スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ホワイトハウス・フェロー―世界最高峰のリーダーシップ養成プログラムで学んだこと

 2010-06-22
ホワイトハウス・フェロー―世界最高峰のリーダーシップ養成プログラムで学んだことホワイトハウス・フェロー―世界最高峰のリーダーシップ養成プログラムで学んだこと
(2010/05/28)
チャールズ・P・ガルシア

商品詳細を見る


ホワイトハウスフェローとは、1964年、当時のアメリカ大統領であるリンドン・ジョンソンが未来のリーダーを育てる目的で設立した研修プログラム。
アメリカの優秀な青年をホワイトハウスに招へいし、1年間フルタイムで行政の最前線で実際に働かせるというもの。
官民の人材交流が活発とされているアメリカらしく、その参加者の職業は軍人や研究者から、コンサルタントまで多種多様。
未来のリーダーを育てるっていう大義名分も伊達ではなく、コリン・パウエル元国務長官等もこのプログラムの卒業生で、彼以外にも各界にリーダーを輩出している。


この本は、そんなプログラムの卒業生達のインタビューを基に、時の政権中枢におけるリーダー達のエピソードを通して、リーダーシップの教訓を伝える構成になっている。
リーダーシップの教訓とは言っても、あくまでもバラバラとエピソードがちりばめられているだけなので、そこをどう抽出して教訓にできるかは読者の問題意識次第だったりするんだけど。
そこに関するレビューは、もっと頭の良い方に任せておいて。



個人的には、国家におけるリーダー育成について、ちょっと考えてしまった。

日本は国家レベルでリーダー不在とか良く聞くけど、それって20代30代のうちから国家を背負うエリートを自認し、それを国が積極的に育成するシステムが存在しないことにも一因があると常々思ってきたわけです。
国家一種や松下政経塾とか、エリート育成機関は存在してるけど、その卒業生であっても彼らが政権中枢に辿り着くまでには早くても20年以上かかる訳ですよねえ。
遅い、遅すぎる。
政治まで年功序列じゃ、お先真っ暗ですよ。
特に日本はこのまま少子高齢化が進めば、必然的に老人が力(票)を持つので、政治の世界も高齢化は避けられない。
国民が熱狂的に支持できるスターが奇跡的に現れて運よく国政の舞台に立っても、結局は多数派の老人が動かないので、何も変わらない。

国政レベルでの若い世代の台頭が、今以上に難しくなると予想される日本だからこそ。
20代~30代前半の青年の中から、国を背負う資質のある者を選び出し、エリートとして、そして世代のリーダーとして登用する制度は何かしら日本にも必要なんじゃないかと思うわけです。

20代のリーダーといったらスポーツ選手かせいぜい起業家?
政治の世界で20代の声を政権与党で代弁してるのが、元あいのりの出演者だけでは悲しすぎる。

ドミニカ共和国で俺らと5個くらいしか年齢の変わらない30前後の青年が、青年省幹部として政権を担っていた。
どこまで国政に関与できていたのかは知らないけど、「俺は大統領になるんだろうなあ」と隣でステーキを食いながらつぶやいた青年大臣の姿が目に焼き付いてる。
同じセリフを同じレベル感でつぶやける人は、多分日本にはいない。(確かに国の規模は違いますけどね。)

自分達が国を担っているという確かな自信と実感を持って生きるエリートが国にいるかいないか。
そういうエリートを国が育てようとしているか否か。
それってけっこう大切な事だと思う。


リーダーは自らの行動の中で、結果としてリーダーになる。
なんかの本で読んで、しっくりきたんですが。
リーダーはその行動の中から自然発生する類のものかもしれないけど、他者からもその行動範囲と責任を拡充してあげる事で、リーダー発生の確率を高める事くらいはできるんじゃないかなと。
青年にストレッチな環境を与えるシステムが国政にあっても良いんじゃないかな。

何でもかんでも海外のマネをするのは好きではないけど、この本を読んでアメリカが少しだけ羨ましくなった。
自分たちの世代のリーダーは誰なんだろうなあ。

そして自分は自分の世代、そして後ろの世代の為に何をしようか。




スポンサーサイト

拝金

 2010-06-21
拝金拝金
(2010/06/17)
堀江 貴文

商品詳細を見る


むしゃくしゃした時は、Amazonではなく、会社帰りの大型書店で欲望の赴くままに本を衝動買いする。
今日も10冊ほど仕入れた中で、最も軽そうだったので先に読んだ。
ホリエモンの処女小説。
(ちなみに上の階でご本人がサイン会をしていたらしい)

日本中の誰もが記憶している彼のサクセスストーリーと、その顛末を小説として描いている。

僕はものすごく欲望が強い。
金、女、酒、美食、何でもいいけど、徹底的にまみれているうちに、ある瞬間その欲望の世界を「突き抜ける」のだ。
本書には表立って話せない、取っておきのネタもたくさんちりばめておいた。


このあとがきが全て。
それ以上でもそれ以下でもない。
小説っていうか、もはや暴露本の類に近い。
よほど彼自身に興がある方以外にはオススメしません。
やたらと食、性、といった欲望の記述が詳細で多いなと思ったら、それがテーマなんですね、納得。


久々のレビューにこれを選んだのは悔しかったから。
本書でもストーリー上の鍵となる、ビジネス初心者4カ条。

1:元手はかけない
2:在庫ゼロ
3:定期収入
4:利益率


結局はこの本も、彼がハイペースで出してる他の本も、ブログのアフィリエイトも、有料メルマガも、全てはこの絶対法則に基づいて粛々と行ってるだけなんだろうなあって。
諸々の事情で行動を制限される彼が現時点で行いうるビジネスがこれらなんでしょうね。
そしてその全てにどっぷりとはまって、なんやかんや彼にお金を払っている自分との格差に凹んだわけです。
彼のブログで紹介された本を読み、その情報の幾許かに知らず知らずでも影響を受けて行動してる時点で、圧倒的格差。
ああ、情けない。

いつか自分の手掛けた商品やら企画か何かで、彼からお金が1円でも自分に逆流してくる日は来るかなー
とりあえず、目の前の仕事をひとつひとつ全力投球しながら、色々妄想は続けていこうと思います。


さあ、いこーか。

 2010-06-17


おもろーです。
毎回毎回、ビデオが話題になるアメリカのバンド、OK GOの新曲ビデオ。
さっきtumblrで流れてきました。

曲が個人的には好きではない方向に変化してしまったのが残念なんやけど、ビデオはやっぱさすが。

ただ単にビデオカメラを高速で回したり、スローにしたりしてるだけ。
アイディアさえあれば、デジカメとmac1台で作れるんやと思う。
そのアイディアがでるか出ないかが、本当に大きな差なんでしょうけど。



OK GOといえば、Here it goes againが有名ですよねー
まさかランニングマシーンを見て、このアイディアを思いつくのが凄い。
wikipedia先生によると、メンバーのお姉さんが振付に関わってるとか…。)
タイアップがあったりラジオでプッシュされたわけでもなく、ビデオ先行でどんどん話題になりましたよねー
金はかかってなくても、クリエイティブが優れていれば爆発的に広まるっていう典型かな。




逆に金をかけても…、っていう典型がこちら。(ファンの方、ごめんなさい)
制作費3億という事で、当時のニュースで世界一金のかかったPVだと報道されてました。
まあ、映画『ファイナルファンタジー』のエンディングテーマで、この映像を流用してる部分も多いんですが。
(10年近く前にフルCG映画って事で話題になり、「リアル過ぎる」って評判でしたが、今見るとプレステのウイイレの方が断然リアルですね。アバターとかもうね。映像技術の進歩って凄い。)


金(3億)さえあれば、ブランド(FF)さえあれば、ってそんな簡単なもんでもないって事ですよね。

クリエイティブって、誰にでも平等なんじゃなかろうか。
しかも、色んなWEBメディアを使えば、そのコンテンツの魅力だけで広告費をかけなくても広がっていく。
うん。

予算がないからとか言う前に、色々とおもろーな妄想をしよう、そうしよう。


Global Change Makers Programのご案内

 2010-06-15
gcmp

バングラディッシュでがっつりとフィールドワークを行うGCMPのご案内。

ノーベル平和賞を受賞されたユヌス氏が率いる、グラミンファミリーと共にプロジェクトを担えます。
具体的にはグラミンから講義を受け、農村でプロジェクトの調査を担い、結果を報告すると共に提案を行います。
私自身も昨年夏に参加しました。
09年の7月と8月辺りの記事を漁って頂ければ出てくるかと。

日本でもBOPやら、世界を変えるデザインやら、なんやかんや流行ってますが。
結局は冷房の利いた部屋で机上の空論をうんちゃらかんちゃらこねてるだけでは限界がある。
(もちろん、それも大切ですが)
やっぱり現地で肌で感じるものって大きいと思うんですよね。
原体験というか。
知識として知ってる人と、現場の空気を知ってる人。
きっと大きな違いになると思います。


僕自身、日々もやもやうじうじと考えるだけで一切行動に移せてないので偉そうな事は言えませんが。
それでも自分の夢をクリアに描きなおす機会でもあるし、この案内をもらう度に他の皆にも負けられないと思う訳です。(会社の業務を頑張る、とかいうだけのレベルの話ではなく。)

だからこそ、時間が許すなら、是非チャレンジしてほしいなーと思います。
夏は体力的に過酷ではありますが、それも終わってみれば良い経験ですしw

是非。
全力推奨です。


以下、詳細は追記でどうぞ。

Global Change Makers Programのご案内 の続きを読む

愛するということ

 2010-06-15


中学生の日記みたいなタイトルなんでしょうか。
哲学的に愛を論じたいわけでも、恋愛関係を暴露したいわけでもなく。

マネージャーからプロジェクトのフィードバックを頂き。
久々に読んだ広告・マーケ系の本にも同じ事を指摘され。

1日に2回も凄く本質的な命題を突きつけられたので、新鮮な自分の思いを残しておこうと。


「だれよりも商品を愛して下さい」
マネージャーから頂いた言葉。
そういうFBを受けるとは思っていなかっただけに、すごく意外だった。
と、同時にこういう言葉を投げかけてくれる上司って素敵だなあと思う。
「Ownershipを持ちなさい」って言われるのと、「愛しなさい」って言われるの、どっちも善し悪しあると思うけど、自分は後者のコミュニケーションが素敵だと思う。

その2時間後。
最近かったこの本で、同じような言葉に出会います。

欲しい ほしい ホシイ── ヒトの本能から広告を読み解くと欲しい ほしい ホシイ── ヒトの本能から広告を読み解くと
(2010/05/21)
小霜和也

商品詳細を見る

(この本、難しいことを簡単におもろーに伝えているしオススメ。こういう文が書ける人になりたい。)

「商品の素晴らしさを、どうすればうまく伝えることができるだろうか…?」
という煩悶こそが、広告クリエイターの核心作業です。
そのためには、その商品のことを本気で好きにならなくては。
まず自分が最初のファンにならなくては、ということ。


そーなんです。
4月の研修が終わった時に、極度の自己愛を認識し、他者や物への愛情が極端に薄い自分に気がついてはいたんですが、結局またそこに立ち戻ってしまいました。

データを見る目、そのスピード、どちらもそこそこのレベルにあるかもしれない。
だけどそういう分析だけじゃあ辿り着けない境地って絶対ある。
マネージャー曰く、「どれだけ愛せるか、そこがマーケッターと成功するか否かのポイント」だそうですし。

もともと化粧品っていう商品自体にそれほど興味があったわけじゃないし、今だって「愛してます」なんて正直言えない。
愛してないからこそ、すごく冷静に見れてるつもりだったし、それが自分の役割かなあとも。
でもそれって根本的にずれていたのかも。
「いいやつなんで試しに使ってみてやって下さい、できれば愛してやって下さい。(まあ、俺良く知らないし、愛してないけどね)」
そんなテンションなわけですから、心の声は。
そんなんで愛してもらえるわけないし、そりゃあ商品も浮かばれないですよね。
化学的にもプラシーボ効果、つまり信じ込む力は受け手だけでなく、発信側の信じる度合いにも効果が依存するそうな。


愛し方にも色々あると思うので、そこを間違ってはいけない。
純愛はいらない。
だって一応プロフェッショナルの端くれだから。

chan

「な…なんかよくわからないんだけど、運命なんです、好きです、愛してます、一生あなたのことがしゅきだからー」(チャン・ドンゴン風に)

これはスマートじゃない。

kano
「今まで色んな女と付き合ってきたし、お前のいいとこも悪いとこも全部知ってる。お前より良い女なんて正直いくらでもいるよ。…でもな、俺にはとってはいつでもお前が一番大切なんだよ。」

的な!
違うか。
いやでも、そういう愛し方が良い気がする。
盲目的になっちゃあ駄目だよね、たまには元カノを思い出すし、浮気もしないといけない。合コンだって男の嗜みです。
色々知った上で、でも結局は愛する存在の事を想い続ける。
そんな感じ。
いやーええ事言ったわ。(ドヤ顔



まあ、一朝一夕で愛せるものでもないので、時間をかけて愛を育んでいきます。

とにかく愛したい対象と一緒に過ごす時間をたくさん作り、真摯に向き合ってみようと思う。
自分の都合ばかり押し付けるのではなく、素直に話を聞いてみる。
ペラペラとしゃべってはくれないけど、なにかしら伝わってきた感情やら何かしらのものを大切にしてみようと思う。



ショッピッ!が色んな意味でヤバイ件

 2010-06-10


ショッピッ!っていうアプリがやばい。
消費者目線で言えば、若者的ニュアンスでやばい。
メーカー目線で言えば、素直にやばい。

かんたんに安値でお買いもの
手にした商品のバーコードを「ピッ!」と一瞬で読み取って、その場で最安値で買うことができるアプリです。

最安値で買うまでの、かんたん3ステップ!
1)アプリを起動し、商品のバーコードに、iPhoneのカメラをかざす
2)その商品をいちばんおトクに購入できる店舗が見つかる
3)店舗を選んでその場で注文する


っていう事なんですが、とりあえず動画を見てもらえれば、その凄さは分かると思う。
読み取りにほとんどミスが無いくらい、凄い精度です。

mintshop

月40個弱という超ペースで消費しているミンティア様を読みこませたところ、84円という事でだいたい15~20%OFFで購入できます。
これくらいの単価の商品だとまとめ買いしないと送料分損しますが、まとめ買いもしっかり表示されてるし。
本当に便利な世の中になりました。
これはやばいです。


…。
とまあ、ここまでは消費者的に無邪気に喜んでみました。
こっからはメーカーの端くれとして。

今までも価格.comみたいにWEBから最安値を提示するサービスもありましたが、あれはそこそこ大きな買い物をする時(パソコンとかテレビとか)に使う人が多かったはずです。
今回のは日用品全般に応用が可能になってくる為、インパクトの大きさは価格.comの比にならないと思います。

弊社のあるブランドの商品をスキャンしたところ、こちらが店頭に出している価格よりも20%ほど安い価格が表示されました。
現在はこれくらいの下げ幅で済んでますが、先日公開されたAmazonの公式アプリのように、中古(というていで新品だったりします。)のものともリンクしだすと、その値崩れは半端じゃなくなる気がします。
これ、やばい1。
(某オークションサイト等では裏ルートから回った新品同然の商品が5割引くらいで販売されてたりするそうです。)

また似たような危惧としては、これがグローバル展開した場合。
現在ですら、某バラエティショップとかで海外から同じブランドの商品を輸入し、安く売られたりすると、それは日本法人から見たらただの競合製品でしかないわけです。
(ちょっと話ずれるけど最近良く見るダウニーとか、PGさんから見ればド競合でしかないと思う。)
んでこのアプリのようなサービスが広まれば、こういう状況が、ラグジュアリー系のみならずマスの商品にまで広がり、マスにおけるプライシングの概念自体が大きく揺らいできます。
新興国価格の設定にすれば先進国で買い叩かれ、グローバルで一律管理すると新興国市場の立ち上がりが遅れるというジレンマ。
これはグローバルカンパニーにとっては由々しき問題な気がする。
これ、やばい2。

どちらにしても、こういうアプリが普及して、生活者が本格的に利用し始めると、一気に日用品のEC市場も拡大する事が考えられます。
実店舗とEC店舗の距離感が変わります。
店頭は現物を見に行くだけで、注文は携帯から一番安い店に。
そんな購買パターンが本格的に広がってくるんだと思う。
世界的に大きなうねりは生まれるだろうけど、独特の流通形態を持ち、流通経費が異様に高いとされる日本へのインパクトは…ねえ。
既存小売は壊滅的な影響を受けるだろうし、小売と卸問屋と深い関係性の上で商売を行う日本の各メーカーへの影響も非常に大きくなってくる。

そうなったときに、安く提供できる業者のサイトではなく、自社サイトにいかに誘導できるかが、今後勝負の分かれ目になる。
自社サイトで買う理由としては、信頼だったりアフターサービスだったり色々言えるけど、一定価格以下の商品群に関しては難しい。
付加価値うんぬんかんぬん言えるほど、余裕のあるプライシングにはそもそもなってないはずなので。
これ、やばい3。


目下、現実的な対策としては、定価販売を義務付けて、厳しくチャネルを絞っていくしかないんでしょうか。
(弊社のあるブランドのシャンプーをスキャンしたところ、定価のみ10件ほど表示されたので安心しました。)
EC直販の流れが強まると卸や小売が困るのは目に見えているので、そのプレッシャーをうまく使って統制するとか?
最近APPLEが一部通販に行った販売規制も、そういった流れを先読みした先手だとしたら、まあなんとなく理解できないこともない。


実店舗とECの距離感、棲み分け。
悩ましい。
だけど、近い将来、色んな会社の経営の根幹を揺るがす大問題になる。
実店舗とECの特性をうまく発揮して相乗効果が生まれるような販売戦略が必要。
そういうのを考えていくのが、今後数年の課題かなあ、とふと思ふ。

やばいなあ、楽しそうだなあ。

Time Flies: 1994-2009

 2010-06-09
タイム・フライズ・・・1994-2009タイム・フライズ・・・1994-2009
(2010/06/09)
オアシス

商品詳細を見る


OASISの「現時点で」最後のアルバムとなるTime Flies: 1994-2009がついに発売となりました。
早めに仕事を切り上げてCDショップに足を運びながら、こんなにCDの発売を心待ちにする事もしばらくなくなるんだなあと正直寂しくなってしまいました。
そんなセンチメンタルな気持ちを抱えつつ、現時点でのOASISへの想いを書き残しておこうと思います。

思えば、アイルランドでOASISに出会ってからの6年間(それでもたった6年か)、ひたすらにOASISを聞きまくってきました。
高3~大学卒業まで。
人生で最も自由な時間をOASISの音楽と共に生きてきたからか、色んな想い出とOASISの歌はSETになってます。


初めて車を運転した時にかけた、Morning Glory。
初デートで自分で曲を選んだCDをプレゼントしてスペルミスした、Don't Go Away。
OASISのライブで生まれて初めて感涙した、The Masterplan。
ドライブの途中で車停めて星見ながら聞いた、Champagne Supernova。
振られた時に聞きまくった、Stop Crying Your Heart Out。
DJしてたイベントの最後の曲で皆で肩組んで熱唱した、Don't Look Back In Anger。
就職活動で最終面接前にいつも聞いてテンションを上げていた、WhateverとLYLA。

そして悩んだ時にいつも自分を救いだしてくれた人生の1曲、Live Forever。



なんか卒業式のあれ(力を合わせて戦った、運動会。運動会!的な)みたいですが。
まあ、そんな感じです。
こういう曲達が自分の生活を彩ってくれてました。
(Don't go away以外は全部BESTに入ってるっぽいですね。)

色んな人が高校~大学までが人生で一番楽しいって言いますが、そんな青春って時代をいつの日か思いだす時には、きっとOASISの曲を聞きたくなるんだろうなあと思います。
当然これからも聞くわけだし、子供が産まれたら一番初めにOASISを聞かせるって決めてるし(名前はりあむで)、結婚式だってするならBGMはOASISだし、葬式の出棺もOASISなんですが。
何なら将来起業したら社名はOASISで、海の家もOASISですし。
当然これからも頼りにしていくんですが…。

なんかこう、やっぱり一段落だなあと思ってしまうわけです。


本当にとてつもなく寂しい。
だけど、それぞれが違うバンドで活動を続けるそうなので、それはそれで楽しみ。
何十年後かもしれないけど、ふらっと再結成とかしたら、リアムがどんなにヨボヨボで声出なくても見に行きたいと思う。

このブログでは度々オススメしてるのであれですが、もしまだ彼らの音楽にふれた事が無い方がいらっしゃれば、とにかく聞いてみて下さい。
このアルバムは入門編には最適だから買ってもいいし、TUTAYAでもいいし、連絡くれればCD貸しますし、やきます。
聞いて欲しいんですよねー俺は本当に人生変わった。
自分は自分らしく媚びずにふてぶてしく生きればええんやーと。

彼らがどう思ってるか知らんけども、毎日世界中のどっかの人が自分の作品を聞いたり歌ったりしてくれてるって素敵ですね。
例え自分がいなくなっても、作品は残る。
音楽はできないし、クリエイターでもないけども。
何かそんなものを1つでも残したいなあと、そう思います。


いやーほんま色々と、ありがとうございました。

OASISは人生です。
いや、まじで。

安易なパクリへのAKBの逆襲

 2010-06-03
なんか不自然にアクセス数が増えていたから、また炎上かと思い解析したら、ちょっと前に書いた記事が忘れかけた頃に微妙にRTされていただけだった。
http://tweetbuzz.jp/entry/29467643/kkkosuke.blog122.fc2.com/blog-entry-1226.html

コメントを見てると、あーやっぱ皆思ってたんやねっていう。
そーいえば、女性×とりあえずいっぱい=話題になるのパイオニアであるAKBが、前回の記事で紹介したCM達(これとかこれとか)と同じような路線で見事なカウンターパンチを仕掛けてくれましたね。



女性×いっぱい×水着×海=超話題になる
単純な方程式です。
そんだけ男が単純ってのもあります。
AKBが凄いのは、そのベタな事を愚直にやり続けるところ。
けしからんなあ。
王者の貫録です。


本当にこの女性をとりあえずいっぱい使っとけ戦略は流行っていて。



天下のマーケティングカンパニーも乗っかっていましたし。
そんな感じですね。
住みよい日本になりました。

方程式的には話題になって然るべきですが、それほどでもなかったのは、きっとさすがに受け手のハードルも高くなっているって事のようです。
ブランド名と場所が凄くベタにかかってるとことか、そういう関西ノリが個人的には超好きですが。
マーケティングはロジックだけじゃないんですね。
もう女性を水着にしていっぱい並べるだけじゃ効かないようです。

次に来るのは何か?

逆に男でやったら、おもろーな気がします。
ウォーターボーイズから結構時間は開いてますし、今なら新鮮かも。
クライアントによって色々おもろい設定が考えられます。


まあ、広告会社でもないのに他社の話に口出すなって話ですね、はい。
しかも明日は副社長とブラマネへのプレゼン。
AKB聞きながら最後の詰めを頑張ります。
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

KK

Author:KK
自称「日本最高」のマーケター(身長的に)。
2010年より外資系メーカーに勤務しております。
将来の夢はリアム(写真)になって、そしてカリブに海の家!!

日々の生活、マーケティング、広告、音楽、海外ニュース、とにかくアンテナにひっかったもんに対してつっこんでいこうと思います。

※あくまで個人のネタ帳であり、所属企業・団体等とは関係ありません。



こちらにはアイディアの種を撒き散らしてます。

http://kk196.tumblr.com/archive


↓Follow me↓
twitter / kk_196

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
DONATION.JP
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ

カウント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。