スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

チキンタツタのPR戦略

 2009-09-27
tatuta

昨日、サンドイッチパーティーの直後にも関わらずマジーとマクドナルドに。

お目当てはもちろん、期間限定復活のチキンタツタ
mixiのボイス機能で盛り上がってたり、昨日のパーティーでも話題になるなど、すごいPR効いてるなーという印象を感じていました。
マクドナルドは、クオーターパウンダーと言い、無料コーヒーといい、力技のマーケティングのベンチマークとして注目してたのですが、今回は若干毛色が違う印象を受けます。

色んなキャンペーンがある中で、チキンタツタが他とは違うジワジワとした盛り上がりを見せていたのは一重に復活というこの2文字をうまく演出したからだと思います。
ただ単に昔のメニューの復刻ではなく、「復活してほしいファストフードメニューランキング1位」に選ばれた伝説のメニューが復活という所に価値があるわけです。
この辺りの情報がジワジワ露出していた辺りにうまさを感じるわけです。
もちろん渋谷で先行発売しておいて、例によって行列を作り、そこでも広くPRしているし。

個人的に「復活してほしいメニュー1位」とか言われると、それまで存在すら忘れていたのに急に懐かしくなってしまうわけです。
元来ビックマック派の自分はそんなに食べた経験ないはずやのに、「俺、チキンタツタ好きやった気がする…」みたいな微妙な記憶捏造myselfすら発生していました。
懐かしさとか、記憶に訴えかけるのは、やっぱり強い。

基本的に、趣味嗜好ってのは脳科学的にも記憶に強く結び付く形で形成されていくようです。
だからこそ、今回のキャンペーンでは2004年に惜しまれつつ引退したチキンタツタが満を持しての復活!っていうストーリーを中心にPRを構成したのがほんまに響くんですね。
趣味嗜好を変えるのは難しいけど、記憶の部分を一般化してPRすることで、趣味嗜好をある程度いじってトレンドにまで昇華する面白い事例だと思います。(Always三丁目の夕日以降の昭和ブームとかこの部類な気がする。)


そしてそれに無意識に乗っかって、無性に食べたくなってしまい、最終的に購入した自分は素直な生活者ですね。
こんな自分の素の感覚を大切にしよう。


スポンサーサイト
コメント
>「俺、チキンタツタ好きやった気がする…」

これ、わかるwwわかるww
んな数年前の感覚なんて覚えてないし、
当時はなんとも思ってなかったのに、
好きだった気がするよ、最近www

【2009/09/27 13:29】 | Nanako #- | [edit]
 某巨大掲示板にもスレが乱立してました。
 こういうジャンク的な情報からも欲求が誘因されたりして
【2009/09/27 16:14】 | imorino #- | [edit]
>Nanako
あるよなーこのPR戦略を恋愛に活かしたら最強やね。同窓会とかで。
「私、~のこと好きだった気がする…」的なw
今度、考察してみます。

>imorinoさん
某Channel2ですか?w
あそこ嫌いなんですけど、ある意味ではすごく敏感に時代の空気を反映している場所なんで、なんとかして俯瞰的に流れを読めるツールとか開発されないですかねえ…。
【2009/09/27 17:09】 | KK #- | [edit]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2011/09/13 12:38】 | # | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kkkosuke.blog122.fc2.com/tb.php/1014-4c1a387d
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

KK

Author:KK
自称「日本最高」のマーケター(身長的に)。
2010年より外資系メーカーに勤務しております。
将来の夢はリアム(写真)になって、そしてカリブに海の家!!

日々の生活、マーケティング、広告、音楽、海外ニュース、とにかくアンテナにひっかったもんに対してつっこんでいこうと思います。

※あくまで個人のネタ帳であり、所属企業・団体等とは関係ありません。



こちらにはアイディアの種を撒き散らしてます。

http://kk196.tumblr.com/archive


↓Follow me↓
twitter / kk_196

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
DONATION.JP
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ

カウント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。