにおけるパートナーを異なる特性をもつ者と定義。 
異なる特性を持つ者同士で共通の目標を目指し議論(GD or GW)する場合、相手の特性を短い時間に把握する事が求められる。
一方でその特性を性急に判断してしまわないような配慮も必要となる。

以下GDにおける他者否定のプロセスを分析。
今回の場合、以下のようなプロセスを経て、特定の他者(GDにおいて発言しない者)の意見を不要と判断。

    (1)何も発言をしない
    (2)有意義な意見を持たない
    (3)あの人はあまり有能ではない
    (4)よって短時間のGDでその発言にバリューはないと推定


今回の場合、そもそも(1)から(2)に至ったことより、そのプロセスを反復反復しなかった点が最も不適当だったかも。
彼の発言が見られないのは「同意のしるし」であるかもしれないし、逆に「不同意のしるし」かもしれない。
または「この点は既に議論し尽くされたので、次の論点へ」と考えているのかもしれない。
沈黙がその人なりの貢献だった可能性もあるのに、それを(3)(4)と思考プロセスを進め、思考が完結したら、せっかくの特性を活用しないことになってしまう。

したがって、ある人物を評価し、かつ活用する為には、自分の思考プロセスを自覚し、誤った結論を導かないようにサイクルを複数回回す。
そうすると、相手の沈黙の意図を確認するために、適切なタイミングで発言を促したりすることができるはず。
話さない人の意見までを結論にまで集約できれば、その能力は先々まで活用できるはず。

(まとめ)
GDでリーダー役を担うなら、いわゆるDIE Processと呼ばれるサイクルを意識的に回す事が重要。
(description(1)→interpretation(2)(3)→evaluation(4))




今後のGDはこういうテーマを実験して、コミュニケーションの精度を上げていこうと思います。
ただどうなんやろうね。
あの事を今さらむっちゃポジティブに無理矢理書くとこうなるけど…。

小難しく書いたけど、こんなん皆普通に無意識にやってる事をもっともらしく書いただけ。
ただ皆が無意識に習慣化している思考プロセスを自覚し、意識的にサイクルをまわすこと。
それを心がけることで何か変わるのかもっていう仮説です。

あんまりこれやりすぎると、全体のアウトプットの質さえ悪くなる可能性があるので、その辺りのバランスは結局咄嗟の判断なんですよね。

とにかく、1プロセスでの判断はあれで最後にしようと思う。
GDしたいなーこれでしばらくどんなGDでも結果以外の意味を見出せる。

就職活動における他者否定とその対策 の続きを読む

日本史上最高の卒論書きます。

 2009-01-08
うちのゼミの先生が来年は卒論をやると宣言。

法学部は原則卒論ない。
ゼミによってはゼミ卒論を課す所もあるみたいだけど、まさかうちのゼミがそうなるとは。
新しいゼミだけに先生も色々試したいみたい。

先生曰く
「将来、留学や進学といったチョイスを考える場合もあると思う。そういった時に大学時代これを勉強したと自信を持って言えるものをひとつくらい残してほしい。」
だそうな。
至極まっとう。
専門分野の欠如はゼミ生全員が痛感しているところでもあります。
(就職活動でも専門につっこまれるときつい)

とはいえ。
いわゆる普通の法律ゼミが嫌いで入ってきた生徒が多い中、先生も空気を読んでくれました。

「テーマは法律に限りません。広く企業に絡む事項であれば自由とします。」
さすがです。



自分は何を書こう…。そもそも卒論ってなんだろう。
wikipedia教授に聞いてみると…

卒業論文(そつぎょうろんぶん)は、大学(短期大学を含む)及び高等専門学校に所属する主に最終学年の学生が、その最終学年の一年間を通しておこなう卒業研究の成果として提出する論文の事である(期間や、方法が異なる場合もある)。一部の高等学校にも科しているところがある。略して「卒論(そつろん)」。

ふむふむ。
卒業研究の成果…。

俺がいつ何を大学で研究したと?
この3年間、大学内で研究に近いことなんて一回もやった事ない。
卒業研究って自分が4年間を通して取り組んできた、いわば大学での勉強の集大成であるべきだろう。
そもそも大学で勉強していない(テストだけ機会的に処理してきた)自分に論ずるべきテーマはない。
いつも通りコピペ祭りのレポートの域を出ない作品に自分と先生の貴重な時間を費やす価値はない。

「書くに値するテーマがないので辞退します。」
って言えないから辛い。

大学内に一生保存される卒論で恥ずかしいものを残したくないしなーどうしよう。

自分が論じれそうなテーマを列挙してみる。
・中国と知的財産
・日米の買収防衛策への法的評価について

こんなもんか。
こんなテーマ設定では自分が付け焼き刃で1年間頑張ったところで、所詮全国卒論ランキングでは10万位くらいが関の山だろう。
そもそも学部生の論文なんてゴミ同然だし。

せっかく1年かけるなら、No.1かつオンリーワンの卒論にしたい。
理論的に自分一人しか論じれないテーマを選定すれば、必然的にそのテーマでは日本一の権威になれる。
これを探す。



ひとつ見つかった仮説が…

「2010年卒年度文系男子学部生就職活動論~好景気と、100年に1度の大不況の間~」
これだと理論上、No.1かつオンリーワンになる。

【以下計算式】
2010年卒文系男子学生総数×某WA社パス取得率×複数長期インターン経験率×複数内定率(内資&外資)×複数就職協定基準日以前内定率=1

40万人(多めに)×0.025×0.1×0.01×0.1=1(KK)
数値はすべて多めに見積もってます。どう考えても40万人いないよねー
ですのでおそらく、この分野では永遠にNo.1かつオンリーワン達成です。
(まだ満たしてないけど、満たす為には関門が後2つ。)

2010年は就職活動の歴史に残る年です。
(夏のインターン時期までは好景気、リーマンショック以降本採用枠は前年比50%減がごろごろ)
某WA社のインターンパスは現在の就職活動早期化の象徴。
インターン、内定、就職協定日以前内定をそれぞれ複数を条件にしたのは、比較する為とWAパス取得者は自動的にいずれも満たしてしまうから。

つまり好景気と不況の板挟みの状況下から、2年生時から始まる企業の人材確保、インターンシップの功罪、外資系企業の優秀な学生の囲い込み、好況時と不況時の企業採用計画の変化、就職活動の早期化、といったトピックを複合的に論じる構成になってきます。
これはけっこうおもろーだと思う。

これらテーマ全てを体験ベースで論じれるのは自分だけだと思うし、書くことに意義も見出せる。
ネタ帳に細かくメモもとってあるし材料には事欠かない。



ちょっと楽しみになってきた!
クオリティ次第ではどっか出版社に持ち込んでみようw

卒論プロジェクト始動です。
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

KK

Author:KK
自称「日本最高」のマーケター(身長的に)。
2010年より外資系メーカーに勤務しております。
将来の夢はリアム(写真)になって、そしてカリブに海の家!!

日々の生活、マーケティング、広告、音楽、海外ニュース、とにかくアンテナにひっかったもんに対してつっこんでいこうと思います。

※あくまで個人のネタ帳であり、所属企業・団体等とは関係ありません。



こちらにはアイディアの種を撒き散らしてます。

http://kk196.tumblr.com/archive


↓Follow me↓
twitter / kk_196

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
DONATION.JP
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ

カウント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。