スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ありえん

 2007-12-30
今年の予定も全て消化し、残るは明日の昼から宮崎に行くのみです。

祖父の米寿という事で、それぞれに忙しい親戚一同が会してお祝いします。楽しみです。
最近興味がある広告業界で働く伯父さんにも就職活動にそなえて色々と聞いてこよう。


それとさっき超常現象を紹介する番組を見てて気づいたんですが…。

エイリアンは英語で綴ると"Alien"となるそうです。

"Alien"はローマ字読みで「ありえん」となるんですね。

エイリアンは「ありえん」。…か。
そうですか。



超常現象なんかに期待せず、来年も精進していきます。

来年もよろしくお願いします。
スポンサーサイト

株主総会の進め方

 2007-12-29
株主総会の進め方 (日経文庫)株主総会の進め方 (日経文庫)
(2003/04)
中島 茂

商品詳細を見る


ゼミで設立した会社の株主総会が来年早々にも予定されているため、株主総会の手順を学ぶために図書館で借りた本。

学術書ではなく、いわゆる社会人を対象に書かれている新書である為に、実務上それほど重要ではない論点や学説は意図的に割愛され、読みやすく工夫されている。

株主総会とは何か?何に留意するか?どのように進行するか?
これらの基本的な情報がすっきりと一冊にまとめられている。よって、この本を手にするであろう人、つまり株主総会について手早く手順を習得したいと考える人の需要は、完璧にかつ簡潔に満たすので新書としては満点。

要するに読者の求める情報のみを簡潔に詰め込んだ1冊。ゆえにいわゆる『How to 本』の中ではかなり良著に分類されると思う。

国際交流とは何か

 2007-12-28
『国際交流とは何か』
昨日の国際会議(skype)での主要テーマだった。

所属する国際交流サークルも新しい価値観が台頭してきて、来年が大きな過渡期になるというのは皆の共通見解です。

そんな過渡期にあっても軸をぶらさない為には。

やっぱ全員が共有できるコンセプト的なものを作り上げる事。コンセプト、理念、目標、ゴール。国際交流とは何か。DESAとは何か。

そういったものがあれば活動に迷いもなくなると。

これに関しては総会で会長に立候補した時点で『国際交流の再定義』という形で公約にはしていたんやけど、他にもその必要性を感じてる人がいた事が分かったし、当初の予定を前倒しして追求してみてもいいかもしれない。

『そういうものこそが自分らの代が後輩に残せる最高のプレゼント』

確かに…。

どういった形で作り上げていくのか。いきなり会議しても意見なんかでないやろし。

どう言葉にしていくのか。単なるキャッチコピーではないし。むしろ言葉になりえるのか?

大きなチャレンジだけどやりがいはあるなー

色んな人の協力を仰ぎながら、そして意見を取り入れながら進めていこう。

他の事に関してはフォローに周り、後輩を前面に出すのが、自分の基本理念やけど。

ここは先輩として出しゃばるべき所やな。



『DESAにとっての国際交流とは何か。』

来年の大きなテーマの一つになりそうです。

期待を上回る演出

 2007-12-22
ホワイトデー、誕生日、クリスマス。

主に年3回、プレゼントをする機会がある。

なんか定番やから仕方ないけど、プレゼントもらえるって分かっててリアクション取るのって難しいですね。ネタバレっていうか。

だからこそ渡し方や演出にセンスが問われる。


『顧客の期待に応えるサービスは心に残らない。期待を上回るサービスだけが超一流のサービスとして記憶され、リピーターを生む』by USJ研修

という事で、考え付くベタな演出はあまり使えない。


去年のクリスマスは普通に渡して、その後寝静まってからもう一つ手紙と共に枕元に置いたり。
今年の誕生日はロッカーのキー渡して自分で空けさせたり。ほんで家に帰ってシャワー浴びてる間に暗号しこんで、解いたらプレゼントに辿り着く。みたいな。

いずれもベタっちゃベタ。
今年の渡し方を未だに悩んでます。自分の周りの人を喜ばす事ができなくて、社会に出て他人を喜ばせるサービスなんかできない。まずは身近な人の期待を上回らなければ!完全に自己満足です。ひかれない程度に。


という事で今年は26日に会うんですが、家をホテルのように演出するという案が有力。
シャンパン用意したり、バラ風呂とか。

極めつけは、あえて自分家宛にプレゼントを出して、時間指定で彼女に受け取らせる。


…うまくいくといいな。

システム・シンキング入門

 2007-12-19
システム・シンキング入門 (日経文庫)システム・シンキング入門 (日経文庫)
(2004/10)
西村 行功

商品詳細を見る


思考法の中では比較的新しい概念に分類されるシステム・シンキング。
詳しい説明はウィキペディアに任せる。

まあざっくりいうと、ある特定の事象に関する原因と結果は、巡り巡ってループするような循環的なシステムのような相関関係にある。ってことだと思う。
ロジカル・シンキングとは違い、時間的な要素に留意できたりと、物事をダイナミックに捉えて理解できる理論だと感じた。


このシステム・シンキングを身につけると最終的には…
そこで起こってることを冷静に把握し、そのシステムから未来に起こりうる結果を予測する事も可能になるそうです。
どちらかというと受身な理論に感じていたロジカル・シンキング以上に性に合う気がしています。

最近興味を持ったので入門書をいくつか物色したのですが、これがベスト。2時間ほどで読めるのでオススメです。
この本を読んで全体像を把握してから演習本に進むと良いのではないでしょうか?





今後の自分の思考法の基礎としたい理論に出会えた1冊。

真実はいつも一つ

 2007-12-16
http://web.mit.edu/persci/gaz/gaz-teaching/flash/koffka-movie.swf


物事の評価は見方によって全く異なる。

真実はそこにあって、それが分かっていても曇った人間の目では判断できない。

視野や素質うんぬんではなく、構造上正しい判断はできない。

だとすれば、本質的に同じことも見せ方によって、全く違う価値観として提示できる。

人間なんていいかげんなもんなのかな。




だったら評価は他人に任せて、余計なことに捉われず、自分の信じる事をやりぬくだけ。

さて来週は今年最後の講義です。がんばっていこう。

税務署勤務の可能性

 2007-12-13
学校の求人を見ていたら地元の税務署の求人を発見してしまった。


内容は確定申告時期の事務作業補助。
具体的には書類の整理、パソコンデータ入力、窓口案内業務のようだ。

確定申告時期のみの短期バイトという事で3月末まで。
3月31日に京都に引っ越すのでこの点でも都合が良い。
何よりこういう公務関連のバイトは少ないし、 おそらく2年後に一般企業に就職することになる自分にとっては、『役所仕事』を体感できる貴重な機会になるはずだ。

更に税務や確定申告に関しては知っとくにこしたことないし、例え書類整理やとしても勉強になる。



唯一の懸念は時給が現在のバイトに比べて半分程度という点。

金か。
経験か。



官の空気を吸えるまたとない機会やし、是非前向きに検討したい。

WEST4雑感

 2007-12-10
WEST4フライヤー


12月8日にこれまでの半年間の間、関わっていたイベントが無事終了した。

いずれこのページでオフィシャルサイトhttp://oasisnight.co.uk/に載せる用のロングレビューを書くことになるので、細かい所はその時まで置いておいて、ここでは忘れないうちにイベント運営において気づいた事をまとめておきたい。


イベントまでの流れ
①コンセプト決め
②協力者の確保
③適切な仕事の振り分け
④イベント開催地の決定
⑤構想の詰め
⑥告知活動
⑦本番を想定したリハーサル
⑧本番

基本的に今回は以上のような手順で進んだ。
僕の親しい友人(というか仲間?同士??兄貴???)である主催者の方はこれらを適切に行っていた。

中でも特に彼が秀でていたのが②と③と⑤のプロセスにおいてだ。
②においては、僕も含めて多くの新しい人材を上手く取り入れて、ややマンネリ化していたと言われるイベントに新しい風を吹き込む事に成功した。
③においては、新顔の僕にイベントの可否を決定付ける重大な開催地選定を委ねてくれた。これにより従来とは違う場所での開催となり、イベント自体の雰囲気も変わった。
⑤においては、他の担当者が自分の趣味に走りがちな中、たった一人でイベント全体を客観的に見て、常にバランスを保っていた。

彼の今回のイベントマネージメントは素晴らしかった。
今後自分が何かイベントを主催する際は(クラブイベントに限らずとも)是非参考にしたいし、見習わなければならない。



全体的に大成功だったイベントではあるが、やはりイベントとして本来見込んでいた程の集客が出来なったのはやはり悔しい。会場の広さゆえ、空間に余裕があり盛り上がるまでに時間を要した点は集客により改善可能だからだ。
本来このイベントは営利目的ではないが、もっと多くの人を集めればさらに良いイベントになるポテンシャルを秘めていると思えるだけに、是非次回は広報活動に力を入れて関わってみたい。

思えばイベントの立ち上げから最後まで関わって、ここまで大きな問題なく達成できたのは初めてだ。
成功要因としては、やはり全員が「OASIS最高」という共通意識を持ち、「OASISをみんなで楽しむ」という共通のゴールを設定できていたからだろう。
普通のプロジェクトにおいてもこのレベルの意思統一があれば企画は大きくぶれないはず。
改めて企画プロセスの大前提である『確固たるコンセプトの確立』は重要だと感じた。
それをプロジェクト関係者全員に提示し共有させる事がきっとマネージする立場には必要なのだろう。




また一つ、自分の課題が見えた。

インド式暗算

 2007-12-09
TVで見て使えそうだったのでメモ。

21×19
74×66
93×87

のように、2つの数字の真ん中がちょうどキリがよい場合。

例)11×9
①まず、2つの数字の真ん中を取る。(この場合10)
②真ん中のキリの良い数字をを二乗する。これをXとする。(この場合10×10で100)
③次に、キリの良い数字と元の数字の差を取る(この場合11-10で1)
④数字の差を二乗する。これをYとする。(この場合1×1で1)
⑤X-Y=解。(この場合100-1で99)

これを11×9とかなら普通にできるから良いが、前述したような93×87とかの場合は結構使える。
真ん中の90の二乗で8100。真ん中との差の二乗で9。
よって答えは『8100-9=8091』となる。



暗算が久々に進化して素直に嬉しい。
インド式暗算は勉強する価値ありかも。

大阪府知事選

 2007-12-07
兵庫県民ではあるものの、中高と大阪に通った身としては非常に気になります。

新聞紙上では、島田紳介、橋本弁護士、きよし師匠、とタレント候補が連日紙面をにぎわせています。


きよし師匠は国会議員の実績もあるし、彼の「小さなことからコツコツと」という姿勢は大好きです。もしタレントであることが大阪府知事の条件であるなら僕はきよし師匠がいいです。けど今の大阪に必要なのはタレント候補じゃない。

タレント候補が本当に必要なのはいわゆる都市圏以外の都道府県でしょう。例えば宮崎。
宮崎は祖父の田舎で中学生くらいまでは毎年夏休みは宮崎で過ごしていたこともあり、身近な存在でした。
宮崎の場合、観光資源(日本有数のゴルフコース、リゾート施設)や特産品(地鶏、宮崎牛、焼酎)にもともと恵まれており、宮崎の活性化を観光に委ねるだけの観光ポテンシャルを持っていました。
となると必要なのはPR活動における認知度向上。最近、都道府県の観光CMなんてのもあるみたいですが、僕はまさに東国原知事の就任は壮大なCMであると感じています。
タレントである彼の一挙手一投足がメディアで伝えられ、それが毎日のワイドショーで流されれば、CMの何倍もの宣伝効果があるはずです。これだけでも彼が宮崎県知事になった価値がある。彼もその辺りは感じるようで「宮崎のセールスマン」と自らを定義しています。
近年のタレント候補の代表的な例だと思います。宮崎の1000億を超える債務超過を解決する能力があるとは思いませんが…。というかそんな人がいるのかも謎。


しかしながら、大阪はすでに認知度が高く、吉本の存在等からお笑いの街としてイメージは悪くないようです(犯罪が多いとかは抜きにして)。
となると、タレントが知事になり、更に大阪をイメージ先行型の府にするよりは、イメージに実態を追いつかせる事の出来る、プロの政治家が必要とされていると思います。

つまり…
宮崎:都道府県価値>イメージ →過小評価型
 都道府県価値が高いのにイメージが追いついていかない状況はいわば、株価が適正価格より低い企業のようなものです。この場合、企業のPR活動というのが課題になるはずです。都道府県(企業)のイメージ(株価)を上げることが、ガバナンスを機能させる際の大前提となります。

大阪:都道府県価値<イメージ →過大評価型
 都道府県価値に比べイメージばかり先行している状況はいわば、株価が適性範囲を超えて高沸している企業のようなものです。この場合、いつ株価が適性範囲まで暴落しても不思議ではありません。株価(イメージ)というのは将来的な成長ポテンシャルまでを考慮に入れた値であるが、そもそもそのポテンシャルが過大評価されている場合は経営者(知事)は早急に企業価値(都道府県価値)を高める必要があります。企業価値とはすなわち株主価値。府にとって株主とは府民。つまり府は箱物への支出を減らし、府民への適切な還元の必要があるはずです。オリンピックやサミットより府民が安心して暮らせるインフラ整備を。
これは非常に高度の財政政策への知識と経験、更にはバランス感覚が求められるタスクです。タレントが「小さな事からコツコツと、府民に優しい大阪に」とか言うだけではダメです。財政状況やニュースを見る限り、腐りきった大阪府でこのようなタスクを達成するには、数字で具体的に目標設定ができ、その目標にむかう道筋をロジカルに示せる人材がトップに立つしかありません。

具体的に誰が適任か?それは分かりませんが、少なくともタレントではないはず。イメージで言うなら大学教授(専門家)から国会議員に転進し財政政策実務に携わってきたような理論派。同じ理論派でも官僚出身は不向き、そもそも大阪府にも官僚形腐敗が進んでいるので、タレント候補より更に不適格。
もしくは実績のある経営者とかね。吉本の社長とかゴーンさんとか(笑)
欲を言えば大阪特有のユーモアがある人物。ルーツが大阪にあればなお良い。



そんな人物がいるのかまで調べる時間がないですが、こういう人選がベストだと思っています。大阪がより魅力的になるように願ってます。

犬と犬

 2007-12-06
先週、ディズニーランドに行って気づいた事。


グーフィーって犬ですよね。

プルートも犬ですよね。




なんでグーフィーは会話可能で、しかも自立していて生活していて、
それに対してプルートはミッキーの飼い犬の地位に甘んじているのでしょうか?

素朴に謎。

夢と魔法のディズニーにも差別(区別)はあるということですね。
やはりいかなる社会においても完全な平等は訪れないようです。
夢と魔法の王国でもそうなんですから、普通の立憲国家には不可能ですね。

諸行無常。

 2007-12-05
どこかで忘れ物の傘を無料レンタルする試みが始まったと小耳に挟んだ。

そんなサービス、大昔から駅とかに無かったか?等とつっこみ入れつつ、傘にはビジネスチャンスがあると個人的には考えている。



例えば、傘に広告のシールを貼って配るとか。
意外と広告効果はあると思うけどなー捨てられてもなお宣伝効果があるし。まあ費用対効果がどこまであるかは謎やけど。

さらには傘のデザイン再定義。
こっちは具体的な案はないけど、傘って大昔から全く形状変わってないそうです。それこそ平安時代とかから。
傘に対して何か革新的イノベーションを提案し特許を取得できれば、間違いなく一生遊んで暮らせるはず。『構造上、体は100%濡れない新型傘』みたいな。
1年前くらいからずっと考えてるけど全く思いつかない…。




傘。深い。

ポリティカルコンパス

 2007-12-04
自分の政治的立ち位置を測定できるサイト
http://sakidatsumono.ifdef.jp/political-compass.html


やってみた。

政治的な右・左度(保守・リベラル度) →0.2
経済的な右・左度(市場信頼派・政府介入派) →-1.48
あなたの分類は保守左派です。





政治的にはほぼ中道。
経済的には政治介入を是とする立場だそうだ。

うーん。法学部生で会社法を勉強する身としては理想的な結果でよかった。
会社法は政府(国家)の市場規制(介入)の象徴みたいなもんやしね。

一応、法学部生として、一般的なリーガルマインドは育っているようだ。






みんなもやってみてね。


資源ベースの経営戦略論

 2007-12-03
資源ベースの経営戦略論資源ベースの経営戦略論
(2004/09)
デビッド J.コリス、シンシア A.モンゴメリー 他

商品詳細を見る


経営戦略論の概観を1冊で効率よく掴むには適当な本。事例を多く掲載していて経営学が専攻ではなくても難なく読める。
あくまでも講義を書籍化したものなので『広く、適度に深く』といった印象を受ける


しかし、やはり実務レベルでの指摘が多く、やや学生向けではないとも感じた。
この本を基礎に興味を持った経営戦略論の他分野の文献にも手を出せばきっと違った見方ができるはず。

いずれ再読が必要。

11連休の果てに…

 2007-12-02
何かをみんなで成し遂げた後の達成感。そして新たに生まれる一体感。

こういった経験はきっと財産になるんやろな。

会議とかでぎゃーぎゃーやるより実際に何かに取り組んでみるのが一番やと。



と、同時に責任者の厳しさも感じた1週間…。

自分なりに良かれと思った行動でも他人の長年にわたるコンプレックスとプライド。そこを激しく刺激していることもある。

自分の決断を後悔することはないが、その分の責任は大きくなる。

来月から更に気を引き締めて頑張ろう。




メモ2

 2007-12-02
『涙は急に止まらない』

久々に良いキャッチできた気がする。映画とかのコピーに使えそう。
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

KK

Author:KK
自称「日本最高」のマーケター(身長的に)。
2010年より外資系メーカーに勤務しております。
将来の夢はリアム(写真)になって、そしてカリブに海の家!!

日々の生活、マーケティング、広告、音楽、海外ニュース、とにかくアンテナにひっかったもんに対してつっこんでいこうと思います。

※あくまで個人のネタ帳であり、所属企業・団体等とは関係ありません。



こちらにはアイディアの種を撒き散らしてます。

http://kk196.tumblr.com/archive


↓Follow me↓
twitter / kk_196

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
DONATION.JP
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ

カウント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。