スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

やりきったー

 2008-07-31
1限 競争政策法
⇒論述が3つのうちから選ぶスタイルだったので命拾い。

6限 企業ファイナンス
⇒楽勝との噂を裏切るテスト。やまがことごとく外れ微妙。単位は大丈夫なはず。


いやーおそらく大学生活の中でもテストでは一番の山場を越えました。

競争政策は4単位(通常の倍)やし。
企業ファイナンスは必修やから今年落としたら来年のプレッシャーがやばいし。

この清清しさ。
全てが一区切りした気分です♪




今日はゆっくり寝て、明日からまた切り替えていこう!
(まだテスト2個あるけど)
夏休みまでもう一息!
スポンサーサイト

転換社債型新株予約権付社債

 2008-07-30
やっと1科目終わった…。

バイトでの担当媒体の新機能リリースが2本重なり。
かつ勉強せなアカンから残業できないし。
そんな事情で1.5倍ほどのスピードで仕事をこなしました。

やればできるもんだ。
今後はこのスピードを標準にできるよう努力しよう。

でもその後遺症で頭のHDの書き込みスピードが遅くなってます。
インプット、アウトプットとも重い。

転換社債型新株予約権付社債

この語句を覚える&説明できるようになるまで10分もかかりました。



明日の1限にテストの競争政策は4単位。
ゆえに絶対に落とせない。

250ページの教科書読み(2時間)

語句暗記(1時間)

論述暗記(3時間)



これで朝までには間に合うはず!!
問題は自分のバッテリーが持つかどうか。
とりあえずもらい物のワインでも飲んで30分休もう。

頑張ろう。
最初で最後の4単位だ。

東京出張

 2008-07-30
8月はバイトで東京に出張扱いにしてもらいました。


京都とは比べ物にならないと言われている噂の『社内格差オフィス』を体験してきます。

そもそも8月中旬は東京にいなくちゃならなくて。
それに合うスケジュールのものを中心にインターンも選考進めていたので。
バイトにも影響しない形で落としどころが見つかって何より。
安心しました。


もしH報堂に受かったら…

赤坂でインターン後に浜松町に移動。

更に土曜も出勤。

忙しいだろうけど頑張ろう。






そして今はとりあえず勉強頑張ろう。
初の4単位テストまで約12時間。

初黒星

 2008-07-30
いやーこれで夏の内資系祭の選考結果が出揃いました。

終わってみれば事前の宣言どおりの2勝1敗。


某T田製薬⇒合格

某N村不動産⇒不合格

某H報堂⇒通過



某N村不動産…不合格

事前から想定してた通り、受かる事が目的じゃなく色々と試した面接だったから。
ある種結果は予想通り。

なのに…。
なんか悔しい。
面接負けは某?のバイト落とされて以来です。
遺憾です。


思えば抽選以外ではインターン戦線初黒星です。

非常に遺憾です。

やっぱり受け答えから熱意が発してなかったんでしょうね。
やっぱ人事の方ってプロだなー
表面上の受け答えは過去の面接でも屈指のできだったのに。
上っ面で勝負できるほど甘くないって事です。

それにしてもN村不動産は落ちててもしっかりとメールをくれた。
多くの企業が落ちたらシカトらしいのに、非常に好感が持てます。
ありがとうございます。









さーとにかく某H報堂受からないと何も始まらない。
公私共々色々と片付けるべき事は多い。
だけど今の自分にできるのは、今できる事の価値を最大化していくことのみ。

とりあえず企業ファイナンスのテスト勉強しよう。

48時間耐久試験対策マラソン

 2008-07-30
いやーもう明日(木曜)に法律のテストが2個。

いずれも全く手付かず。

しかも明日はバイト。

社長が京都に来るし休めないなー。



勉強間に合うのか。

いや2晩徹夜すればなんとか…。

今から48時間ほどまとまった睡眠はとらない予定です。うあー

4人に1人内定?

 2008-07-29
今朝、無事に某H報堂の最終面接の案内が来てました。
一番自信のあった某N村不動産はきません。謎です。


ここまできたら後は2倍弱でインターンって噂らしいし。

その2倍を通り抜ければ更に2倍の確立で内定だ。(これも噂やけど)

ここはリアルに頑張りどころだなー

土曜にまた東京行ってきます。
ここまで来たら受からないと。

ここでインターンに参加して広告業界戦線で有利に立てれば、外資系消費財に絞った就職活動もできるやろし。あ、あと商社とITも数社。




某T田のインターンにも参加する事にしました。
やっぱチャンスやしね。
絶対おもろいやつがいっぱい集まってるはず。






さてさて今から半年ぶりの田辺(1,2年用キャンパス)にテスト受けに行きます。
副専攻の必修で政治学科の1年に混じってきます。
坂やだなー

就業体験=インターン

 2008-07-28

いや、非常にまずい事態に気が付いた。

もしH報堂がこのまま1次落ちの場合…。
いわゆるオフィスでがっつりなにかに取り組むインターンの持ち駒が完全に消える。
N村不動産はもともと日程的に厳しいし。

現状では(というより95%確定)


外資系消費財 某M-ス 
8月11日~26日

製薬会社 某T田薬品
27日~30日


このスケジュールで動く事になります。
最初に思い描いていたインターン第一志望群3社のうち、2社に参加できるとなれば概ね成功なはずが。
この微妙な心境は一体…。
何をどうしたいんやろなー俺。うーむ。


ってかそもそもバイト休めるのかな?
まだ打診してないや。
これでダメって言われたら笑います。
いや、十分ありえるけど。





やばい。これは非常にまずい。
なんで今まで気が付かなかったんやろ。
もうちょっと考えてエントリーすれば良かった…。
可能性は限りなくゼロでも外資系の選考辞退とか調子のってしまったな↓




とりあえずH報堂お願いします。
もう連絡来てる人もいるみたいなので期待薄ですが。
むはー

勝利宣言

 2008-07-28
いやー今日はキレキレでした。

3教科とも完璧。
最小限の努力で最高の結果を勝ち取った気がします。




んでテスト中に携帯に留守電入ってました。


某T田薬品インターン決定

いやー嬉しい。
枠が30とか微妙やっただけに少し不安やったけど。
なによりです。
インターン活動開始当初から志望度は高かったし。
合宿とか楽しそうやん。

ただ電話で即決できませんでした。

というのも…
8月中旬の2週間を某M-スにするか、某H報堂になるか。
ここが不確定なんです。
某H報堂の選考はまだ1週間近く続くし(落ちてたら終わるけど。噂では今日連絡来るらしい)。

某H報堂はインターン終了から田まで、3日ほど余裕があるから問題なし。
某M-スに参加する場合、インターン最終日翌日から合宿開始となります。
これはさすがに余裕が無さ過ぎる。
ドミニカ派遣の準備に1日たりとも費やせなくなります。夏ばて確定です。




問題は某T田薬品の参加可否連絡が明日までって事。

悩む。
そして明日もテストだ。

連敗宣言

 2008-07-28
まあ世の中そんなに甘くない訳で。

90分/1講義×14講義=21時間

この積み重ねはなかなか高い壁になって立ちはだかります。
しかもこれが明日は3つですからねー





とりあえず、一度破産法に戻ります。
1時間半目安。それで4時。

んで税法最終チェック。
なんとか5時までに寝れば3時間半ほど睡眠確保できる。






頑張ろう。
これが今学期の山だ。

暗記宣言

 2008-07-27

税法原理と市民生活

今から100枚のレジュメを完全暗記します。
もはや理解している暇はありません。

中間テストはちゃんと受けたし、計算問題と基本的な問題さえ抑えれば…。

4時間で終わらせる!!!

惨敗宣言

 2008-07-27
18時から夕食がてら1時間休憩のつもりが…。





27時間テレビのあまりのおもしろさに惨敗

もう22時やん。

果たして今から明日のテスト間に合うのだろうか…。

ジミー大西>6単位

 2008-07-26
27時間テレビがおもしろすぎるww


勉強できないww

ジミー大西は神です。

夏風邪@25日連続真夏日の京都

 2008-07-25
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2008072500093&genre=C3&area=K00

ほー25日連続ですか。
どうりで7月の電気代高いわけだ。


こんなくそ暑いのに、なぜか今朝から体調悪化です。

おそらくは昨晩の
エアコンつける⇒タイマー切れる⇒起きる⇒エアコンつける

この急激な室温変化が原因でしょう。


案の定、今日のテスト会場も冷房ガンガンなわけで。
鼻水たらしながら全く集中できず終了…。
政治の科目やから何とかなったけど、これが法律科目やったら死んでた。
早く治そう。

スタミナをつけるべく、今日は王将で回鍋肉餃子を食らってきました。
これで栄養補給は完璧や。




そーいえばいきつけの王将が昨日、深夜番組に出てました。

王将(出町柳店)

ここは30分皿洗いをすれば、ただで腹一杯料理を食わしてくれる事で有名なんです。
例えば800円食って、それが30分の皿洗いで支払えるなら…

時給1600円って事ですからね。価値的には。
実際は素人が厨房に入るわけだし、そんな価値はないはずです。

つまりは親父さんのサービスなわけで。

『金がもらえるから外資系金融♪』とかしょーもない事言ってるやつは一度来たらいいと思う。
あの狭い厨房で、あの客をさばくスピードは外資のトレーダーも真っ青の職人芸なはずです。
年収1000万越えの技術です。

それを学生の為にあえて営利度外視で営業する親父さん…。
尊敬します。

今度から『就職活動で尊敬する人は?』と聞かれたら

出町王将の親父さんです!!

と自信を持って応えよう。




そしてとりあえず今日は早く寝よう。

朝漬け

 2008-07-24
明日の中南米地域研究、試験開始18時間前の段階でまだ未着手。

うへへー

とはいえ、今の時点で全くやる気になりません。
ピンチです。
でも持ち込み可だし、講義ノートをレジュメに書き込めば多分終わる。
2時間くらいかな?

とりあえず眠い。
今日は徹夜は無理だな。




テスト自体は昼からだし、今日は適当に寝て明日頑張ろう。
インターンへの情熱を少しくらい学業にも分けてあげたい今日この頃。

夏の内資系面接祭総括

 2008-07-24
さすがに疲れた…。
そして暑すぎた…。

日本の夏にスーツは無理です。不可能です、もう嫌です。



けっこうタイトなスケジュールで動いていたのですが、事前準備をしっかりとしていたおかげで、全ての面接に余裕をもって到着。
地図を読む力もけっこうあるみたいです♪

時間のマネージメントは基本だし、ここはけっこう自信になりました。




各企業の受付嬢ってみんな超美人なんやね。
これが今日の発見。
個人的には某T田のお姉さ…(以下自主規制)



日帰り東京ってのは若干もったいなかったけど、無理して行ってよかった!!

願わくば来週も東京に行けますように。

おやすみなさい。

某H報堂インターン1次面接

 2008-07-24
某H報堂
業種:広告代理店
インターン:2週間グループワーク主体型

インターン選考1次面接
面接官:30代の男性×1
面接形式:机をはさんで1mほどの近距離。ブース制。学生側はイスのみ
所要時間:15分


【面接内容】
①自己紹介&志望動機
②今一番頑張っている事
③挫折について
④取得済み資格について(知的財産とPRについて)
⑤ES設問の5要素からひとつ強調するなら
⑥人からどう思われている?
⑦どんな友達が多い?
⑧嫌いな人のタイプ(嫌いな人との仕事の仕方)
⑨落ち着いているが、何で?
⑩何か最後に言いたいことは?
⑪先頭にたつ積極的なタイプだけど、黒子になれる?
⑫優秀な人が揃う、実際のインターンのチームでのポジションは?
⑬事務連絡

【所感】
・待合室、面接ブースが1部屋に。かなり騒々しい。
・待合室に知り合いが2人もw
・各ブースからもれる声から、各面接官によってツッコミポイントが相当違う。
・ビルの雰囲気に飲まれない事も結構重要だと思う。



【私的対策】
・ESの内容は面接前に要確認。
・質問自体はベーシックなものが多いので、ある程度準備していれば虚をつかれる事はない。
・この段階では広告にたいする知識等は問われない?その分、自己分析が重要。
・クリエイティブアピールには限界があるので、背伸びせずにあえて王道の『簡潔でロジカルな受け答え』が重要だと思います。


【感想】
志望度が高いだけに入る前はさすがに緊張…。この面接が倍率10倍の最難関らしいし。
そんな状況の中で、2週間前に某人事担当社員さんを訪問した際にオフィスを一度訪問した経験がいきました。入館証のスキャンなど、僕のような田舎者には圧倒されるような場所でも2度目なので落ちついて行動できました。
更に部屋に入ると同じ大学(しかも高校も同じ。礼拝の席は隣)の友達が。更に名前忘れたけどもう一人何かで知り合いの人もいた。ここで完全に落ち着く。

面接には若干の悔いが残ります。
絶対聞かれるって分かっていた自己紹介と志望理由を意識しすぎて失敗しました。自己紹介に関しては、過去最低のでき…。
最終組ということもあり、時間に余裕があったのか面接官の方が色々と掘り下げてくれたので、なんとかアピールはできたと思うけど…うーん。

総じて言うべき事は全て言った。
けどあの内容で10倍を突破できるかと言われると正直疑問。全く分からない。

後は祈るのみって感じかなー

某N村不動産インターン選考最終面接

 2008-07-24
某N村不動産
業種:不動産業
インターン:2週間現地配属型正統派インターン

インターン選考最終面接
面接官:30代の男性×1、40代の男性×1
面接形式:2対1で面接官とも距離がある
所要時間:25分


【面接内容】
①自己紹介1分(内閣府エピソードで1度止められる)
②内閣府について
③志望理由(なぜ不動産?)
④現地配属型の魅力とは?
⑤サークルについて
⑥留学について
⑦Domesticな不動産業界で国際的な人材がどう活きるか。
⑧現在のバイトについて
⑨過去のバイト経験について
⑩影響を受けた人は?
⑪質疑応答
⑫日程の確認


【所感】
・インターンでは珍しく比較的年配の面接官
・若手がひたすら質問をし、年配の方はひたすらメモ。
・本来は2対2だそうだが、急遽欠席で2対1。ラッキー。
・自己紹介を1分と言いながら途中で質問してきたり、1度退席(緊急の連絡?)したり、自由だ…。
・若手社員さんが緊急連絡中に、年配の社員さんともコミュニケーションを取れた。嬉しいハプニングだ。
・不動産業という職は地味だ。と言い切っていた。正直だし、インターンもそれを実感させる本当のインターンになっているそうで好感が持てた。
・既にある程度不動産業に確固たる興味を持つ学生を求めている印象。



【私的対策】
・なぜ不動産業なのか。ここを説得力を持たす為にある程度の知識は必要。受け売りではなく、自分の言葉で。
・現地配属型希望であるなら、その必要性も。
・例えば質問⑦なんかは相当深い質問だと思う。インターン面接であってもある程度、自分がその企業に実際どのような貢献がせきるのかという視点は必須。
・2人の面接官に平等に目線を配る事は重要。話す量が圧倒的に違うが、それに惑わされず。コミュニケーションの基本を忘れない。
・とにかく『不動産業の実態を知りたい!!』この熱意が突破の鍵だと思います。




【感想】
同じ時間帯の2人が一緒に呼ばれたのに、自分だけ1人だったのでその時点でかなり優勢な立場だと勘違い。実際はただ相方が欠席だっただけ。
とはいえ、この勘違いによってかなり自信を持って望んでいました。
総じて、精神論ではなく事実と、そこから感じる可能性を求めている印象でした。具体的に某N村不動産で働くというイメージについて掘り下げられました。
採用人物像が質問から想定できたので、以後は意識的にその人物像に寄った受け答えを意識していました。面接中に落ち着いて相手のニーズを把握し、修正した点は大きな成長。

日程確認が相当綿密でした。
事前顔合わせとテスト最終日がかぶっている事を告げると、『何時ならこれる?少しの遅刻は大丈夫だよ。』『他の日に設定したらこれる?』と、かなり具体的な話を。

手ごたえも十分。

おそらく突破したと思われます。
よしよし。

某T田薬品インターン選考最終面接

 2008-07-23
某T田薬品
業種:メーカー(薬品)
インターン:3泊4日の合宿形式

インターン選考最終面接
面接官:20~30代の女性×1
面接形式:机を2つはさんで1mほどの近距離
所要時間:20分


【面接内容】
①インターンについて(他社の選考状況、経験等)
②志望理由
③大学生活で力を入れていること(そこでの苦労)
④留学について(なぜアイルランド)
⑤ゼミの内容について(ゼミ内での役割等、なぜそのゼミ?)
⑥質疑応答

【所感】
・相当ラフな感じ。自己紹介すら無し。
・説明会で見たお姉さんが面接官。
・ESの作文には全くふれず作文1本でES選考しているので内容は十分把握しているという事か?
・ESに触れない分、会話の中からのツッコミが多い。とはいえそれほど深いツッコミはなし。

【私的対策】
・自己紹介が無いということは、自己PRを会話の中で自然に織り込む必要がある。
・どれだけツッコミが入っても余裕で応答できる程、深く理解したエピソードとかがあると面接自体は楽。なぜ?には簡潔に答える。
・実際の合宿でのチームは会社側が割り振る。つまり採用人材像種類と各枠はかなり厳密に決まっていると考えられる。そこを意識して自分をアピールするのが肝。
・ラフな形式とはいえ、あまりに崩しすぎると失礼なので、しっかりと空気を読みつつ会話を楽しむくらいの姿勢が大事。
・最終的には明確な選考基準は多分無い。(評価シートが無いから。ESに直接メモ程度。)面接官に与える印象が全てだと予想。




【感想】
待合室に自分だけで、なんか緊張してしまいました。
始まってみれば、その内容は完全に雑談レベル。会話の中で緊張をほぐしていきました。
若干、緊張をほぐしすぎたようで質疑応答では若干失礼な質問をしてしまいました。まあ本心やからいいけど。
フィードを求めたら案の定、『あえて気をつけるなら言葉遣いかな』とお言葉を頂きました。
『自分を着飾ってないし、直球で来てくれたので良かった。考えと行動に筋が通っている。』とお褒めの言葉も頂きました♪

何を見られていたのかが分からないので、手ごたえも特にないなー

総じて自分の言いたい事は言ったので満足です。

多分大丈夫やろ。

インターン戦線佳境

 2008-07-23
佳境です。
ビジネスサークルの院生の先輩がインターンの最高峰、某DIに内定したそうな。めでたい!
俺も負けてられへん。




さて。
もう今日なのか。
今日は3社の面接です。

某T田薬品
某N村不動産
某H報堂


受ける前からこんなん言うのもなんですが。

願わくば2勝1敗
これを切に願ってます。

○:某T田薬品
×:某N村不動産
○:某H報堂

って事です。

今回の場合、自分はすでに第一志望の企業のインターンに内定してる。(某M-ス)
そんな中、M-スに返答を待ってもらってまで。
テスト勉強のリズムをぶった切ってまで。
サークルの夏を告げるパーティーを諦めてまで。

それでも明日面接に望む理由。

某T田薬品
⇒20分。おそらく「真のハイパフォーマンス人材とは?」これにつきるんやろね。対策はバッチリ。しっかり狙って、しっかりと受かる事。友達作りのインターンに参加する為。結果が全て。

某N村不動産
⇒30分というガチな面接。けっこうな難関らしいので楽しみ。ここで自分の面接でのクセや改善点を見つける。1歩どころか2歩、3歩ひいて。面接の全てを自分で把握する。結果落ちても構わない。受かる為に媚びないから。求めるものは気づき。それを新幹線内で消化する。

某H報堂
⇒10分。流れ作業面接らしい。しかも最終組。面接官は疲れてる。こういう状況下で10倍近いとされる面接を突破するには、面接官をこっちのペースに引っ張りこむ事が必要。シナリオ通りに進めてみせる。別に質問を想定するという意味でなく。むしろ奇抜な質問希望。勉強になる。アドリブで関東に負けてたまるか。ここで早くも某N村の経験を生かす(予定)。
そして受かる。



1日でPDCAサイクルをフ実際にフル回転させる機会はそうそうありません。
無理して面接詰めこんだからこその副産物。
面接で感じた事を即座に次の面接にフィードバック。

きっとインターン戦線以上に本選考プロセスは甘くはない。

ありのままの自分で受かれたら言う事ないけど、そこまで楽天的にいられない。
自分が働きたいと思う企業に出会ったとき。
俺はその企業に選ばれるだけの準備をしておきたい。
その為にも今日の経験は重要。

面接の場をコントロールできるようになります。






さー後はゆっくり寝て備えよう♪

川の流れのように

 2008-07-22
あーあー川の流れのように。


緊張。圧迫感。言葉の重み。感情の揺らぎ。
何ひとつコントロールできなかった。



自分をコントロールする事。

このテーマ。
言葉以上に難しい事に気づいた日。



続コピー祭

 2008-07-21
今日のメニュー

金融取引法、税法原理、国際機構論、競争政策

これまた200枚のコピーを行いました。




かれこれ3ヶ月ぶりくらいの大講義に出席してみた。
教授の話している言葉の8割がた理解不能。

そんなテスト1週間前。

こっからです。

消す

 2008-07-21
ブログをはじめて10ヶ月弱(多分)

はじめて自分が更新用ページに一度書き込んだ文章をアップしなかった。
皆に聞いてもらって、楽になるために、そのために書いた文章。

文体自体は自問自答形式になってる。
けどそれはきっとかなり読者を意識した文章及び内容で。
こんなの自問自答じゃない。

と思ってやめました。

きっと吐き出せば楽になる気持ちってある。
けど解決にはならないんよねー




明日、どんな試験より面接より自分が試される局面が訪れる。
何もしない、何も言わないのが正解。
それが自分が成長した証。

果たして俺はあの時より少しでも成長したのかな?

コピー祭

 2008-07-20

金融取引法と労働法

2つの教科で合わせて約200枚のレジュメ
(数えてないから知らんけど多分それくらい)


コピー地獄




あー憂鬱だな。
とりあえず週末前に決めたミッションはコピーで全て完了なんやけど、最後の最後が超めんどくさい。

なかなかやる気にならん。

もとはといえば授業に出ない自分が悪いんやけどね。
まあその分貴重な経験をさせてもらってるし。

とりあえず飯食ってから仕切りなおそう。

ヤミ金融イジメ

 2008-07-19
極論ですが、今はこんな考えする浮かびます。
今書いてる破産法のレポートのせいだ。
言葉のまま意味を取ると危ない人みたいなので、一応ことわっときますけど。

レポート3000字のうち、ひたすら半分くらいはヤミ金融の問題点指摘に費やしました。グレーゾーン金利との兼ね合いって論点は我ながら面白かったと思う。
グレーゾーン金利が撤廃されるとヤミ金融が横行するっていう。もともと彼らはグレーゾーンとかかわいい金利帯で生きてませんからね。いわば無限のブラックホール金利。

ロジック的には
(グレーゾーン撤廃⇒グレーな業者が金貸せなくなる、又は審査厳格化⇒『合法』貸金業は体力のある大手中心に⇒大手の基準に届かない弱者は⇒ヤミ金融横行)
って考えですかね?

だからこそ両者の対策は並行して行うべきであると。
ヤミ金つぶしてからじゃないとグレーゾーン撤廃は危険かなーと思います。ま、レポートには全く関係ない論点やけどね。
いやーこの問題って知れば知るほど根が深いね。

だからこそ↓の判決の意義が大きいのか。


最高裁平成20年6月10日判決(最高裁HP)
(1)反倫理的行為に該当する不法行為の被害者が、これによって損害を被るとともに当該反倫理的行為に係る給付を受けて利益を得た場合には、同利益については、加害者からの不当利得返還請求が許されないだけでなく、被害者からの不法行為に基づく損害賠償請求において損益相殺ないし損益相殺的な調整の対象として被害者の損害額から控除することも、民法708条の趣旨に反するものとして許されない。

(2)ヤミ金業者が被害者に交付した元本について損益相殺等の対象として損害額から控除することは許されないとして、差額説の2審・高松高裁判決を破棄・差し戻した判例。




よくよく考えると、本判決を逆に悪用すれば『あえて』ヤミから金かりて、損害賠償請求を提起すれば、利息だけでなく元本まで損害額に算定されるんやから、実は丸儲けなのでは?

もちろん、自分が善意(法的にね)である事が大前提やけども。




これって若干理不尽な気がするのは僕だけでしょうか?
ヤミ金融を擁護するつもりはないけど、ヤミ金融を必要とする人がいて、その必要に応えるにはあの法外な金利でしか営業ができないのも事実でしょう。それだけリスクのある業種だし。

契約内容を偽るのは論外。ただ何万%だろがそれに合意したのなら…。すくなくとも元本まで補償する必要があるのだろうか。もちろんヤミ金に対する抑止力としては効果的だけど。

いくらなんでも不公平では。






必要として否応なしにヤミ金を使う人がいるのだから、これを完全に社会悪として排除するのであれば、国が貸せよ。低金利で。できないだろうけど。

別にヤミ金を守れーってわけではなくて。

ヤミ金融がなくなり、グレーゾーンが撤廃され、大手消費者金融しか残らなくなった場合、そこで金を借りられない人はどうするのか。
そこがあんまり見えてこなかったからしっくりこないだけ。
司法判断が若干感情的すぎるかなと率直に感じた。



日本もグラミン型マイクロファイナンスでもしてみますか。
困ってる人5人で連帯して貸すとか。
めちゃめちゃやな。

ただこの展開及びその対策には結構大きなビジネスチャンスが隠れてる気がする。
ちょっと考えてみよう。





破産法のレポートでこんな妄想ばかりが頭を占めてしまし、教授が求めてる『ヤミ金融=悪』のレポートが進まない自分はやはりもう法学部の人間じゃないな。

だいたいこのレポートやって
①ヤミ金の『問題点』指摘
②最高裁判決の『意義』

とすでに、『ヤミ金を批判し、判例をたたえる』っていう図式を提示されたうえでのレポート指示。

個人の考えなんか微塵も反映できないやん。何が読みたいんだろう。だったらテスト一本にすればいいのに。

あーしょーもない。
絶対Aとってやる。ほんで法律の単位は今学期で満たすからお別れや。

勉強しよ。

一喜一憂

 2008-07-18
某外資系金融  Cレディスイス証券
『抽選の結果、残念ながら落選となりました。』

某外資系消費財 Rレアル
『厳正なる書類選考の結果、ぜひKK様には次のステップであるグループディスカッションにお越しいただきたく、ご案内申し上げます』




まさに一喜一憂。

某スイスは外資系金融を一日だけ体験できるって意味で、評価も高いし是非とも参加したかったんやけどなー残念↓
まあ抽選は仕方ないな。ほんまに抽選かどうかはおいといて。


某Rレアルは素直に嬉しい♪
自己PRと志望動機を各1000字というなかなかハードなESだっただけに。
このインターンは長期(3ヶ月程度?)でしかも関東なので、これ以上選考を進めても意味がありませんが、冬の本選考にむけてこれは安心しました。
GDは丁重にお断りしよう。関東にいたら100%いってるのになー採用直結やし。もったいない。

ランコムやらアルマーニのブランディングしたかったなー







さてさて今日で前期の授業終了。
ついにテスト突入やな。

少なくとも水曜まではインターン面接のが優先順位高くなってるけどw

しっかり優先順位たてて管理しよう!!

1日就職活動体験

 2008-07-17
某H報堂もES通過連絡きました。
一番気合入れてES書いただけにESとはいえちょっと嬉しい。

とはいえ、
ES提出 3000人

1次面接 600人

最終面接 200人

最終合格 60人


と、ここまでで更に倍率10倍。
やっと現実的な倍率まで落ち着いてきたかな。

後は3倍、3倍をクリアすればいいわけだし。
自信持っていこう。
負けてたまるか。



まー強いて言えば問題なのは、面接地が東京ONLYって事。
こんだけ過酷な生存競争に果たして交通費を払うだけのリスクを取るかどうか。
(今回の場合はテスト真っ最中という更なるリスクも)

とはいえ、やるしかないでしょう。面接辞退なんかしょーもない。
どーせ切られるなら、そこから何かを得たいし。

東京行きます

日程は7月23日(水)。

つまりこの日は

真夏の内資系名門企業面接3本立て祭

10時20分
某T田薬品最終面接@淀屋橋

11時30分
某N村不動産最終面接@本町

17時15分
某H報堂1次面接@東京・赤坂


こんだけ幅広い業種の面接を一日に体験する機会はそうそう無いでしょう。
しかも間に新幹線移動まではさみます。
そして地獄の日帰り。

某H報堂面接前に社員さんにアポイントをお願いしたけどどうかなー
せっかく東京まで行くしできれば会いたいな。
さすがに面接当日に人事の社員さんには会えないかw




ここに挙げた3社。
この1日をしっかりとやり遂げ、かつ結果を残す事が自分の自信になる。
こんなに面接が立て込む事は本番でも少ないやろう。

やれるはず。


テスト対策と並行して、対策を練ろう。
頑張ろうー

外資系消費財&製薬&ディベロッパー

 2008-07-16
きました。
一気に3社。


某Mース:インターン内定
某T田薬品:最終面接
某N村不動産:最終面接



某M-スに関しては志望度高いし素直に嬉しいですね♪
ただ相変わらずプログラムがちょっと志向と違う…。
参考)http://www.digit.co.jp/shukatsu/2010/summer/jibunmirai.asp

社員の方と仲良くなる&企業研究という意味ではこれ以上ありません。
ただこれに2週間はな…。
採用枠6名だし。
悩む。
今週中には返事かー某H報堂次第かな。

とはいえ、このおかげで某ITベンチャーと外資系投資銀行は選択肢からきれた。
ちょっと整理できたかな。



その他の2社の方がむしろインターンのみの志望度は高いです。

某T田は合宿形式で単純に楽しそうやし♪
某N村は実際に配属までされる。

どちらも調整してもらって来週23日(水)の午前に面接2本立てです!
テスト前やけど、きっと良い経験になるだろう。
インターンでは珍しく、どちらも個人面接。

自分がどこまでやれるか試す絶好の機会やな。
ボチボチ準備してみよう。

アドリブで検査役選任申請適格を語る

 2008-07-16
今日は今学期最後のゼミ。

最後の最後でディベートの担当という。
しかも2週間ほど京都にいなかったので、同じチームの2人には相当迷惑をかけました↓
それを挽回すべく頑張りましたよ。

アドリブで。

ひたすら余裕を持って、審査員への印象に注意しながらの発言に終始。
かなり不利な側の立論を行うチームだったにも関わらず、1票獲得する善戦だったと思います♪(自己満足)
同じチームの2人に超感謝。




サークルで飯を食った後はバイトへ。


オフィス

オフィスのを持たせていただける事になりました!
これも信頼の証っすよね。

最近売上が低迷してるし頑張ろう!

食費1万5千円

 2008-07-15
20080715190637


このボリュームで250円っすよ。

出町柳のミスタードーナツの向かいにある弁当屋。

『元気や』



店内に並ぶ弁当の全てが250円均一

昼と夜を全てここにすれば…
250×2×30(日)=15,000円/月


自炊せずに食費をかなり圧縮可能ですね。
毎日通いつめ確定。
メニューもハンバーグやらフライやらコロッケやらで豊富やし。
(強いて言えば野菜が少ないのがネック…)



いやーそれにしても助かります♪
この値段設定にはきっと壮絶なコストカットがあるんでしょうね。
ありがたやありがたや。


参考)http://tabitano.main.jp/7genkiya.html

Back to 出町柳

 2008-07-14
神戸で新パスポートを受け取り、電車で京都に。

JR京都に着く直前、急に大雨むしろ豪雨


電車から降りるとそこは熱帯雨林クラスの不快指数を記録していました。
この暑さにプラスして一時的に降るスコール…。

さすが京都。
東京をよせつけない圧倒的に不快な夏の訪れを5秒で体感させてくれました。




地元の商店街で、洗剤やら当面の食糧を買い込む。
今日の収穫はダウニーやね。湿気が多いこの時期。せめて部屋をダウニーの香りで満たそうと思います。




そして帰宅。

10日間ずっと誰かと一緒にいたから正直寂しい。

とはいえ、今はここが自分の本拠地。

とにかく大事な夏をここを拠点に充実させていこう!!
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

KK

Author:KK
自称「日本最高」のマーケター(身長的に)。
2010年より外資系メーカーに勤務しております。
将来の夢はリアム(写真)になって、そしてカリブに海の家!!

日々の生活、マーケティング、広告、音楽、海外ニュース、とにかくアンテナにひっかったもんに対してつっこんでいこうと思います。

※あくまで個人のネタ帳であり、所属企業・団体等とは関係ありません。



こちらにはアイディアの種を撒き散らしてます。

http://kk196.tumblr.com/archive


↓Follow me↓
twitter / kk_196

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
DONATION.JP
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ

カウント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。