スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

67

 2009-05-31
5月のブログ投稿数67(この記事いれて)。
1日平均2,2件。


…。
もうアホかと。
いくらなんでもこれはやり過ぎやろ。
もちろん過去最高更新です。
飲み会後でも書きますからね。
泊まってても携帯で更新しますからね。
きっと無駄にナルシストなんでしょうねー自分大好きKKです。

ブログの更新頻度は自分の中では、心の余裕と比例します。
忙しさとは比例しません。
就職活動で吐くかと思うくらい忙しかった4月ですら51件だったので間違いない。

とはいえ、いくらなんでもこれは…。
まあ、いいや。
自由に続けます。
スポンサーサイト

人脈々

 2009-05-31
人脈
ぱっと見やらしさMAXな単語ですが、最近人同士が脈々と繋がる様を目の当たりにして驚いています。
いやー金八じゃないけど、言葉にはちゃんと意味があるんです。

最近色んな人に会って、話をすると、だいたいその人の友達の誰かと知り合いという状態が多いです。
関西だけじゃなく、別に関東でもそう。
「そことそこが繋がるかー」
って何度も思いました。

就職活動の結果だけをもって、優秀層とかいう言い方は好きではありませんが、もしそういう定義があてはまるとするなら、優秀層は意外と狭い世界で繋がっています。
感覚的なものですが、おそらく同意してくれる人は多いはず。
僕は外資系メーカーですが、某他社の外資メーカーの内定者の名前を聞いて全員どこかで出会ってたり、噂を聞いたりとかで認識していします。
意識してネットワーキングしたわけでもないのに、おそらく同業他社で2ケタ以上の内定者を知っている状態です。
狭い業界ならではでしょうか?
もっと狭い外資系投資銀行とか、外資コンサルとかの層だと、よりそういう傾向は強い事が容易に想像できます。
多分、彼らは受かるべくして受かっています。
夏の時点くらいで既に、普通じゃない人が多いので。

具体的に言うと、就職活動というプロセスの中で大学という枠を超えて、インターン、選考、内定者、それぞれのコミュニティ同士が入り乱れて動きまわる事により形成されている事が多いようです。
こんだけ1つの世代の中での発信力のある層が、高度にネットワーク化されてる例ってのは、なかなか珍しい気がします。
いや、実はネットワーク化できてるようで、そのネットワークをしっかりとマッピングして、可視化できてる状態で持ってる人は多分いない。
これってもったいないなーと単純に思うわけです。
(ラックファクターとかは近いのかな?)


これは感覚的にですが、その年の就職活動をしてる学生の中で、ネットワークのハブになるべき人ってのはかなり限定されてきます。
それを判断する基準にブログがあるかと。
就職活動になると、多くの人が必至に情報を探します。
何万人も受ける日系企業の情報はいたるところに転がってますが、外資とか一部インターンなんかになると情報ソースが非常に限られてるのが現状。
そういう状況になると、ある一定の時期に、共通のニーズ(つまりは志望)を属性を持つ学生がそのブログに集まっている状態が無意識に作り出されるわけです。

ブログってのは、その年だけでなく、翌年にも残ります。
就職活動も、その年だけでなく、だいたい同じフローで翌年も実施されます。
そうなると、毎年同じような層の学生が、毎年そのブログに辿り着く構造が出来上がります。(これは自分のブログで今年検証できるので楽しみ。)
そういう構造を作り出しているであろうブログがいくつか自分の頭にはあります。

まずはすでに完成しつつある10年卒組のネットワークをマッピングする事。(あるいは09,08も?)
彼らの繋がりを可視化した後、どういうコミュニティがどういう業種や企業に散るのかをトラックする。
そして彼らの就職活動における情報ソースを整理する。
各ソースにアクセスして集まる学生の属性を把握する。
そのソースに先回りして仕掛けておけば、毎年安定的に優秀層を囲い込める。


これは仮説の域を出ないけど、おそらく毎年同じようなプロセスでネットワークは醸成されているはずです。
そこを明らかにする事。
可能であれば独自にSNS等でネットワークをデータベース化してしまう。
これは多分、相当面白い結果になると思う。
そして学生にしかできないことのはず。

これが機能するのであれば、そのマップは企業にめっちゃ高く売れるはずやしw

自分なんかはそんなSNSあったらええなーとワクワクしてしまいますが。
学生なりに情報発信には気を使っている部分があるけど、学生主体のクローズなSNSなら、いちいち企業名とか伏字にせずに貴重な情報を発信・収集できるしな。
そして、何年後かにそのネットワークはビジネス上、相当な価値を生むはず。
単純にそれぞれのキャリアをトラックできるってだけでも価値ある気がする。

キャリアに軸を置いたSNSってあるのかなー作りたいなあ。
入口として、就職活動という切り口は悪くない気がする。



と飲み会でふと思って、勢いで書いてみました。
多くの就職活動支援団体ってこれを皆目指してるのかなー

誰かやろーよー、もしくはやってよー
単純に楽しそう。
賛同者求む。


身長と収入

 2009-05-30


(全然関係ないけど、このイベントめっちゃシュールやな。)


身長の高さで収入に差、体重は影響なし=豪調査

この記事によれば身長の高い人ほど、収入が高くなる傾向があるらしい。
ほんまん。
ふーん。
不思議やね。
つまり俺はぶっちぎりに稼ぐという事ですね。
さっさと稼いでドミニカで海の家やな、これは間違いなく。


そーいえば薬指が人差し指よりも長い人には、トレーダーとしての資質があるって記事も見た気がします。
(ぐぐると5秒で見つかる、いやー良い時代や)

薬指が人差し指よりも長い人は金融トレーダー向き、英大学研究
ちなみに自分も薬指の方が長いっすね。
トレーダーの才能もあったのかー気付かなかった。
いやないない。



さー勉強勉強。

ひたすら250円弁当をほめたたえる。

 2009-05-30
最近、金の減り方が尋常じゃない。
本を数冊買った以外は何も買い物もしてないのに…。
あ、旅行はしたか。

考えられる要素としては飲食代です。
これをざっくりと計算したところ、1週間の飲食費が約3万円でした。(旅行含まず)
こんなん絶対アカンやろ。

ちょっと禁欲(食欲的に)生活に入ります。

250
そんな生活の強い味方がご存じ250円弁当。
詳しくは、中身もたっぷり「250円弁当」が好調な理由
この店がチャリで1分のところにあるだけで、自分はこの物件で良かったなーと思えます。
1週間に8回くらい使っています。
相当なヘビロテです。

うちの近くの店では、チキンカツ、照り焼き風チキンカツ、から揚げ、から揚げ&サバやき、白身フライ、肉じゃが、野菜炒め、焼肉スパゲッティ、酢豚などがラインナップされてます。
個人的には、チキンカツ、照り焼き風チキンカツ、野菜炒めの3種がローテーションされる傾向にあります。
その為、先月くらいまで野菜炒めがなぜか並ばなかったときは、相当栄養が偏りました。

いやーまじで自分が商学部だったら卒論テーマは250円弁当で決まりですよ。

というか、家にいたらここの弁当か、かの有名な出町柳王将しか行きません。

まさに京都の学生としてのあるべき姿を体現しています。


さて、来週1週間の目標食費は5000円でいきます。
1回飲み会したら普通にアウトやけども。

どうなるかなーちゃんと計算してみます。

生物と無生物のあいだ

 2009-05-30
生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)
(2007/05/18)
福岡 伸一

商品詳細を見る


生命ってなんだろう?
こういう哲学的な問いに対して、分子生物学視点から答える本書。

その答えが動的平衡。(wikipediaの)
新たな分子を取り入れて(人間なら食事とかね)、体内でその分子を活かして、そして排泄する。
そういうシステムこそが生命であると。

個人的にはwikipedia教授説明のミクロに見ると常に変化しているがマクロに見ると変化しない状態であるの方がしっくりきた。

今の自分と、昨日の自分では、分子レベルで違う存在なんですね。
なのに脳が人格だったり、記憶だったりを制御していて、常に一定の存在としての自分をキープできるのかな?
だとすれば脳が死んだのなら、生命ってまさに動的平衡のシステムでしかないのか?
それを果たして生きていると定義できるのか?
うーん、難しいですね。

とにかく1秒1秒、生命としての自分は変化し続ける。
だったら1秒1秒、その変化を意識して精進せなアカンよね。

と、この本を読んで思った。


だいたいこういう大きな概念に立ち向かう本の場合(特に新書とかだと)、色々いうても最後に結局は「やっぱ分からないことだらけですねー不思議です。」みたいな終わり方をするものです。
それ自体別に批判する気はないです。
現代の科学でも説明できないものがあって、それにアタックする所に科学とかの面白さがあるんでしょうね。
だからこそ、こういうテーマの本は好きです。

次は時間という概念を扱った本を探してみようと思います。


就職活動と就社活動

 2009-05-30
活動と就活動。

似て非なるものだと個人的には思っています。
世間的には「就職活動」っていうフレームの中でみんなが動くのに、実際行ってるのは企業名本位の「就社活動」であるのが現状だと思います。

どっちがいいのか、自分には判断はできません。
企業本位で、企業ブランドとか福利厚生とか、そーいうのを最大の判断軸にすることも否定しません。
ただ、そーいう就職活動をした場合、内定した時点で思考がSTOPしてしまう気がして怖いわけです。

だから最初は、自分が何をしたいかをぼんやりでもイメージしとくべきだと思うんです。
「~に入りたい。」だけでなく、「~がしたい。」っていうストーリーを強く描くことで就「職」活動になると思います。

実はこれは自分の為に書いてるてのもあります。
あくまで会社は自分の自己実現のためのフィールドにすぎなくて、それに飲み込まれないこと。
常に意識していないと難しいことだと思う。

もちろん職も広い意味ではツールに過ぎない。
一番大切なのは、どんなフィールドでどんなツールを磨いて、その後それをどう使うのか
忘れないようにしないといけない。



自分の場合、最初のスタート地点は↓の記事。
ブランドマーケティングの担い手としての選択肢

なんでブランドなのか?これ書くと自分の夢の話になって長くなるので、今回が省きます。
まあ、ぶっちゃけMPとか書いてるこの時点で博報堂に大きく影響されてるので、これって企業ありきやん、とか思わない事もないですね。
まあ、でも基本的にはこの2008年2月の時点から、就職活動終えるまでこの憧れってのはキープしていて、世に言うぶれない軸だったように思います。
(コンサルに関しては、自分の性格上、新卒入社に関してネガティブだという判断を下しました。そもそもこういうブランドコンサル系は新卒の求人無かったりするし。)

だいたい何がしたいのか分かれば、はっきりとした判断基準を持って企業の説明会にも臨めるので、より密度高く活動できるはずです。
一度文章にしてみて、適宜人に見せたり話したりしながら修正していくことをオススメします。
早い時期に書いておくと、ESや面接対策になるだけでなく、何より一番迷いがでる3月4月の時期の強い心の味方になります。

まあ、何もなしで考えろって言われても難しいし、リアリティがないので、だからこそインターンおすすめなんですよねー
選考段階のESや面接での強制深堀はもちろん。
インターン中やその後に、同じような志望を持つ仲間から刺激を受けるのが最高の自己分析だと思うので。
まずはそっから始めてみれば良いと思います。

インターン総論

 2009-05-30
そもそもインターンって何?
貴重な休みを投資してまで行くべきなんだろうか?
何が得られるのだろうか?
っていうかどんなインターンがオススメなのか?

今の時期、おそらくこれが一番需要のある記事だと思うので、これについてさくっと書こうと思う。
参考カテゴリー)http://kkkosuke.blog122.fc2.com/blog-category-3.html

参加企業はとりあえず伏字にしますが、このブログを読んでくれればだいたいどの企業かは分かるはずなので、連絡を頂ければ質問に答えるくらいはできると思います。
ガンガン利用して下さい。

【参加】
ITベンチャーWA
広告会社H
製薬会社T
広告会社A
不動産投資会社JP
外資系メーカーP/HR部門

【合格後辞退】
Rグループ(R√、MC)


インターンのメリットはコネクション、これにつきます。
コネクションは大きく、企業(人事、社員)と参加者を指します。

インターンはそもそも職場体験の機会を学生に与え、キャリアについて考えさせるのがそもそもの趣旨のようです。
しかしながら多くの場合、企業側としてのニーズとしては、学生の早期囲い込み、優秀層へのPR、という性格が強いように感じます。
だったら学生側からも、これを利用する事が、志望する会社に近づく上で大きなアドバンテージになります。
もちろん採用直結の会社もあります。WAやPなんかはインターン自体が選考だし。外資やベンチャーはこのパターン多いですね。
そんな企業以外でも、別フローでの選考といった優遇措置があったり、そうでなくても人事とのコネクションからOB訪問を斡旋してもらったりとメリットははかり知れません。
またそこで深く企業と業界について情報を得られるので、同業他社を受ける際にも役立ちます。
就職活動に、内定という結果だけを求めるのであれば、企業とのコネクションというのが最大のメリットと言えます。
コネクションと書くとやらしいけど、要は親しくしてくれる社員さんに出会えるという事です。
企業によってはメンターみたいな人を用意してくれることも少なくありません。


もちろんそういうやらしい話を前提にしたうえで、夏のインターンでの最大のメリットは仲間です。
この時期から動き出し、なおかつ結果を出す層の人々は、非常に多種多様キャラクターで凄く刺激を受けます。
この時期にHとTで出会った人の多くが、この氷河期においても自らの希望に沿う結果を出しています。そういう人達と行動を共にして、常に視線を上げておくことは大切です。
同じ大学内では受ける人が少なく、情報が少ない企業もあるので、ここでの情報網は後々大きな意味をもちます。
そして何より、インターンで苦楽を共にした仲間は、その後も良い友達であり続けるという点です。
先週も旅行したし、今週も飲み会があります。
卒業後、多くの企業へと散っていくので、そういう関係はむしろ社会人になってから、余計に大きな効果を生むのかもしれません。
楽しみでなりません。


インターン、特に長期の場合、3年の夏に集中する為、参加の是非については議論のあるところだと思います。
せっかくの夏休みなんだから遊ばないと損やろ!!っていうのも正しい気がします。
インターンじゃなくても色んなところで学ぶ機会はあると思うので。

ただ個人的な感想としては、1~2週間のインターンに1つ、数日のインターンに1つ、というくらいなら全然夏休みを圧迫しません。
僕も旅行もしたし、バイトも並行してたし、ドミニカにも1か月行きました。
なので行けるかどうか迷う前に、とにかく受けてみることだと思います。
説明会→ES→面接という流れを経験して、自分の何が通用して何が通用しないかが少しでも見えれば、それだけでも儲けもんでしょう?

とにかく迷ったら受けてみたらいいと思います。

就活Tips始めました。

 2009-05-30
最近、11年度卒の方から初めて連絡を頂いて、就職活動、特に今の時期だとインターンについての情報提供を求められました。
早いなーとか思ってましたが、自分もちょうど去年の今頃にはサークルの皆とインターン説明会に行ってたんやね。
まさにちょうど1年前。

とにかくせっかく頼ってもらったので応えようと思います。
ただ、自分自身、何が評価されてインターン参加や内定を頂いたのか、いまいち分かってません。
分かってたら全部内定してるはずやし。
ES落ちもあるし、最終で落ちた事やって1度や2度じゃないっす。
それに本気で受けてた業種も、外資メーカー広告くらいです。
あ、あと商社も3月から頑張りましたが。
ないのであくまで「事実ベースでの体験談」を中心にして、それ以外は完全に独断、というか妄想ってことにしときます。
こういう記事が少しでも、誰かの就職活動の助けになって、1人でも望むキャリアのファーストステップを踏める人が増えれば幸いです。


【就職活動の流れ】
説明会

会社を知る(HP、本、OB訪問)、自分を知る

ES

選考(筆記、GD、面接)

合格、内定


自分の経験上、就職活動なんてこのフローのくり返しであるように思います。
この各要素について、書いていきたいと思うんですが、全部書くと余裕で1日かかるので、少しづつ書きためていきます。

朝まで生テレビ

 2009-05-30
asanama

朝まで生テレビ。

略して朝生
これもまた「何となく響きがやらしい単語」リスト入りですね。

この番組けっこう好きなんですけど、なんせ放送時間がネックであんま見れませんでした。
ただ今日に関しては、明日の予定が昼から、しかもカフェとか飲みとかなのでいけるかと。

関係ないけど、ファシリテーターとしてこの番組に田原さんが選ばれているのは何故?
自分が見てる限り、そんなにうまく議論を回せている印象がない。
(どっちかというと細かいことに配慮せずに、グイグイ圧力を感じるファシリテーション)

まあ、出演者が国会議員とかそういうメンツだけに、そういう人からある程度リスペクトされていて、なおかつあらゆる分野に精通しているとなると田原さんなのかなー
やっぱファシリテーションに関してはスキルうんぬん以前に、テーマに対する理解と、メンバーからのリスペクト重要なんやろうね。

そんな田原さんに注目しながら。


まあボーっと見ても仕方ないので、見ながら前々から時間見つけて書こうと思っていた就職活動tips系の記事を書きためてみようと思います。

【告知】武田薬品工業営業職インターンシップ(2011年卒生)

 2009-05-29
昨年の夏にハイパフォーマーを集めて行われたインターンの某製薬会社の人事さんから、11年卒用インターンの告知依頼が来ました。
せっかくなので広くシェアしておきます。



◆◇◆ 文理系対象 営業職インターンシップの詳細 ◆◇◆

1.体験内容:業界理解や社会人としてのマナーだけでなく、信頼度No1のタケダMRとの同行訪問を通じて、社会で働くということ、営業職(MR職)の仕事について理解を深めていただけます。

2.対  象:2011年3月卒業・修士課程修了予定の方。(文系・理系は問いません)

3.募集人数:70名

4.実施期間:2009年8月第1週に、3泊4日の合宿形式

5.実施場所:東京 もしくは 大阪(営業所同行は周辺エリア)

6.応募締切:2009年6月29日(月)

7.応募方法:タケダのホームページよりエントリー(募集期間:6/1~6/29)
        http://www.takeda.co.jp/jinji/



ぶっちゃけ自分達が参加した合宿型インターンとは、だいぶ変ってそうなので内容は分かりません。
少なくとも淡路島のラグジュアリーリゾートインターンではないようです。
そうなると昨年のようにMRとか製薬とかに興味のない人向けではないのかもしれません。

ただ、業界のリーディングカンパニーやし、きっとおもろーな人間を選抜してくるはずなので、後輩にもオススメできるかなーと思います。
昨年までだと、1大学からMAX3人と枠が決まってて北は北海道、南は九州までまんべんなく揃えてた。いわゆる関関同立ってとこからは自分を含めて2人いたのでしっかり対策すればチャンスあります。

去年はES→面接っていう比較的短いフローだったものの、この時期にがっちりと個人面接してくれるので貴重な機会です。
(詳しくはこちら

まあ、パンフレットが後日届くそうなので、興味のある方は連絡くれれば渡しますねー


英語再強化計画 -「Move」-

 2009-05-29


せっかく卒論の中間発表仕上げたのに、なんと1週間間違えるという悲劇。
今日は資料と参考文献リスト提出だけやった…。
まあ、1週間余裕ができたしええか。


内定先の内定者専用ブログがOPENしていた。
ほんまなら直接聞けるはずやった社長とか人事マネージャーとかのメッセージを見れた。

色々あるんやけど、中でも英語について軽く触れてた。
目安はTOEIC850かー。
思ったより低い?
努力目標じゃなくて、最低限の達成ノルマやろうけど。
友人が行く某外資系メーカーやと900が最低ラインらしいし。
けどこれは全体に向けての要望やし、日常的に本社とやりとりするMarketing部門の場合はこの限りじゃないやろうな。
むしろできて当たり前レベルか。

そもそも点数だけなら全然超えてるんやど、おそらくそういう問題じゃないんやと思う。
日常業務の中で英語を使う職場なら、ぶっちゃけTOEIC何点とかいうてる時点で完全に無理な気がします。
PGインターン時に痛感しました。

社内文章が全て英語の場合、その英語の処理スピードはパフォーマンスに直結します。
更に大きいのは、せっかく同じ部署に最高の上司がいてもその方が外国人の場合、手加減して話されること。
これが最も大きなロスです。
彼らが話している事を100%吸収できないこと、こちらの意図を100%伝える事ができないこと。
このロスは積もり積もるとどえらい事になります。
あのインターンで英語の必要性を痛いほど感じたくせに、今に至るまで特にブラッシュアップしてこなかった。(英語の記事読むくらいか。)
入社するまでに再度磨かないとアカンな。

っていうか高校の時点で850をオーバーした段階で満足してしまったのが間違いよな。
(ちなみに高校は国際課といって、英語ばっかりアホみたいにしてました。)
その流れで貪欲にしてれば今頃…。
まあ、まだ全然遅くないんやけど。



やっぱ目標はでっかくTOEIC満点
リスニングは問題ないので、リーディングを中心的にやろう。
PGインターンでも、英語力うんぬんより、多少Brokenな英語でもコミュニケーションを成立させるMindsetには強みがあると自覚したので、これに確かな英語力が付けば。
とにかく英語で損したり、引け目感じたくないしなー
まずは分かりやすく満点。
ビジネスレベルで英語使う以上、些細な間違いだってロスなんやから、テストくらい満点で当たり前やな。
そっから始めてみようと思います。

まずは退路を断つべく、ここに宣言するのと、明日テキストを買いこんでしまおう。

やると言ったら、ほんまにやる。

スパムもたまには良いこと言う。

 2009-05-29
久々に大学のパソコンで卒論作業。
日経テレコン21とか、いろんなサービスに無料でアクセスできるのを最高やね。


「日本中の男性、1秒間に1人会えても全員と会うのに2年かかる。だから目の前の出会いを大切に、多くの人と出会いたいな。」
このブログのコメントにあったスパムですが。
ええ言葉やと思います。

Desperado

 2009-05-29


まずは、なんとか終電でかえってきた自分を褒めよう。
いつもならオールやけど、なんせ日付変わって今日は、卒論の中間発表。
レジュメはできてるけど、さすがにオール明けはアカン。

ほんまならめっちゃええ気分で帰っれたはずなのに、今日は微妙にすっきりしない。

高校時代に家庭教師をしていた友達の妹からアドレス変更のメールが。
一緒にリンクがくっついてたので、ちょっとクリックしてみる。
いわゆるプロフてやつらしいです。

けっこう詳しいプロフィールと毎日の日記。
こんだけ不特定多数の人が見てるメディアに学校名出したり、本名出したり、なんか危ないなーと。
親の悪口とか。
見てて不快、というか遺憾というか。
こういうに見て変態親父が連絡して、援助交際とか危ないよなーって。
それこそmixiとかSNSで良くないかいと思うわけです。
そういう感覚って、5つくらいしか年齢変わらんけど、俺ら世代とモバイルメディアとの近さが違うな。


…。
ただ良く考えると。
不特定多数が見るメディアに学校名、
毎日日記。
mixiじゃなくて、あえてのオープンな環境で。

あ、俺そんなに人のこと言えないやん。

向こうのプロフがマジックミラーの向こうで無邪気に遊んでる女子高生なら。
このブログはタイムズスクエアの真ん中で公開オナニーしてるようなもんですよね。

分かりますか、この違い?
これに気づいて微妙に凹んだ午前1時。
昨日はCLで適度に寝不足なので、今日はおとなしくねようと思います。

職務質問

 2009-05-28
自分のマンションの玄関で職務質問される。

…。
飲み会の集合に遅れそうなんですけど、どうしてくれるんだろう。

CL決勝待ちの為

 2009-05-28
今日はCL決勝。
バルサvsマンU。






このカードは完全にミーハー心をくすぐられます。
3時半キックオフという事で、中途半端ですねー。
1、2年生の頃は友達とかとハブ行ったりしてたんですが…。
老いたな。

本を読んでると寝そうになるし、卒論なんて間違ってもできないので暇を持て余しています。


暇すぎるし、友達のTJがブログで下ネタを解禁したのを記念して、持ちネタの「何となく響きがやらしい単語」の最新レパートリーをメモ。
ちなみにTJ氏の最高傑作はピスタチオ

・アナリスト
・アンチョビ
・FAQ
・クリボー
・飛騨牛
・相武紗季


…。
後2時間。

Make up your brain -「化粧する脳」-

 2009-05-27
化粧する脳 (集英社新書 486G)化粧する脳 (集英社新書 486G)
(2009/03/17)
茂木 健一郎

商品詳細を見る


顔の化粧=脳の化粧
化粧が表象的なものではなく、社会的な自己認識の問題である事を、脳科学の視点からアプローチしている。
外見を美しくする為のツールである化粧が、実は皮膚の上だけの「美」の追及だけではなく脳内現象にも影響を及ぼしている、というのが主な主張。

Beauty is skin deep(美しさは皮膚の厚さしかない)。
そんな従来のような表層的な捉え方でなく、化粧は内面にも働きかける行為ということらしい。


化粧はすっぴんの状態からスタートするんやけども、そのすっぴんの状態を見ている時。
そして化粧後の自分の顔を見ている時。
それぞれに脳が違う反応を示すらしい。

化粧後の自分を見るとき、脳は他者を見ている時と同じような反応を示す。

つまり、化粧という行為は自分の現状(すっぴん)を受容し、社会的な存在としての自分を客観的に作り出す行為っていうこと。
女性は毎日欠かさずに、その行為に相当な時間を使ってる。
つまりはそれだけ自分と向き合っているという事。
そう考えると女性って凄いなーと思う。

人間の自我も人格も、結局は他者との関わりの中で定義されるもの。
そうだとするなら、そんな関わりの中で他者が好感を持ちやすい「社会的な顔」をインターフェイスとして機能させる点において、化粧の最大の意義があるのかなーと感じる。

そう考えると、今までそんなに愛着の持てなかった化粧品に少し興味を感じます。
単なる嗜好品としてではなく、人に社会的な価値を提供している商品か。
なるほどね。


顔=インターフェイス
そう考えると、そのインターフェイスのパフォーマンスを下げない為にも最低限の身だしなみって男も必要なんだな。
もう少し気を使おうと思います。

2000万ルピーっていくら?-「Slumdog Millionaire」-

 2009-05-27


話題のスラムドッグミリオネを見てきました。
朝の映画館はガラ空きで最高です。
ヘビロテ確定。

例によってネタばれは以下の追記で。

2000万ルピーっていくら?-「Slumdog Millionaire」- の続きを読む

近くて遠い京都大学

 2009-05-25


なんか壮大っすよねー夜の京都をこれ聞きながらチャリで走るとなんか神秘的です。
夜はなんとなくスケール感のある音楽が好きっす。

という事で、本来なら今頃は内定先の同期達と楽しく飲み会でもしてるはずだったのに、こうやってパソコンの前にいます。
あー新型インフルエンザめ。

無駄に溢れ出した時間をなんとか有効活用しようと、この2日間くらいがっつりと読書と卒論をしました。
これでこそ正しい自宅謹慎のあり方です。
ただ、もう限界なので明日からは1日中街で過ごすことにします。
天気もええみたいやしねー。

そーいえば。
一緒にHな旅行に行った京大生が、休みじゃないって言ってたのが気になってググってみた。

kyoto-u
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news5/2009/090520_2.htm

…。

新型インフルに対する京都大学の対応がかっこよすぎる
いやーまさにその通り。
我らが同志社も少しは見習ってほしいもんです。
生命医科学っていうよく分からん学部を新設したんやから、大学のリソースで独自の対策を打ち出しても良かったと思います。
んあー単純にちょっと残念です。

卒論の初回報告が金曜にあるのに、図書館が木曜まで封鎖されててどうにも文献が足りません。
まあ、その分データの加工に全力で打ち込めるのでいいんやけども。


とりあえずせっかくのインフルウィークやし、明日からはがっつりと遊んできます。

Mashup

 2009-05-24
Capsule x Daft Punk x Beastie Boys - Starry Sky YEAH! Remix

Hな旅行で某Mの車で流れてたCapsuleとDaftpunk、ビースティーのマッシュアップ。
(マッシュアップっていうのは、複数の楽曲を混ぜて新しい1曲にしちゃうっていうDJの技、作品)

すげーかっこいい。
もはや原曲以上にかっこいい。
誰が作ったか分からないらしいけど、そのアングラ感もまた魅力やねー。

Capsuleに関しては聞かず嫌いだったんやけど、これはかっこいいかも。
ちょっとちゃんと聞いてみようと思います。
capsuleとPerfumeのプロデューサーが同じとは聞いてたけど…。
こんだけ広い層にアピールできるアーティストと楽曲をコンスタントに出すって凄い才能やな。
中田ヤスタカ さんか。

…と、こうやって興味がどんどん広がっていくのが楽しかったりします。


吉幾三×Capsule×DaftPunk×BeastieBoys StarrySky - IKZOLOGIC Remix


こんなのもはや神やろ。
IKZOLOGIC Remixって。
IKUZOがビースティを食ってる…、Mashupって可能性は無限なんですね。
ネタとは言えない完成度。


そーいえば高校時代にやってたブログでは、Mashupの紹介が大きなコンセプトの一つでした。
懐かしいので振り返ってみましょう。
http://ameblo.jp/musick/entry-10007462619.html



『Freelance Hellraiserが、クリスティーナ・アギレラの「Genie In A Bottle」とストロークス(The Strokes)の「Hard To Explain」をマッシュ・アップ。「Genie In A Bottle」はビルボード・チャートで一位に輝いたクリスティーナの1999年のデビュー・シングル。「Hard To Explain」は、アルバム『Is This It』(2001年)にも収録されている、ストロークスのシングル。オリジナルの「Hard To Explain」は当然、渋い男性の声ですが、これをR&Bに歌姫クリスティーナがガレージ・サウンドに乗せて歌うという妄想の実現。誉めすぎかもしれませんが、クリスティーナはより魅力的だし、ストロークスの曲のパワーも引き出されています。』

ちなみにFreelance Hellraiserは、クリスティーナの2003年のシングル『Fighter』でリミックスを手がけています。大抜擢ですね。おそらくこのMASHUPが決め手なんでしょう。

つまりMashupはもちろん違法なんだけども、それによってその才能を見いだされる人も多い、大事な音楽文化のひとつなわけです。
(凄く厳密にいうとクラブイベントやって著作権者から訴えられたらひとたまりもないわけで…。)


昔好きだったMashupをいくつか紹介して終りたいと思います。
ああ優雅な自宅謹慎。



H過ぎる温泉旅行

 2009-05-23
Hな仲間たちと温泉旅行に。

外湯も4つ攻略。
晩飯ふなもり。
下ネタもりもり。

楽しかったです。


毎回思うんやけど、下ネタと真面目な話を同じテンションでできる人って好きやわ。
そういう集まりって素敵やと思う。

特に某T氏のゲーム理論は、相変わらずキレキレだったし。
単純に下ネタを話すのとは違う次元の深さがあります。
と、真面目に書くのも何か違うけど。

まあ、とりあえず夜の温泉で語ったJune Projectは、いつか実現させたいな。
日本を分かりやすく、ちょっとだけおもろーにできそうやなー。
このメンツが何年かたって、ほんまに会社の枠を超えて、そういう企画を動かせたら…。
とか考えるとマジでワクワクしますねー

次は貸切Party@京都やー

城崎AGAINAGAIN

 2009-05-22


今日から1泊2日で温泉旅行にいってきます。
某Hな広告会社のインターン仲間と。
休校措置中ですが、そんな大変な関西にわざわざ東京から乗り込んでくる猛者達を反故にできません。
久々におもろーな奴らとがっつり絡める機会なので、楽しみっすねー

今回の行先は…

城崎。

またかよ!ってツッこめたあなたは相当なKKマニアです。
そう、城崎はけっこう行ってるんですよねー

1回目:2008年3月
2回目:2009年1月

まあ時期も違うし、メンツも違うし、きっと前回とは違った楽しみ方ができると思います。
「皆違って皆良い」みたいな。
違うか。
「粒ぞろいより、粒違い」みたいな。
もっと違うか。


天気がめっちゃおもろーですが、楽しんできますー

休校措置

 2009-05-22


http://www.doshisha.ac.jp/news_contents/swine_flu/pdf/swine_flu.pdf

いややーついに来た。
以前、はしか騒ぎに耐えた我々も新型インフルエンザには耐えられなかったみたいです。
1週間休みって事は、夏休みが1週間減るって事…。

絶対嫌やーーーーー
ほんま騒ぎ過ぎやろー…とかいう話を書こうと思ったら、某先輩が代弁してくれたのでやめときます。

っていうかサークルのBBQは?
中止になったら完璧に凹みます。
けどあかんよなー強行してばれたら一大事やし。


あーあー。

科学と神。-「天使と悪魔」-

 2009-05-21


京都がインフルエンザバージンだった最後の夜となった昨晩。
話題の「天使と悪魔」を観賞してきました。
レディースデイやから混んでるかなーとか思いつつ映画館に行くと、MOVIX DAYという謎のサービスで全員1000円という奇跡。


【以下ネタばれを含む】



科学と神。-「天使と悪魔」- の続きを読む

広告賞と良い広告

 2009-05-21
もの凄く今さらですが、mixi年賀状が評価されてた事を知りました。

tiaa
博報堂DYMP、第7回東京インタラクティブ・アド・アワードのグランプリ受賞。「ミクシィ年賀状」で。

いやーやっぱり画期的なんやね。
以前、サービス発表時にテンションが上がって書いた記事でほめちぎってから、実はあんまり注目して動向を見てはいなかったんですが、成功してたっぽいですね。

ん、成功って何だ?

というかそもそも、広告の賞って単純にそのプランだったり、クリエイティブの完成度で決まるのかな?
実際の効果が凄く図り辛いので、「良い広告」の定義ってあいまいになってる気がする。
もちろん広告会社である以上、クライントの利益が一番なわけやけど。
mixi年賀状が、そんなに大きな利益を生んだとは、あんまり想像できないんよなー
もちろん昨年の記事で書いたように、画期的ではあると思うんやけど。
(同じ違和感をUNIQLOCKにも感じる。)


コミュニケーションをデザインするための本 (電通選書)コミュニケーションをデザインするための本 (電通選書)
(2008/09/03)
岸 勇希

商品詳細を見る


多分、今年広告を受けてた就職活動生なら読んだであろうこの本。
コミュニケーションデザインという考え方に関する本です。

すごーく簡単にいうと、クライアント(企業or商品)と生活者の間に存在する、あらゆるコミュニケーションを設計していくというもの。
PR、クリエイティブ、メディア、色んなものを統合的にデザインしながら、生活者の気持ちを動かしていきます。
単なる組み合わせという域を超えて、まるでオーケストラの指揮者のような。
様々な音色が混ざりあうんやけど、どういう音になるかをしっかりと指揮してるイメージ。

これは実際にケースが紹介されてて、それを見れば納得してもらえるかと。
単純に読み物として面白いので、ぜひ読んでほしいです。


多分、こういう広告が今の良い広告とされてるんだろうと思います。
ここで紹介されてるケースの場合、クライアントがそれほど予算をかけてない感じだったので、おそらく費用対効果的にも相当高かったはずです。
同じ事をドでかいアカウント(色々と制限とか人間関係のしがらみとかありそうな)でも同じようにできるのなら、こういう考えがこれからの広告のスタンダードになっていくんですかね。

ただこういうプランニングをした場合、キャンペーン自体が相当複雑化してくるので、実際何がどう響いていたのか、個別の仕掛けの効果ってとこまで遡って評価(それも外部の人間が)するのは難しい気がします。

そう考えると、広告の賞とかっていうのは、結果は前提条件にすぎず、その革新性・独創性で決めるしかないし、そうあるべきなんだろうなー。
広告ってこんだけ、色んな物が数値化・効率化されてる中で、数少ないロマンのあるフィールドだよなーと感じる。

サイエンス(マーケの理論とか)に侵食され始めてるからこそ、説明できないアートな部分がきっと今後一層映えるだろうね、きっと。
全然まとまってないけど、個人的に納得。

明日はHな温泉旅行やし、こういう話も少しはできるかなー楽しみやわ。

テンプレート変更

 2009-05-21
友達に約束をドタキャンされたので、ブログのテンプレートを変更してみました。

1年半以上同じだったし、そろそろ変え時かと。
飽きの来ないシンプルなものにしてみました。

ついでにアクセス解析もGoogle Analystを導入。


ブラウザの関係でこのテンプレートが見辛いとか、もしあれば教えていただけると幸いです。
これからもよろしくお願いします。

ストリンガーに会いたい

 2009-05-20
keynote
(photo)http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0901/10/news010.html


聖域タイム活用:ソニー会長 ストリンガー

【以下引用】
――ソニー初の外国人トップ。日本と英米との働き方や時間の使い方の違いについてはどう感じているのだろうか。

少し違いがあると思います。日本のビジネスマンは比較的きっちりと時間を分けています。月曜日の朝8時とか9時から金曜日の夜11時ごろまで、たしかに長い時間働いていると思いますが、週末には仕事を離れて休みをとるのが普通ではないでしょうか。
ところがアメリカのビジネスマンは、週末にも仕事をしますし、深夜・早朝だろうと週末だろうと、お構いなしに仕事の電話をかけてきます。また、社交とビジネスの予定が連日目白押しです。これは週末にかかることがありますし、家族も無縁ではいられません。




自分がSONYを受ける決め手だったCEOのストリンガー氏
(もともと子供の頃にもらったウォークマンからずっと盲目的SONYファンだったっていう理由もあるけど)

彼が掲げたSONY Unitedというビジョンが、自分のツボでした。
エレクトロニクス企業としてではなく、より総合的なエンターテイメント企業として成長すると。
デバイスありきのコンテンツであり、コンテンツありきのデバイスなわけで。
デバイスとコンテンツってのは、そもそも切り離せないもんなはずですしね。

考えてみると、その両方に自社だけでアプローチしてシナジる(シナジーを発生させるの意。はやらんかな?w)存在って世界的に見ても稀有。
アップルとかMSくらいなんかな?
そんな単純に夢のある企業が、日本にあって、そこに入るチャンスがあったので受けたわけです。

結果的に、そういう考えは現場まで降りてきてなくて(面接官がたまたまそうだったのかもやけど)、凄く残念でした。
日本においてはまだまだエレクトロニクスにプライドを持つ人が多いっていう事なのでしょう。それはそれで素晴らしい事なんやけどね。


ストリンガーさんはCBS出身というかなり異色の経歴。
そういう所が、SONY Unitedというコンセプトの源流なのかもしれません。

やっぱキャリアって偶然形作られていくものであって、大事なのはそういうチャンスに対してオープンマインドである事なんだろうな。

そういうチャンスを与えられる人って、やっぱり人の何倍もハードワークなわけで。
欧米出身の経営者ってのは、いわゆワークライフバランスってのを日本よりうまく取るのかと、勝手に思い込んでましたが、そうでもないのかな?

日本人だから、こういうワークスタイル。
外資系だから、こういうワークスタイル。

そもそもそんな型にはまるんじゃなくて、とにかくベストを尽くせってことですね。



ぱんでみっくしょっぴんぐ

 2009-05-20
東京行きがなくなって遺憾すぎたので、街に出てみました。

微妙に人少なかったように思います。
京都人はさすが心が広いのか、あんまりマスクつけてないのが誇らしい♪

bu

UFOキャッチャーに2500円近く投資して巨大な魔人を獲得しました。
そーいえば小さい頃(物理的にも精神的にも)魔人ブウ大好きだったのを思い出して、居てもたってもいられなくなってしまいました。

よーく見ると、なんか微妙に違う気もしますが、まあ気にしない。
よーく考えると、適度に邪魔なサイズな気もしますが、まあ気にしない。

とりあえず活用しようとヘッドフォン置きにしようと思います。



その他にも、コンタクトを1ランク上の乾きにくいやつに変えたり。

就職活動中に自主規制してた↓の香水(某企業でなぜか怒られた為)を再購入したり。

BVブルガリ(M) EDT 50mlSPBVブルガリ(M) EDT 50mlSP
()
不明

商品詳細を見る

やっと復活やー。競合他社製品やけど。


金無いくせに金使い荒くなってしまいましたが、なんせ身の回りが豊かになった気がして、残念な気持ちも少し治まりました。

関西沈没

 2009-05-20


パンデミックが流行語大賞確定な昨今、皆様お変わりありませんでしょうか?
思えばこの映画を見に行った時は何の現実味もありませんでしたが、今見るとけっこうリアルですねー発熱外来とか。地域封鎖とか。

ぶっちゃけ神戸地元なのに、あんまり関係ねえと思ってた新型インフルエンザですが、ここにきて自分にも一気に攻めてきました。


1)友人の弟が感染の疑い
そーいえば10日前くらいに風邪ひいたって聞いてたんですが、医者の息子なのでタミフル投与でウイルス瞬殺したそうです。
良かったよかった。
その後、彼の高校でインフルエンザが流行したそうなので、怪しいよねーって話。
神戸高校とか、某有名私立とか、けっこう賢い高校に感染が多いのは、予備校とかで広がったんじゃないかっていうもっぱらの噂だそうです。

2)内定先の社長との面談中止
っていうかこれがショックすぎます。
俺、めっちゃ元気やのにーーーー!
凄い楽しみにしてたのにーめちゃめちゃ聞きたいことたくさんあったのにー。
社長だけじゃなく、人事部長とか、社員さんにいっぱい会える最高の機会だったのにな…。
ついでに留学帰りの友達にも会おうと企んでたのに。
ああ遺憾です。
本当に本当に遺憾です。
今回の措置は社員基準に準ずる形だったようです。
社員も関西との行き来、及び関西人との不必要な接触禁止ってことですか。
つまり関西地方は日本から隔離された状況のようです。
まあ、たくさんの社員と会うからこそ、万が一でも感染者がいるとまずいんでしょうね。
自社だけじゃなく、社会的な責任ってことなんですね。
きっと。
仕方無いよなー






まあ、とりあえず日曜のBBQには復活参戦が確定したから許すか。
関西人は関西人だけで寂しくぱんでみっくしましょう。

ぱんでみっく。
平仮名だとちょっとカワイイ気がする。

ぱんでみっく。
ぽんでりんぐ。

似てるしね。
ミスドさん、新商品にいかがでしょうか?

英文履歴書完成!

 2009-05-19
いやーやり始めると、なかなか楽しくてついつい3時間くらいかかってしまいましたw
最初は2ページだったんですが、レイアウトを工夫したり、フォントをいじったりで、最終的には1ページやけど内容はなかなか濃いものができました。

特にWORK EXPERIENCEのとこで、迷った末、インターン経験を列記した為に相当見栄えが良くなった。


形式自由なだけに、ほんまにアピールしたいことに枠を割けるので、英文の方が実はオリジナリティーが出やすいのかなと思います。
国際交流やDJの事が存分に書けたりとか。
バイトの面接にもコンビニとかで売ってるやつじゃなく、日本語で自作していこうかなw

後は添削してもらうだけやー。

英文履歴書

 2009-05-19
めんどくさくて後回しにしてた英文履歴書作成に取り掛かります。

学校や資格の英語表記を調べるの楽しいですね。

Practical English Pre-1st
2nd grade Certified Skilled Worker of Intellectual Property Management
Assistant Public Relations Planner Accredited by PRSJ

自分の持ってる資格もこういう風に書くと、なんかちょっとかっこいいw
今後も書く機会があるだろうし、ちゃんと覚えておこう。



どなたか自動車免許の英文表記分かるかたいらっしゃいませんかー?

Normal driver's licenseでいいのかな?
ご存じの方いらっしゃったら教えて頂ければ幸いです。
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

KK

Author:KK
自称「日本最高」のマーケター(身長的に)。
2010年より外資系メーカーに勤務しております。
将来の夢はリアム(写真)になって、そしてカリブに海の家!!

日々の生活、マーケティング、広告、音楽、海外ニュース、とにかくアンテナにひっかったもんに対してつっこんでいこうと思います。

※あくまで個人のネタ帳であり、所属企業・団体等とは関係ありません。



こちらにはアイディアの種を撒き散らしてます。

http://kk196.tumblr.com/archive


↓Follow me↓
twitter / kk_196

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
DONATION.JP
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ

カウント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。