スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

宗教と法

 2007-11-29
最近、私(無宗教)とは決定的に異なる価値観をもった人と出会った。彼はある宗教の熱心な信者であるが、彼は日本の法制度では危険な行動も彼自身の宗教観に基づいて躊躇なくやってみせる。

いくら信仰の自由が保障されているとはいえ、どこまで許されるのか?法規範との相関は?

興味深いテーマだ。

以下判例等には触れずある程度考察する。ちなみにこれを学部のレポートにするなら憲法判例のエホバ商人の輸血拒否事件なんかを引用すれば使えるのかな?





そもそもどのような宗教に属していようと、その行動を現実的に規制するのは法である。我々にとっての法とは日本法となる。その日本法はヨーロッパ大陸法であるドイツ法をベースに形成されている。ドイツは知っての通りキリスト教の影響が色濃く、当然ドイツ法にも制定の段階からキリスト教的思想が現れていると言えるだろう。だからこそ今回、法思想をあえてテーマとして設定し、法と宗教との相関を考察する意義があるだろう。
さて、私が考えるにあらゆる宗教はその信者に特定の道徳観を与えている。例えば「モーセの十戒」はその代表例であり、「モーセの十戒」は現在に至るまでキリスト教徒の道徳観に強い影響を与え続けている。
しかしモーセの時代ほど社会は単純ではなく、様々な利害が混在する現在、昨今の宗教間対立を例に挙げ宗教倫理による支配が機能しない事に疑問の余地はない。やはり社会秩序を保持するのは法の役目であり、宗教は必要ないのだろうか。これに答えるため、次に法について考えたい。
道徳はどこまで法によって強制されるのか?これについては近代自由主義の代表であるミルが「自由論」の中で、国家が強制力を用いることができるのは、ある人物が他者に危害を加える場合のみとしている。これは危害防止原理とよばれ、本人の幸福のために危害がなくても国家の介入を良しとするパターナリズム(公権的温情主義)を痛烈に批判している。つまりミルの見解は、正常な判断能力を持つ成人には本人の利益になるとしても、他人に危害を与えない限りは意思に反して強制的には介入しえない、というものだ。
また同性愛や売買春といったものをどこまでパターナリスティックに規制すべきか、という問題もある。法の規定はあるがその実態とは異なっており、あまりにもひどい場合に規制されている。国家が介入するとなると自由主義国家のリスクを考える必要があり、すべてを規制するには国家権力がいくらあっても足りず、自由が無くなってしまう。
この自由と法規制のギャップを埋めるものとしてこそ、各宗教が示す道徳観の存在意義を現在にも認められないだろうか。「国家権力が介入できないレベルにおける道徳観の統制」という機能を宗教に認める事で、現在もそしてこれからも法と宗教とはバランスを保ち共存し、社会秩序に寄与していく事が十分可能であると結論付けられ、その重要性は宗教に対する帰属意識の非常に低い日本においても同様であるだろう。


うーん。これベースで1本レポート書きたいな。おもしろそう。

けどゼミは会社法orz
スポンサーサイト

 2007-11-27
普段はあまり人間関係には悩まないのに、久々に人間関係に悩ませて頂きました。




結論。

人間関係の悩みって答えでなくない?

しかも布団に入ってもずっと気になるから睡眠時間まで削られるし。

ようみんなこんなん考えて生きてますね。

「悩みがあるからきいてー」とか言う人は常にこんな悩みを抱えて生活してるんですね。大変やね。

こういう類の悩みが一つあるだけでその他の作業効率も下がってしまいます。



僕の場合は幸いもう解決しましたが。

やっぱり長々気にするよりぶつかってみてどーなるか。その方が自分にはあってるんやね。

考えることは止めない。けど悩む事はしない。

「熟考して行動し、結果を受けて次の糧にする。」





本当に悩んでいて、そして自分に相談することで解決へと繋がったり、共有できるなら素晴らしいことやと思う。

でも最近よく思うのが、悩みを相談する人の大半は「悩んでる自分に酔ってる」ってこと。

そーいう答えもオチもない悩み相談は高校までで卒業しようね。


誰かよくある悩みとその答えの傾向対策をまとめて出版したら?きっと簡単に書けるし売れるよきっと。

世の中のくだらない悩みの95%は、友人関係、進路、恋愛、金銭、そんなんでしょう?

残りの5%のオリジナル悩みは大事に悩みましょう。

けど大多数の悩みは対策本で機械的に解決していけるようになったら人類はもっと進化すると思う。

時間があったら人類に送る悩み対策本リリースします。

授業に出ない理由

 2007-11-18
また明日から1週間始まります。

今学期僕が出席してる授業はたった5つ。

中国語(×2)、企業組織法、ゼミ、メタ言語文化論、アメリカ政治史


一見すると何学部かも怪しいような履修ですね。一応法学部ですが。

更に極論すると出席点の関係で嫌々出席してるのが4つ。

つまり自主的に強制されず授業を受けているのは企業組織法だけ。




大学生のくせに勉強しろよ。

親に悪いと思わないん?

法学部ならもっと法律勉強しろ。



1回の頃から言われ続けてます。

けど、『講義に出ない=勉強しない』ではないと思います。

講義に出ていない時間、僕はバイトしたり、図書館にいたり、自習してたり、仕事してたり、他の学部の授業に潜ってみたり、ワークショップに参加してみたり、遊んだり、遊んだり、遊んだりしてるんです。

うちの大学にも出る価値がない講義は多いと思います。特に法学(しかも基礎)は正直誰から学んでも同じです。そんなん自分で本読んで勉強すれば3日あれば半期分の範囲はカバーできます。

出る価値のある授業とは、その先生が独自の考えを述べてくれていたり、自分で勉強するのが難しい分野のものだと考えます。

僕が法律の授業をさぼって政治の授業にでるのはその辺が理由です。

つまり、90分間もくだらない講義を聴いてるフリをするなら、割り切って帰宅して昼寝して、万全の体制で夜2時間勉強する方が効率いいと思います。

授業なんかでなくても単位はとれるし。(そもそもそれがうちの大学の根本的な問題かも…)






つまり
出席して得られるコスト<出席しないことで得られるコスト

の場合は出席しないほうが得だということです。まあ当然やけど。

この際、親から払ってもらった授業料についても考慮すべきでないと。(少なくとも意思決定に反映させるべきではない)

授業料はいくつ出席しようが一定かつ返還不可だから、これは、経済学上の埋没費用と考えるべきであり、意思決定の際に埋没費用を考慮すべきでないことは経済学の常識だそうだ。



このあたりの話は某法学部教員のブログの受け売りで『講義に出席するコスト・しないコスト 』というタイトルで解説してくださっています。興味のある方は探して見て下さい。

今まで散々、授業に出ないことを周りから非難されてきたので、先生が自分と同じ思いでいてくれるのはすごく嬉しかったです。

今後も自信をもってこのスタンスを貫こう。

サークルの難しさ

 2007-11-16
分かってはいたつもりだったけど、組織のトップって簡単じゃないですね。

ほんのちょっとした気の緩みがメンバーには伝わる。

本当に引き締めてやらないといけないな。


サークルとはいえ、立派な組織。
①中立
②公正
③冷静

この辺は絶対必須やな。いらん波風立てないためにも。


幸い今年の1回生には優秀な人材が多いし、彼らと上手く仕事をしていく事が俺の役目やな。

俺の代がピークになるより、彼らの代が楽しく活動できるようにしたい。それが俺の責任。




『人に何かを与える』

今年から自分の人生のテーマになってるけどやっぱり簡単じゃない。

自分をしっかりもって少しずつ良い方向に進めていこう。

盛り上がり

 2007-11-16
前にもちょっと書いたけど俺のゼミ教官は新任の先生です。

まあ、つまり俺らがゼミの1期生にあたるわけです。


知名度低いし、合同合宿には呼ばれないし。

先生は好きやけど歯がゆいんです。


そんな俺らに「2年次ゼミ合同ボーリング大会」というチャンスが。

当然参加してきました。



結果は…

なんと2位!!

賞金2万5千円GET!!



たった9人(男8女1)とかなり少数でかなりガチな布陣で臨んできました。

5連続ストライクを含む235という神スコアをたたき出したTくんの活躍もあって、俺達無名ゼミの知名度も少しはアップしました。

でもそんな事より、やっとゼミに一体感が生まれたのも嬉しいですね。


今後も1期生としてゼミをガンガン盛り上げて良いゼミにしたいっす。

責任と挑戦

 2007-11-11
昨日はサークルの総会でした。

選挙の結果、12月からは新会長として働かさせていただく事になりました。


主な公約は2つ
①新1・2回生中心のシンプルな組織への移行
②新たな国際交流の模索(留学生と対等な立場での交流の実現)



ここ数年、年々活動規模が大きくなっているうちのサークルは良くも悪くも今が転換期だと思う。

そんな大事な時期に、大事な役職を任せていただいて本当に光栄です。

自ら望んで負った責任なのだから、12月からの1年間、ベストを尽くしたい。





まあ難しく考えても仕方ないな。

自己中にならず、独断的にならず、皆の良さを引きだせる会長になろう。

楽しく、みんなで一緒に良い経験を積んで、成長していけるようなサークルにしよう。

さー12月から更に忙しくなるぞ。望むところやけど。


一大決心

 2007-11-04
来週の土曜にサークルの総会が予定されています。そこで来年度の会長を選出します。

その会長選挙に立候補する運びとなりました。


正直言って立候補する気は今日までありませんでした。(ちなみに今日が〆切)

自信がないわけではなくて、自分の将来の進路も決まってない状態で来年まで丸1年の間、サークルの事を考え続けられる環境にあるか定かではなかったし。

何より同期で会長職を望む人がいたから、その人が会長になるのが当然だと思っていた。



『サークルという比較的自由な組織構造ではあっても18歳~23歳くらいまでの幅広いバックグラウンドを持つ人間が150人もいる。そんな中で無選挙の信任投票ではなく、候補者として自分がヴィジョンを示し、また他の候補者のヴィジョンも示すことには意味がある。』

そう思わしてくれた人がいて、背中を押してくれる人がいて、自分を望んでくれる人がいたから、チャレンジしてみようと決心しました。

これほど自分がこのサークルで必要とされているとは思わなかったし、ここまで熱心に推されて正直嬉しかったです。



でも他の候補者とは良い友達やし仲間やし。複雑な気持ちも確かにある。

けどどういう結果になってもお互いに支えあって良いサークルにしていければベストやと思う。




出るからには皆に有益なものを示したいと思うし、選ばれたい。

まずは自分のサークルに対するスタンスを1週間しっかり再確認して、思うことの全てをぶつけようと思う。

なんか心地よい緊張感で1週間過ごせそうです。


皆さん、良い1週間を。

一大決心 の続きを読む

デザインのデザイン

 2007-11-02
デザインのデザインデザインのデザイン
(2003/10/22)
原 研哉

商品詳細を見る



最近マーケティングの本を読んでいて、『デザイン』という言葉が頻出していた。

ぼんやりとイメージは分かるのだが、何が『デザイン』なのかという定義をはっきり自分で得ようと図書館でかりた本。


結論から言うと、本書により上記の目的は達成できなかった。

しかしながら、前半部のデザインの再定義。及び中盤の筆者が企画したプロジェクトについて。
このうち特に後者、筆者を中心に有名デザイナーが生活にごく自然に存在するものを再定義する『リデザイン』という活動の様子からは多くの刺激を受けた。

日常当たり前に存在し使用するもの(トイレットペーパーやカサ立て等)は先人達の努力により少しづつ現在の合理的なデザインになったのであり、そのデザインには人々の生活を定義する力があるという。

しかしその力を物にもたらすためには必ずしも『トイレットペーパーは筒状である必要はない』のである。他のデザインもありえ、その新たなデザインが新たなトイレットペーパーの意味を作り出す。

このようにデザインとは単なる形状ではなく、物体に新たな力を与える存在なのである。

この本を読み、以上のような観点で街を歩けば街は多くの優れたデザインに溢れている。日常生活の視野を大きく広げてくれた一冊。




近況報告

 2007-11-01
いきなりブログの更新さぼってしまいました。


書きたいネタはたくさんあるんですよね…
①デザインについて
②広告戦略について
③会社法について

とか。時間があったら書きたい事が多々。



とりあえず最近は自分が中心になって進めてるプロジェクトとゼミの課題が忙しい…。

それなりに忙しいけど、コンスタントに読書はできてるのでまあよしとしよう。

明日は企画書の清書と、ついに外部にむけてプロジェクト賛同団体とメンバーの募集をかける。

明日からまた忙しくなるぞー
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

KK

Author:KK
自称「日本最高」のマーケター(身長的に)。
2010年より外資系メーカーに勤務しております。
将来の夢はリアム(写真)になって、そしてカリブに海の家!!

日々の生活、マーケティング、広告、音楽、海外ニュース、とにかくアンテナにひっかったもんに対してつっこんでいこうと思います。

※あくまで個人のネタ帳であり、所属企業・団体等とは関係ありません。



こちらにはアイディアの種を撒き散らしてます。

http://kk196.tumblr.com/archive


↓Follow me↓
twitter / kk_196

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
DONATION.JP
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ

カウント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。