スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

The Bawdies

 2009-10-31


ちょっと前から気になっていたバンドが、いつのまにかメジャーデビューということで。
勝手に熱烈プッシュしてみます。
別にまわし者ではないですけど。

The Bawdies

凄くかっちりとしてタイトな演奏がそもそも好みなのと、やっぱりイチオシはこのボーカル!!
ちょっとブラックミュージックからの影響を受けてるらしく、凄くソウルフルな感じっす。
音だけ聞いてると、20代の人の音楽には思えないっていう。
凄く意外性があって◎
この声でじっくり歌われると、多分バラードも相当はまるんだろうなー

唯一残念に思うのは、こういうかっこいい人たちが日本にいるので英語で歌っちゃうとこ。
この感じで日本語ってのはやっぱ合わないのだろうか。
挑戦してほしい。
慣れない英語で歌うより、きっと感情こもると思うのは素人だからでしょうか。
かといってRadwimpsみたく聞いててつい恥ずかしくなるほど日本語メッセージごり押しされると微妙ですが。(けどあれが女子に響くらしいねー)

自分は年中OASISばっか聞いてるので、実は他の音楽には疎いんですけど、これは久々にきたなーってちょっと前からヘビロテしております。
多分音楽経験がほぼ皆無な自分は、テクがどうビートがどうとかっていうよりも、やっぱりボーカルに魅力を感じるか否かで好きになるか決まっちゃうんでしょうねーTHEミーハー。
いいんです、自分が気持よくなれる音楽であれば何でも。


IT’S TOO LATEIT’S TOO LATE
(2009/11/04)
THE BAWDIES

商品詳細を見る


メジャーデビューシングル『It's too late』が11月4日に発売です。
買いです。
俺は久々にシングル買います。

スポンサーサイト

なぜその会社に決めたのか?

 2009-10-30
明日、Takathyから呼ばれたイベントにパネリストとして出る。
本当におれで良いのかなーと他に呼ばれたメンツ(Hでエデンな仲間の某t●wa様もいらっしゃるそうでw)を見ながら思ったりするわけですが、せっかくなので誰か一人にでも刺さる話ができればと思います。


よく聞かれる質問に「なぜその会社に決めたのですか?」というのがある。
です。」っていうありがちな答えには他人には一円の価値もないので、言わないとして。
実は自分もこの質問に論理的に答えることができないんです。

そもそも就職活動をするにあたって、最大限可能性を広げたかすらも怪しい。
外資系消費財のマーケ部門が第一志望といいながら、P&GのマーケGDとゼミ発表を天秤にかけさぼり、ユニリーバに至っては気がついたら〆切後、コカコーラはWEBテストの不備。(我ながらグダグダ…)
広告も第一志望郡ですといいながら、博報堂以外は受けず(電通は1次通過したとこで辞退)。
そんな感じだったから。
まあどうせすべての選択肢なんて揃わないんだから、別にいいとはおもうんだけど。

とりあえず自分の就職活動は、そもそもそんなロジックで説明できるほど立派なものではないと。

自分の場合、確かに複数の選択肢の中から選んだのだけれども、人に振り返って説明する今となっては、後付けロジック的に比較論でもっともらしい理由がこじついてる感が否めません。
本質的には、最終面接官に言われた一言に凄く刺激的な言葉をもらったからっていうのが大きいし。

内定先の採用ページ用に提出した「就職先を選んだ理由」には、すでに内定先(つまりは外資系消費財とかマーケティングに)に興味がある人を想定して書いたので、ラグジュアリーマーケティングの特性と考えてるものとか、人材に関する考え方とかで競合(採用的な観点での競合)との差を浮かび上がらせようとしていました。
あくまで外資系消費財のマーケという括りの中でなぜ内定先を選んだかという文章でよかったわけです。

しかし、今回のようにまだ志望が絞られていない層の場合は、だいぶ遡って説明する必要があるように思います。




マーケティングへの興味

メーカーと広告

外資系と国内系
(そもそもこんな区分に意味があるかってレベルから今となっては疑問)

ラグジュアリーと消費財
(内定先に出した文章はこっから)

とまあ、こんな感じの就職活動中から描いていたストーリー語ることにも意味があるかなと。
他の会社の悪口にならずに、自分の会社だけを押し上げる感じ。
嘘は一切ないので。

その一連のストーリーが以下、後輩の質問に答えたメールです。
基本的にはこれを10分の1くらいに圧縮して、志望動機として話していた記憶があります。
あくまでメールなので、ESとかの参考にはなりませんよーあしからず。
けど一応、毎日自分のブログに就職活動系の記事を期待してアクセスしてくださってる方の為にも以下、追記でシェアしておきます。(Readerで読んでくださってる人は一回お手数ですが、飛んで下さい。人によって表示が微妙に異なるらしいので)

明日の午後までに、「こんなの聞いても意味ねーよ」とか「内定者の後付けの話なんて興味ねえよ!」とか「内定先に出したのみたく、外資系消費財中での話の方がいいんじゃねーのーバカ。」とか「そもそもこの記事やばくね?」とか何とかツッコミを頂けると幸いっす。
いずれ消すかもです。

なぜその会社に決めたのか? の続きを読む

プロフェッショナルたちの脳活用法

 2009-10-30
プロフェッショナルたちの脳活用法 (生活人新書)プロフェッショナルたちの脳活用法 (生活人新書)
(2009/04)
茂木 健一郎NHK「プロフェッショナル」制作班

商品詳細を見る


個人的に好きな番組BEST5に入ってくるであろう、NHKの「プロフェッショナル」の単行本。
もともと番組MCの茂木さんは脳科学の専門家だけど、番組では脳科学的な見地からの発言意外と少ない。
茂木さんファンには少し物足りなくもある「プロフェッショナル」ですが、こちらは茂木ファンにおススメ。

番組で紹介されたプロフェッショナル達の名言をベースに仕事術を紹介し、脳科学を使ってフォローすることで説得力を増しています。
例えばイチローが毎試合前に必ず奥さんのカレーを食べる事が脳科学的にどれだけ有効であるかとか。
他にも、こういう風に思考の断片を書きなぐるようなブログであっても、脳科学的には感覚野や運動野とをつなぎ、抽象的な概念をアウトプットできるフォーマットにして再保存しておく効果があるそうです。

おもろーやね。
脳科学にアンテナを張っておくのは意外とおもしろい気がする。
マーケティングって人間考学なわけやから、そこに理解が深くなることには大きな意味があると思うし。
っていうか楽しいしね、こんなのとか、こんなの妄想するのは。

単純に名言集としての価値もあるし、そこに脳科学の基本的な考えも書かれているのでお買い得です。



TVを使ったセルフブランディング

 2009-10-29
くりぃむしちゅーがMCを務めるテレビ朝日系の深夜番組「シルシルミシル」。
番組内の食べ歩きのコーナーに出てくる新人ADが人気だとか…。

hori
それがAD堀君
http://www.youtube.com/watch?v=sDMIHJOPQzg
(動画埋め込みできませんでした。)

一度番組を見たんだけど、とにかく一生懸命レポートしている姿と、「とってもおいしいです。」っていう決め台詞がある以外は、そんなに特別おもろーなわけではない。
まあ、でもすごく誠実な感じが伝わるんですが。

なんとこのAD堀君。
mixiのコミュニティでは4万人以上が登録してるらしい。(OASISとほぼ同数…)

しかも驚くべきことに、彼、僕の中高時代の同級生なんですよねー
と言っても、たぶん一度も話したことない。
友人が日記を書いていて初めて知りました。
その後も何人かの友人が彼について日記を書くのですが皆、「話したことないけど」or「記憶にないけど」的なまとめになってます。
つまり中高時代、特別目立つ存在ではなかったってことなのでしょう。

けど。逆に彼を悪く言う人もいない。
そういう究極的に人畜無害な感じって、それは社会で評価されうる特性なんですね。
思えば、これはこれでキャラ立ちしてるのか…。

そしてつい半年前まで京都の学生だった若者にたった半年で数万人単位のファンを作り出すTVの影響力の強さ…。
ブログでちまちまとセルフブランディングがどうこうというのが若干空しくなってきますねー

TV出たい。
って最近思ってた所に、ちょっとおもろーな話が舞い込んできました。
各方面の了承がとれれば、年末頃にブラウン管デビュー、いや液晶ですね今の時代、でもプラズマも…、まあいいや、とりあえず公共の電波に乗れそうです。

いやーキャラ確立しよう。

自宅監禁

 2009-10-29

最近ちょっとお気に入り。
sick繋がりということで。


突然ですが、絶不調です。
せきが止まりません。
声が出ません。
熱はないけど、新型だったら生物テロになるので家から出れない。
そりゃこんな状態ではドラフトでも指名されませんよね。
おとなしく社会人になろうと思います。

ゆえに家でたまっていたタスクをさばく。

・パソコン、WEB環境の整備
・服の整理
・ヨーロッパ旅行の準備
・就職活動のまとめ

けっこう有意義でした。
就職活動系のイベントに招かれる機会が今後少しあるので、色々とまとめてみました。
ブログにも公開できる範囲で出していければと思ってます。

ではでは自宅謹慎中の身なので、この辺りで。

ゴリゴリアス

 2009-10-27


今日もいそいそとインターン。
1日中オフィスにいると、途中でMars Voltaばりに解放したくなります。
いや、めちゃ楽しいんですけどね。
インターン生増えたし。


さて自分は、今までの分析をまとめるフェーズです。
なんというか。
社長に指摘されて気付いたんですが、自分の施策って常に4PでいうところのPromotionよりに大きく傾いてる。
これってビジネスに初めて触れたのがIT広告で、就職活動においてもっとも影響を受けたのもHなインターンだったり。
多少なりとも広告的な考えや人に触れてきたからなのかもしれません。
メーカー的にもPromotionは大事だけど、あくまで1要素に過ぎない。
その辺りのバランス感覚が悪いなあ。


概ね順調というフィードバックは、期待値がどこにあっての順調なんだろうか。
いうてしまうと俺なんて、新卒と同じ年齢で。
いやー結果だそう。
求められてる以上に出してちょうどくらいやー

Vidal Sassoon アムロード編

 2009-10-26



もう超かわいい。

トレンドの発信地であるロンドン、ロシア、ロサンゼルスの要素を盛り込みながら、安室奈美恵が、アムロンドン、アムロシア、アムロサンゼルスと展開しているらしい。
だじゃれなんや…。
モスクワではなく、ロシアの辺りが若干無理やりな感じもしないことはない。

どんなトレンドのどんなスタイルにもはまりますよーって事なんだろうか。

ってかもうとりあえずカワイイからいいと思う。
違うラインのCMよりも、良さがでていると思う。
やっぱ安室奈美恵は動きがあった方が良いよねー



ちなみに、このCMで地球に舞い降りた後のストーリーが前のアムロンドンのくだりだそうです。
世界観が違いすぎて、逆に面白い。

大切なことだから、もう一回言うけど、とりあえずカワイイからいいと思う。


成功する男はみな、非情である。

 2009-10-26
成功する男はみな、非情である。 (だいわ文庫)成功する男はみな、非情である。 (だいわ文庫)
(2007/12/10)
角川 いつか

商品詳細を見る


「成功することと、幸福になることは同義語ではない」 ジェニファー・ロペス
結局はそういう事のようです。

一般的に成功者と言われる人は、人を蹴落としたり、自己中心的だったり、結果のみを追い求めていたりと、とにかく非情であるという事をひたすら事例を挙げて書き続けている本。
一般論であれば、どう考えても賛同できないけど、きっとビジネスとかの世界ってそんなにキレイごとばっかりじゃないんやろうなと。
本気で上り詰めようとすれば、非情である事も必要なのは事実なんだろうと思う。

成功ってなんやろう?
自分はどんな成功を目指すのかを考えたその後に、その成功を得るために失う可能性のあるものを知るという意味では、一読の価値はあるかも。
成功者自身が語るのではなく、多くの成功者の側にいた女性が語るって意味でオリジナリティもある。
現実離れした話なので、単純に面白いのと、色んな名言が引用されてるので、そこそこオススメ。



片道2時間の使い方

 2009-10-26
今日から電車での通学開始。

1:最寄駅→梅田   20分
2:梅田→淀屋橋   5分
3:淀屋橋→出町柳 50分


乗り継ぎや徒歩、チャリの時間も含めて、自宅から大学までdoor to doorでおおよそ2時間
往復で4時間もあるので、けっこうな長距離移動です。
この時間をどう使うか。


まず1の移動。
朝の時間帯は座れないし混んでいるので、音楽聞きながら、携帯でメールチェックしたり、mixi読んだり、twitterのタイムラインを見たりしながら、妄想を膨らます、ゆるーいリラックスタイムに。

2は…、もう仕方ないですね。
広告でも読んどきます。

3がけっこう鍵になる。
今日はこの時間を読書にあてた。
というかきっとこれからもそうなる。
やっぱり電車通学の醍醐味は、読書の時間を自然に捻出できる点。
ボリュームにもよるけど、1日1冊は消化できそう。
そんだけの効率をキープするには、電車に乗ると眠くなる癖をなんとかする必要。
それを防止する意味でもある程度緊張感を持ちたい。
そこで、本を読んでいて、刺さった言葉をtwitterでつぶやいて行く事にしました。

10:53 「成功することと、幸福になることは同義語ではない」 ジェニファー・ロペス
11:04 「たとえ100年生きたって、自分の望む全てをやりとげる時間なんてない」 ジェームス・ディーン
18:21 いつでも3つの自分を持つこと。渦中の自分。客観視する自分。そして上から見る自分。


こんな感じで、今日読んでいた本で刺さった言葉。
シェアするに値する部分だけを厳選してつぶやきます。
これを毎回発信する責任を自分で負えば、寝ずに効率的な読書ができるかなと。

とりあえずはこんな感じで運用してみようと思う。


Global Concepts and Local Ads

 2009-10-26
愛読している、Hな仲間であるTOSHIのブログの記事に、急に自分が出てくると少しドキッとする。
なんか↓のCMを挙げて、自分に期待してくれてるみたいなので少しかんがえてみる。



このブランドはグローバルからの指示が相当細かいんだろうなーと感じます。

外資系の化粧品(特に基礎化粧品)は肌にあわなそうとかいう、なんとなくなイメージがあるっぽいけど、こういうCMとかが日本人女性にとっては縁遠いイメージの要因のひとつかもね。
エッフェル塔バックの必要があるのだろうか?
もっと日本の日常の中のラグジュアリー表現ではダメなのだろうか?
せっかく日本人を起用しているのに、これだったら別に外国のタレントさんでいいじゃんと思うわけで。
女性じゃないから想像だけど、このCMを見て親近感というか、自分の為の商品だとは感じられない気がする。

そのプロダクトが凄い理由を成分や機能を表現ではなく、言葉でストレートに伝えようとするのも、外資系化粧品の特徴のように感じています。
最近、日本で話題になってるCMを見ていると、機能ガンガン押しの表現ではなく、よく分からないけどカワイイorキレイとか、よく分からんけどおもろーとか、そういう情緒的な所にフォーカスしたものが多い気がするので、その辺りのギャップもあるかな。


けど、こういうグローバルブランドのビジネスを、どこまでローカルに権限を与えるかって難しい。
海外の同じブランドのCMと比べると、どれだけ1トップでブランドを管理しているかが良く分かる。





似てる。矢印のくだりとか。
ある程度グローバルで広告表現まで管理するのは、ブランドをぶらさない為には、致し方ないのかなーとも思う。
迎合せずにぶれない世界観を提示する事がブランドの価値なのは間違いないし、この商品に関していえば、売上げ世界1と結果を残しているわけで。
この辺りのジレンマはきっとどのブランドの配属になっても感じるんだろう。
やれる範囲で最高の結果を出すしかないわけだから、シンプルな話だけどね。
それでも文句があるなら、本社に認められてグローバルのブラマネになって変えてやればいい。
そういう野心は持ち続けていたい。

単純に批判だけして終わりだと、なんか将来の同僚の方々に申し訳ないのと、あんまり自分に意味がないので自分なりに理想系を示しておく。






iPhoneをはじめ、appleは、凄く上手にグローバルなブランドの管理ができていると思う。
テンプレートは完璧に固定されているにも関わらず、その国用にしっかりとカスタマイズの余地をのこしている。
これなら、どの国にローンチしてもぶれないよね。



これなんかも全く同じCMで日本でも話題になったし。
商品の特性が違うのは、もちろん分かったうえで。

広告はやっぱ面白い。
比べるといろんなことが分かるよね。

いやー俺も頑張ろう!

1人暮らし終了

 2009-10-26
今日の12時。
部屋の引渡しを完了して、京都での1人暮らしが完全に終了しました。
最後の日は、友人達と部屋で飲み会。
急に色々と思い出して寂しくなってしまったので、助かりました。


vida vida2

下宿とは投資である。という考えに基づいて、昨年の4月から約1年半の間、生まれて初めての1人暮らし。
本来なら、卒業直前まで京都で暮らして、実家にらずそのまま就職して独立という流れを想定したのですが、色々あって卒業までの最後の5ヶ月を実家で過ごすことに。


下宿っていう金銭的にも大きな投資に対して、目に見えるリターンがあったわけではないけど、本当に有意義な生活を京都で送ってきました。

色んな活動に今まで以上に参加できたり。
友人達と多くの時間を共有したり。
自分と向かい合って将来を考える時間が増えたり。
1人では家事すらまともにこなせず、親のありがたみに気付いたり。


色々あったけど、下宿して本当に良かったなーと思います。
東京でも、多分やけど数年は1人暮らしではない予定なので、次の1人暮らしまでは少し時間がある。
やっぱり学生の一番楽しい時間を京都で過ごせたのは、本当に大きい。

またいつか京都で暮らしたいなーと思います。
いつの日か。ドミニカで海の家をやって体が動き辛くなったら、最後は京都に住もう。
とか色々と考えています。

まあいうても、明日も京都に登校するわけですが。

楽しかったなー

A to Z of great leadership

 2009-10-25
Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2009年 10/29号 [雑誌]Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2009年 10/29号 [雑誌]
(2009/10/15)
不明

商品詳細を見る


今月のNumber。
監督入門。というマネージャー特集で、敬愛するオシムさんが表紙だったので衝動買い。
買って見ると、オシムさん以外にも非常に興味深い記事がたくさん。
副題もA to Z of great leadershipという、ビジネスマンも意識した内容に。
いつになく、面白い特集でした。


オシム理論信者の自分としては、それほど新しい気付きはなかったけど。
単純にオシムさんだけのインタビューではなく、初めて監督を務めたクラブでの関係者の取材とかが興味深い。


更に、以前wikipediaだけで感動した宿澤広朗さんの記事も。
普段買わないnumberにたまたま特集されていたり、この方の情報をググっていたらインターン先の社長のブログに行き着き社長の座右の銘が宿澤さんの言葉だったり。
短期間にこんだけ接点があるという事は、これはもうロールモデルにしろというお告げです。
間違いない。

宿澤さんは日本のラグビー界に初めて本格的な情報分析を取り入れたそうです。
それももちろん重要な要素だけど、彼がもっとも優れていたのは、何よりも自分の目で見て自分の言葉で説明する力だったそうです。

コミュニケーション能力とは、つまるところ「他者」に興味を持ち、理解しようと勤める力に他ならない。
それは、ラグビーの指導者として、自チームの選手から対戦相手に至るまで他者を冷静に観察し、時には対立しながら言葉を重ね、そこから得た感触を元に双方の強みと弱みを、個人レベルまで還元して解析する作業の源になる。


この言葉を噛み砕いて、自分なりに活かしていきたい。


他にも、オリックスファンの自分的には神に近い存在の仰木監督特集も。
完全に自分の為に発行された号です。
嬉しい。

スポーツにそんなに興味のない人でも、単純に刺激を受けれる内容になっていると思うので、オススメです。

理論から実践へ。

 2009-10-25
10月から取り組んでいるインターン。
明日からの1週間は、10月のまとめの週。

無理を言ってお世話になっているので、勉強するだけじゃなくて、結果を残したいなあと常々想いながら仕事をしています。
アルバイト的なルーティーン作業ではなく、どっちかというと頭を使って色んな数字や状況を見ながら、日々分析を更新。
今月中には今後の事業戦略を提案させてもらって、それの実行フェースが自分の次のミッションになると思われる。
毎日、相当な時間を頂いてFBももらっているので。かなり恵まれた環境にいます。


並行して、モバイルの通販サイトの運営を相当な範囲で任せてもらってるんだけど。
今週、かなーり自信を持って実行に移した施策が、それはもう見事なまでに結果につながりませんでした。
相当悔しい。

理論では達成できないはずがない目標が理論を大きくそれる。
それが商売。
悔しいはず。
でも、これがスタート。理論に実践を。
実践は現場から。


直属のBOSSから頂いたメッセージ。
自分のバックグラウンドとして、やっぱりどこまでもバイト的な感覚でしか商売に接したことがなかった。
以前のWEB広告系のバイトでは、かなり客観的な立場から数値だけを上に報告し、意思決定を促すだけで終わっていた。
促すのではなく、自分決めて、そこに責任を伴いながら実行に。
そういう経験値が本当に乏しい。

経験の乏しい自分はとにかく、だれよりも考えて実行して、その結果を踏まえて、PDCAをゴリゴリと高速回転させていくしかないよねー

結果出す。絶対。
幸いなことにさっき少し結果が出ていて、勝手に喜ぶ。
日々精進。

「Google トレンド」おもろー

 2009-10-23
今更ですが、Googleトレンドというサービスの面白さに気が付きました。
特定のキーワードに集まっているアテンションを図れる。

これって、世間的なトレンドを探るのに意外と使えそう…。
「世間的にはこのキーワードにアテンションが集まってるのに、うちは下降してるから…」みたいな。


LN
OASISのリアムとノエルってどうやろーとか見てみると、こんのグラフが。
毎年年末に同じカーブを描くのは、クリスマスの定番ケーキ、ブッシュドノエルのせいですかね?
ノエルって一般名詞が含まれるから、いわゆる”apple to apple”の比較になってないのを注意しないといけない。

AN
綾瀬はるかと長澤まさみはまさかのイーブン。
ただ直近の勢いは完全に綾瀬はるかです。圧勝。


まあ、こういうネタっぽいものだけじゃなくて、例えば流行のファストファッション系。

UHZ

業界全体が右肩上がりの注目を集めています。
昨年秋のH&M上陸で一時的に物凄い注目を集めたんやけど、この時期他社2つも伸びているので、H&Mの日本上陸は市場の活性化に寄与したと解釈できます。

UHZ2

同じ図をグローバルで展開すると、こうなる。
まだだいぶ差があるなーまあ規模が違うし。
頑張れユニクロ。

しばらくこれで遊べそうです。

【告知】【TRYF】10/24(土)外資メーカー・外資コンサル対策「資料読み取り型GD練習会」

 2009-10-22
友人のTakathyから告知依頼を頂いたのでご紹介させてもらいます。

今回のテーマはGDということで。
外資系企業の選考においては、必ずと言って良いほどGDが選考フローに入ってきます。
面接までいけば落ちても「合わなかった、縁がなかった」と諦めもつきますが、GDで落とされてしまうときっと不完全燃焼になってしまうだろうなーと思います。

面接とかはガチンコで臨む他ないですが、GDに関してはテクニックや慣れの部分でどうにかなるんじゃないかなーと最近思います。
何も知らずに外資のGDとか受けると、その異様な空気とレベルの高さ、アピール合戦(と、圧倒的な横文字発言の多さw)に唖然とします。
少なくとも一度経験をして、個別にフィードバックをもらっているかいないかは大きな違いです。
GD自体は選考でも経験を積めますが、フィードバックをもらえる機会は本当に皆無です。

そういう意味で、こういう企画は貴重だと思います。
関西だと特に。
東京の就職活動生は夏ごろからGDをゴリゴリと経験してきているので、本選考で彼らに負けないように慣れておくことは大事です、きっと。

TRYFは運営陣も超おもろーなので、きっと素晴らしくおもろーな出会いと気づきがあると思います。

おすすめです。




【TRYF】10/24(土)18:00‐20:30

「資料読み取り型GD(グループ ディスカッション)練習会」開催のお知らせ


今回はP&Gなどの外資メーカーや外資コンサルで選考として課される
「資料読み取り型のGD」を実際に体験してもらおうと思っています。

さらに、そのGDに対して内定者が解説&フィードバックを行います。

今回は特殊なイベントの上、すでに参加を希望されている方が40名以上います。
参加者が限られてしまう事が予想されるので、早期のお申し込みをお勧めいたします。
(ただし、キャンセルは厳禁とさせていただきます。)

※定員は「先着60名限定」です!!

【TRYF】第3回GD練習会
(外資メーカー・外資コンサル対策「資料読み取り型GD練習会」)

日時:10/24(土)18:00‐20:30(予定)

対象:京阪神、関関同立等の意識の高い大学3年生・修士1年生
   (対象学年以外の大学生、修士生の方もご参加頂けます。)

人数:先着60名

応募方法:必要事項を記入し、お申し込み下さい。

参加費:2,000円 (会場代、資料代、内定者への御礼)

服装:カジュアルな服装で結構です。

場所:大阪市北区梅田1-2-2-400 大阪駅前第2ビル4階 キャンパスポート大阪
 ※JR大阪駅から徒歩5分
   (http://www.consortium-osaka.gr.jp/access/index.html

主催:学生支援団体TRYF(トライフ)
   (http://tryfblog.blogspot.com/


※60名限定のイベントなので、確実にご参加いただける方のみの応募を御願いします。
キャンセルは厳禁です。
どうしても予定が入りキャンセルされる場合は、
10/20までに必ずtryf.project@gmail.comまでご連絡下さい。
それ以降のキャンセルは受け付けません。

■今回のGD(グループ ディスカッション)練習会は、実際に6,7人のグループで、資料読み取り型のGDを行って頂きます。
また、その場で、内定者による解説&フィードバックが行われます。


【スケジュール】(予定)

17:45‐18:00:開場

18:00‐18:10:オープニング セッション(イベントの概要説明)

18:10‐18:40:資料読み取り(個人タスク)

18:40‐19:25:GD

19:25‐19:35:休憩

19:35‐20:20:解説&フィードバック

20:20‐20:30:クロージングセッション(本日の振り返り)


↓↓↓イベント詳細・申込は以下のURLからお願い致します↓↓↓

【TRYF×GD練習会×10/24(土)】
外資メーカー・外資コンサル対策「資料読み取り型GD練習会」
http://www.formpro.jp/form.php?fid=45532

10月より始まる外資コンサルや外資メーカーの本選考にて
本気で内定を勝ち取りたいと考えている方のご参加をお待ちしております。

熱意のあるご友人をお誘い合わせの上、ぜひご参加ください。

make.believe

 2009-10-21


SONYの新しいブランドメッセージmake.believe
そのCMを発見したので、のっけてみる。

デバイスありきのコンテンツであり、コンテンツありきのデバイスなわけで。
そういう意味では、その両方で強みを持つSONYらしいワクワクするCMになってると思う。
電化製品でさえ、もはや機能やデザインだけでは差別化できなくなってくると、今度はどんなコンテンツを乗っけれるかの勝負になってくると思うので、SONYいいなあ。
sonymake
“make.believe”の「believe」はアイディアや理想像などソニーの精神を、「make」は思いや着想を実際の商品や体験として形にするソニーの行動を、それぞれ表現しています。そしてこの2つを結び付けている「.(ドット)」は、その精神と行動をつなぎ、想像を現実へと結び付けるソニーの役割を象徴しています。

そういうSONYの理想は大好き。
凄く広い事業領域を響き合わせて、新しいものを創り出す。
ただ就職活動のときに、SONYの面接官の方が凄くそういった方針に対して否定的だったので、一気に冷めた思い出があります。
企業TOPの戦略と現場で働く社員さんの想いって、そう簡単には揃わないんだなーとグローバルな大企業の難しさを少しだけ感じた瞬間でもありました。

前回のSONY Unitedがやや内向きのコンセプトだったのに対して、今回はCM等でも展開していくようなので、ついに本腰って感じでしょうかー楽しみ。

何と言われようが、俺は一途にSONY派です。

ファブリーズ ハウスダストクリア

 2009-10-21
fab
【ファブリーズ ハウスダストクリア】
ハウスダストをまとめて固め、布から空気中に舞い上がるハウスダストを最大78%カットします。
ファブリーズの除菌効果で、菌だけでなく、ハウスダストの一種であるカビ胞子も除菌できます。
ファブリーズの消臭効果で、布製品に吸収されたタバコやお料理などのニオイももとから取り除きます。


引っ越しの準備をしていたら、案の定ハウスダストアレルギーが発症したので、急きょファブリーズに助けを求めてみました。
とにかく部屋中に待っているハウスダスト連中を捕獲するために、部屋中にまき散らしてみた。
なんか治った気がする。
さすがP&G。

とか思って称賛の記事を書こうとHPを見ると…。

howtofab
※1回に大量にスプレーするよりも、適量を毎日繰り返しお使いいただくことをおすすめします。

なるほどね。
散々まき散らした後の処理をやってくれるわけではないようです。
遺憾です。



ファブリーズって何となく、日常的に使うというイメージがあまりありません。
CM表現も彼女が遊びに来るとか、けっこう特別なイベントにフォーカスしてるし。
焼き肉屋においてあるし。
なんか応急措置的なイメージが勝手にありました。
違うんですね。

正しい使い方までをコミュニケーションするのは難しいなあと感じた引っ越し準備のある日。

日々是PDCA

 2009-10-21
ranking

どーん。
とりあえずFc2×マーケティングという枠では日本最高を取りました。
ニッチなセグメントに集中することで、とりあえずの結果が目に見えるのは嬉しい。

ブログの名前を変更して1日。
まだgoogle analyticsにデータが揃いきってないけど、新規流入者が増えていました。
更に「外資系 マーケティング」での検索からの流入者の平均滞在時間、平均PVがどえらいことになっていたので、まあこの方向自体にはとりあえず間違いはないかなと。
外にリンクばらまいたりするんじゃなくて、ブログ内の変更でもそこそこ大きな変化は起こせるということ。


それは仕事でもそう。
自社サイト内の導線をいじることで、PV周りの数字は意外とコントローラブルかもという仮説がいまある。
しかも劇的に。
問題はそっから先、どう転換させるか
というかこれだよねーむしろポイントは。

だけど昨日、初めて自分の仕掛けた施策に対して、まさにドンピシャ狙っていた商品を狙っていた組み合わせで、購入して頂いていたお客様がいて。
あれは嬉しかった。

とりあえず売上を作らないといけないから、あんまり悠長な事は言ってられないけど、今は経験を少しでも多く積んで、いろんな感覚を研ぎ澄まさないとな。
そろそろ週2では厳しい。

自分のブログでも色々と試せる部分は多いので、日々勉強。

Ireland vs France

 2009-10-20


Thin Lizzy、久し振りに聞いたなー留学から帰国する時にホストファザーからもらったCD。
相変わらずかっこいい。


Republic of Ireland to face France in World Cup play-off
ということで。
我らがアイルランドがW杯出場をかけて、フランスとヨーロッパ予選のプレーオフを戦う事が決定しました。
フランス。
正直、好きだけど。
アネルカ大好きやけどね。
今回ばっかりは譲れないなー今のフランスならいけるかもしれん。


Lansdowne_Road

世界でいちばん好きな競技場、アイルランドの聖地であるLansdowne Road
2ユーロでポルトガル戦を観戦したのは最高の思い出です。

久々にアイルランド愛が刺激されました。
勝ってほしいなー

guiness

クロスメディアの逆流

 2009-10-20
電通とgoogleという名前を聞いただけで、少し威圧されてしまいそうなコンビがこんな調査をしています。

YouTube投稿動画の広告効果はいかに--電通とグーグルが共同調査
インターネット上の動画の再生回数とその認知率にはどのような関係があるのか、また、動画は購買行動に結びつくのだろうか――こういったインターネット動画の効果を調べるため、電通とグーグルがYouTubeのデータをもとに共同で調査した。その結果、再生回数と認知率の相関度合いや、YouTube上で動画を見たユーザーが動画内の商品に高い購入意向を示すことがわかったという。

youden

動画認知のある人の方が商品に興味を持つ率が約2倍。
TVのCMではこういう動きは見せないらしい。
まあ、それはそうだろうなと思う。
記事内でも触れられているけど、youtubeで動画を見るにはだいたい検索作業が必要。
その時点で商品には強い関心を示している層だから。
ぼーっとTVでCMを流しみてる層と一緒にはできない。

aisas

電通さんの記事なのでAISASモデルを使って考えれば、CMが最初のAttentionの部分を主に担うメディアなのに対して、youtubeはSearchの段階が前提となる。
2段階も先の段階にいるユーザーと比べたら、そりゃそれくらいの購買意識の差はつくだろうなー。

まあ、ここまではいいとして。
この記事にもよく興味の受け皿としてWEBメディアがあるみたいなのがクロスメディアって言われるけど、それって個人的には少し違うと考えている。
マスから検索でWEBへという一方向だけではない気がするんよね。
その逆流も起き始めていると感じる。
自分も今、携帯ニュースで興味のあるニュースがあって、とりあえずTVではニュースをつけてる。
商品についても同じことが言える気がする。
コンテンツとして素晴らしいCMがyoutubeにupされ、世界中のブログなどのWEBサービスでシェアされれば、youtube発信で大きなAttentionの波が起こるケースは意外に多いはず。

ここまでくると、TVはこう、WEBはこう、ってメディアの特性をステレオタイプで決めつけるんじゃなくて、一回全部フラットにして考えないと可能性が広がっていかないと思う。
ちょうど今ニュースの裏でやってるリアルクローズっていうドラマの通販も同じ。
AIDMAのプロセスをマスでありながらぐっと縮めた。
単純に面白い。


メディアの特性をフラットにして、施策を考える。
云うのは簡単だけど、実際にやるのは超難しい事を今日の仕事で実感。
ううむ、がんばろう。

332連休中、170日消化済な現実

 2009-10-20


GW中に332連休宣言をしたのは、つい最近のことように思いますが…。



いやー人生最長の休みもだいぶ消化しましたね…。
本当に早いです。
バングラディッシュから帰国してから、もう2か月。
一瞬やわ。

もう11月で学園祭とかあって、例年早く過ぎて。
12月はヨーロッパ旅行、クリスマス、年末。
1月の冬休みがあければ卒論提出で、大学の授業は数回で終わりでテストへ。
2月はテストと卒業旅行。
そんなこんなでもう3月になって…卒業及び社会人準備…。


まずい。
思った以上に時間はない。
昨日みたいに、友達と1日ゆっくりと楽しく過ごせる日が後それくらいあるだろうか。
無限に思えた学生生活の終りがリアルに見え始めた。

別に社会に出るのが嫌なわけじゃないけど、やっぱりね。
今しかできないことの優先順位を高めて、悔いのない大学生活を。
さあ、出勤や。

KKネタ帳 「日本最高の外資系マーケティングブログ」

 2009-10-20
以前のブログで、ブログタイトルの変更を考察した。
(改名に至る動機やそれぞれの言葉の意味については上リンクを参照ください)
すっかり忘れてて2周年(10月15日)をさらりとスルーしてしまいましたが、とりあえず善は急げという事で。


KKネタ帳 「日本最高の外資系マーケティングブログ」

に改名しました。
プロフィールも常に表示されるものですし、時間みつけて軽くSEO試みます。
日本最高のくだりもしっかりと説明しないと、完璧勘違い野郎で炎上したら空しいのでやっとこう。
ちなみに現時点での日本最高は身長的に、将来的にはどんだけニッチでもなんらかの分野で日本最高のマーケターになります。
とりあえずは実験的にということで。

せっかくこれに改名するからには、googleの検索ワード「外資系 マーケティング」で上位に表示されないと意味がない。
金泉勇次の外資系マーケッターが語る戦略的マーケティング
SEO的な側面でいくとこの方のブログがベンチマーク。
今のところはこのブログが、転職エージェントのISSを除けば、「外資系 マーケティング」でも「外資系 マーケター」でも最上位です。
なるばく早い時期に、このブログの上にくる事が直近の目標かな。
そうなれば、パーソナルブランディング上凄く重要なメディアを手に入れることになる。


雑記は少しづつtwitterに移行。
ブログは記事やレビューを中心に。

頑張ろう。

新島襄先生のお墓参り

 2009-10-20
niijima
今日はサークル仲間と同志社大学の創立者である新島襄先生のお墓参りに。
(同志社関係者は新島襄の事を新島先生と呼びます。)
新島先生のお墓は有名な南禅寺の奥の若王子山にあります。
なので、お墓参りといっても哲学の道を通って、ちょっとしたピクニックも兼ねて。
天気も良いし、最高でした。

中学から同志社に通う自分としては、人生の半分近くが同志社と共にあるわけで、非常に感慨深いものがありました。
中高大と今までに3度上る機会がありましたが、今までとは違う気持ちに。
同志社大学に関する新プロジェクトに参画したり、おそらく現役の同志社生としての最後の墓参だったからでしょうか。
なんかこう、凄く素直に祈ることができた気がします。
無宗教なので形は適当ですが、気持ちがあれば良いということで。


この記事を書いていて、参考にしようと大学のHPをあらためて見ていましたが、凄く感銘を受けることが多く書いてある。

DHP

「一国の良心」ともいうべき人物を養成するために「キリスト教主義」「自由主義」「国際主義」という理念を掲げる。
当初からグローバルな人材の育成に力を入れていた。
ほんまに関係ないかもやけど、外資系の社長経験者(P&Gの現職とか、coca-colaとか)は意外と同志社出身者が多かったりする。
目先の知識に捉われずに、人格教育に徹する校風がのんびりとしたアカデミックな空気を醸し出しているんでしょうね。
そしてその理念の全てが新島先生の実体験の中から形造られたからこそ、ここまでぶれずに受け継がれてきたのだと思う。
なんせ江戸時代に脱国してアメリカに渡り、日本人として初めて学位を取得して、アメリカでファンドレイジングをして帰国後に設立された大学ですからねー。
他のどんな大学よりも深いドラマをもった大学だと自負しています。

こういう話を書くつもりじゃなかったんやけど、せっかく書いたのでまあ良いか。

とにかく、新島先生がいなければ、今日一緒に登った仲間とも出会わなかったし、今の自分もなかったわけです。
そういう意味で純粋に感謝の気持ちがあります。
こういうものが愛校心の源なのかもしれない。


自分が同志社に対して忠誠心を感じる理由。
明確なコンセプト、設立に至るストーリー、同志社の基で培ってきた仲間との共通体験。
自分の心が動くのなら、同じ理由で人の心も動かせる。

今大学で関わっているプロジェクトにも活かせる、いやもっと広くて豊かな気付きがあった気がする。
良い日だったー

なんだか今日イケそうな気がするスポーツドリンク

 2009-10-19
20091019201106


KAGOME×天津木村
謎のコラボレーションによる、なんだか今日イケそうな気がするスポーツドリンク。
まさかのバナナ&マンゴー風味

…中学生の発想ですね。
嫌いじゃない。

けどこういうコラボって、PRで話題集めて瞬間的に利益確保しないといけないはずやのに、TVや新聞はおろか、WEB上でも一切バズってない。
狙いがよく分からん。
主要ターゲットは中高生でしょうか。

どんだけ考えてもビジネス的にはなんだかイケそうな気がしないドリンクやね。

宿澤広朗

 2009-10-19
宿澤広朗 運を支配した男宿澤広朗 運を支配した男
(2007/06/02)
加藤 仁

商品詳細を見る


宿澤広朗(wikipedia)。

ラグビー界では日本代表監督。
金融界では三井住友の取締役専務執行役員コーポレートアドバイザリー本部長。
究極の文武両道。


こんな方が存在していたなんて、知らなかった。

普通の人が一生を一つのことに捧げても、なかなか到達できないような高みに2つの分野でのぼりつめた人。
仕事だけが人生じゃないと言うのは簡単やけど。
仕事ってその責任は無限に広がっていくわけで、それを常に高い次元で果たし続けながら、他の事に対しても同じだけの責任を負いながら立ち向かえる人は少ないと思う。

「最低限求められるだけの仕事をすれば文句ないだろ?」的なスタンスは性に合わない。
やるからには高いレベルでコミット(あんまり軽々しく使いたくないけど)して、それ以上の成果を求め続ける姿勢は崩したくない。
そのスタンスを追求すれば、きっと仕事なんて無限にある。
だけど、それだけの人間にもなりたくない。
まだ働くことの辛さも楽しさも本当の意味で知らない分際で偉そうと思われるかもやけど、それを思いもしなければ絶対なれないはずなので考えておきたい。
きっと難しいジレンマなんだろうなと思う。
そんなジレンマに立ち向かって、自分定義でかっこいいおっさんになる為のヒントが、宿澤広朗さんの人生というか生き方にあるように思う。
wikipediaを読んだだけだけど、そんな気がする。
不思議な感覚。

この人の本を読んで考えてみようと思う。

「努力は運を支配する」
この言葉を理解したいと思うから。

「結婚したい」とは言わない大人でありたい。

 2009-10-19


まあ、相手ありきなので100年早いですけどねー

とりあえず社会人とよく話した週末だった。
それも1つ2つしか変わらないような。
だいたい何の話をしていても、仕事&結婚
この2大テーマに話が流れるのが不思議でした。
いや、別にいいんだけど。
人生って別にそれだけじゃない気がするんだよなー。
漠然とね。
自分は広くアンテナを張っていたいと思う。
どっちかというと仕事大好き人間になりそうな自分を感じているだけに余計に。
違う世界との接点がないとつまんないよな。


そんな中、今日の昼間に会ってた学年1個上で同い年の先輩は違ったので安心した。
学生時代と変わらないテンションと会話レベルと内容で接してくれるのがうれしい。
そんな先輩の名言。

「結婚したいってやたらいう人って、結婚ていう行為に憧れてるだけだし、そういう人とは結婚したくないよね」

いやーまさにその通りですよね。
さすが先輩やわ。
恋に恋する状態なわけですからね。
これ深い。

1年後、仕事とか結婚(及び合コンなど)の話ばっかりにならない自分でいよう。

【反省】スケジュール管理をなめてました。

 2009-10-18


our time is running out
our time is running out
you can't push it underground
you can't stop it screaming out
how did it come to this?


この曲で泣きそうになったのは初めてです。

この週末、引っ越しという一大イベントを控えて暇な時間なんて一切ない所に、欲張って予定を詰め込んだおかげで、関係各所に多大なご迷惑をおかけしています。
今日の夜もダブルブッキング。
明日の夜もダブルブッキング。


久々に怒られてしまいました。
元上司の方に。
何も言い訳できないっす。
っていうか自分はもう部下ではないのに、あんだけ本気で怒ってくれるってありがたいですよね。
久しぶりに本気で怒られて、そのありがたみに気付き、だからこそ申し訳なさ100倍です。


急な変更だからそれ自体はコントロールできないけれど、その可能性は読めていたので、事前に手を打っておけば、こんな直前に慌てなくて済んだのに。
最悪やー。

今日は自戒の意味も込めて、朝が来るまでストイックにPCに向かって仕事と卒論に取り組みます。


初めてのtwitter

 2009-10-17
http://twitter.com/kk_196
という事で絶賛フォロー募集中です。
増えないとつまんないよねー

ざっと一通り機能は抑えた気がする。
多分使い込むほどに楽しくなるんやろうなー
後は、twitterをどういうツールとして使っていくかやなー要検討。
10数人のリアルな友人だけでクローズにして使ってる人と、何百人もフォローしてパブリックなツールとして使ってる人がいる。
mixiとかがどっちかというとプライベートなメディアなので、こっちはガンガン広げていこうかと画策中。

友人がある告知をしてたんやけど、それが広がっていく様子を目の当たりにして、なるほどーと。
自分の知らないところまで情報が行渡るっていう意味で興味深いし、自分のアカウントもそこまで持っていきたい。

という事で、しばらくは楽しめそうな予感。


【twitter時系列体験記】
・まずアカウントを取る。
・実名を書いてよいものか迷う。
・とりあえずリアルな友達を片っ端からフォローして回る。
・アカウント名が気に入らず変更する。
・ブログやmixiで告知する。
・最初にフォローしてくれた人がポルノスパム。上々のスタート。
・つぶやく。
・反応がある。
・喜ぶ。
・今度は質問をつぶやく。
・すぐに回答が複数の方から返ってくる。
・けっこう喜ぶ
・返信してみる。
・見たことある感じの「@~」という表示がらしくて感動。
・WEB更新用にHootSuiteを導入。
・携帯導入用にmovatwitterを導入。
・Re-twitterを覚えた。
・寝た。
・起きた。
・フォローしてくれる人が増えた。
・相当嬉しい。ブログ経由の人は特に、こんな人が読んでくれてたんやーって感じで。
・けっこうな頻度で確認してしまう。依存の初期症状。

【NEXT STEP】
・つぶやきではなく情報を発信してみる。
・ブログとのうまい連携を考える。
・英語の勉強に使う。140文字はなかなか適度。マーケティング系のつぶやきをする外国人希望。

Global Change Makers Programスタッフ募集中

 2009-10-17
今年の夏。
バングラディッシュのグラミン銀行でインターンをしてたんですが、それを企画してくれてた団体が新メンバーを募集してます。
学生が、しかも短時間でここまでの結果を出す人たちを他には知りません。

彼らのおかげで自分も夢が明確した。
ユヌスとも1時間半も話せたし。

本気で世界を変えようとして、ここまで大きな動きにしちゃったバカなやつらと働けるチャンスですよー
東京の方はぜひ。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
+ Global C h a n g e M a k e r s P r o g r a m スタッフ募集+
世界最高峰社会的企業グラミン銀行の最先端ITプロジェクトに参画し、
世界を変えるチカラを身につける.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

世界レベルの視野。
GCMP(global change makers program)の運営に携わりませんか?


::GCMPとは::
GCMPとはグラミン・コミュニケーションズ(グラミン銀行のIT部門の下部組織)GCMP事務局から学生を対象として提供される次世代チェンジメーカー創出を目的としたプログラムです。バングラデシュ農村へのフィールドワーク調査実施後、そこから発見した問題のソリューションアイデアをグラミングループへ提案する「実践型チェンジメイキング能力養成プログラム」です。

::グラミン銀行とは::
グラミン銀行とは、2006年ノーベル平和賞を受賞したバングラデシュにある銀行です。
「貧困を博物館でしか見れないものへ」と、2015年までの国内貧困解決を掲げるムハマド・ユヌス博士が創設し、マイクロクレジットと呼ばれる貧困層を対象にした比較的低金利の無担保融資を農村部で行い活動してます。


詳しくは:是非GCMPのサイトをご覧になってください。
http://www.gcm-p.com/


『環境は待っていても変わらないのです。自らの行動でしか変えることはできないのです。』by ムハマド・ユヌス



◆募集人数◆:5名前後

◆必要事項◆:*GCMPの活動理念に理解があり(活動に至った経緯、目的など、ホームページにある内容に共感でき)、意欲的に活動できる。
*自分の強みを生かしつつ協調が図れる。
*東京近辺の大学に通う、または住んでいて、早稲田、新宿、渋谷、池袋近辺で行われるミーティングに出ることができる。
*何か自分の中で革命を起こしたい、そんな気持ちのある方。

◆活動頻度◆:1~3週間に1回のミーティング。(プログラム実施前後はより頻繁に集まりがある)

◆主な仕事内容◆:☆企画(インターンプログラム詳細(調査地の決定、発表構成・内容の決定など)を決める)
☆広報(告知文の作成、参加希望者への対応、説明用資料の作成及びプレゼンテーションなど)
☆渉外(スポンサー企業の獲得活動など)


◆応募締切◆
10月20日火曜日 午後11時30分

◆応募方法◆
メールにて受け付けます。その際件名に「GCMPスタッフ募集」、本文には以下6点を記入してください
① 氏名
② 大学名、学部、学年
③ 電話番号(連絡がつくもの)
④ メールアドレス
⑤ 最寄駅
⑥ 簡単な志望動機、理由
⑦ 自己アピール


gcmp@googlegroups.com
こちらにお送りください。その後返信をお待ちください。

志望動機、理由、自己アピールが第一選考、それに通過された方は面接(第二次選考)となり、晴れてスタッフとなる流れとなります。ご了承ください。

面接日は10月23日からおよそ1週間の幅で行います。
第一次選考を通過された方にはその趣のメールをお送りさせていただきます。

◆お問い合わせ◆
質問等も上記のアドレスで受け付けております。

GCMP事務局スタッフ
上智大学1年 関根

とぅいったー

 2009-10-17
http://twitter.com/kk_196

ということで始めてみました。
遅い。
遅すぎる。

キャズムキャズム
(2002/01/23)
ジェフリー・ムーア

商品詳細を見る


キャズム的にいうなら、late majority(新しい技術は苦手だがみんなが使っているなら自分も使わなければと思う人たち。 )で間違いない。
まあ、とりあえず迷ったら行けですからね。
良かったらフォローしてやって下さい。
そしてフォローしたらおもろい人を教えて下さい。

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

KK

Author:KK
自称「日本最高」のマーケター(身長的に)。
2010年より外資系メーカーに勤務しております。
将来の夢はリアム(写真)になって、そしてカリブに海の家!!

日々の生活、マーケティング、広告、音楽、海外ニュース、とにかくアンテナにひっかったもんに対してつっこんでいこうと思います。

※あくまで個人のネタ帳であり、所属企業・団体等とは関係ありません。



こちらにはアイディアの種を撒き散らしてます。

http://kk196.tumblr.com/archive


↓Follow me↓
twitter / kk_196

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
DONATION.JP
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ

カウント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。