スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「自己分析」に意味がない3つの理由

 2009-10-15


完全同意。
自己分析なんて、自分探しの旅と同じくらいうさんくさい。
20数年も生きていて、改めて自分を分析しようとして机に座り、よくわからん自己分析本や心理テストしても新しい自分なんて見つかりません。
せいぜい、就職活動用にねつ造された自分像ができるだけ。

要は就職活動において、明確にしとくことって人生の優先順位だけな気がする。
何を大事にして、何を目指すのが気持ちいいか。
そこさえ、ざっくりとできていればいいんじゃないでしょうか。
それでさえ、知らず知らずねつ造されてる可能性はありますけどね。
企業もそれはきっと分かってて、学生がこじつける志望理由とかどこの企業もそんなに重視してないように感じましたし。
新卒が何がしたいかとか、究極的に大企業においてはそんなの関係ねーですからね。
逃げずにやれる奴かどうか。
要は気持ちです。
志です。
知らんけど(責任放棄)。

チャンスに対して、常にオープンマインドでいること。
本当にそれだけだと思います。
オープンマインドでいれば、周りから見たらしんどい事もチャンスに変わる。
そういう前向きな自分は大切にしたい。

スポンサーサイト
コメント
なんしか、自分を知るために、心理テストとか”物”に頼らないといけないのって、純粋に情けない感じするな。
自分に貼ってあるバーコードを、探してる感じ。

金曜日本時間21時から、出来たらskype雑猥談に参戦しろよー
【2009/10/16 09:25】 | TJ #- | [edit]
はじめまして。
KKさんのブログのこの記事を読んだ複数の後輩(就活生)に意見を求められたので気になってコメントさせて頂きました。

本心から仰っているのか、もしくは『自己分析』ブームを皮肉ってらっしゃるのか…。
どちらにせよ、私は『自己分析』は非常に重要ではないかと考えています。
『自己分析』を自己分析本や心理テストを用いて行う自分探しのような行為であると定義するのであれば、意味が無いという御意見には私も賛成です。
しかし本来、就職活動における『自己分析』とは、KKさんも仰っている「自分は何を大事にしていくのか」や「自分は仕事に何を求めているのか」といった価値観を(就活本番前に)言語化し確認しておく作業であり、それは就職活動において重要かつ必要な事である上にKKさんもブログを通じてなさっていた行為ではないかと思うのですが…。
また、少なくとも引用なさっている記事は、自己分析を狭義に解釈しており、3つとも自己分析そのものに意味が無い事に関する論理を展開出来てはいないように感じられました。

初めてにも関わらず長文で失礼致しました、不適切なコメントだと感じられましたら削除なさって下さい。

【2009/10/16 13:46】 | Visionary1986 #OARS9n6I | [edit]
私は、この時期に「自己分析」は必要だと思います。
まさに、自分をねつ造して就職するために。つまり、「就職活動のために」、「自分が興味なかった業種も志望するために」言い訳作りが必要だからです。

そもそも、私もKKさんと同じように、この時期にならないと自分の将来や仕事について考える機会がないのは理解に苦しみます。
そういう人は就職活動が終わると、二度と自分の将来や価値観を考え直す機会がないんじゃないか?と思います。

ただ、この時期に色々と考える癖をつけて、常に自分の将来や考え方を見直すようになれば、行きたい企業に行けなくともその人の将来は明るい気がします。
【2009/10/16 17:17】 | 10就活生 #AIlHpmOk | [edit]
>>10就活生

>「就職活動の為に」「自分が興味なかった業種も志望する為に」…

いやいや、その為に必要なのは業界研究だろ
自分を捏造するなら自己を分析する必要ねーし

理解に苦しみます(笑)

【2009/10/16 19:54】 | ( ̄ー ̄) #- | [edit]
>TJ
せやなーぶっちゃけそれならゲームセンターに置いてある占いゲームでもええやんと思ってしまうw
友達と酒飲んで語り合ってる方がよっぽど自分を知れるよな。

> Visionary1986さん
はじめまして。なんだがご迷惑をおかけして申し訳ありません。
基本的にVisionary1986さんと私の考えに相違はないのかなーと勝手に感じています。
記事の構成として、『改めて自分を分析しようとして机に座り、よくわからん自己分析本や心理テストしても…』という形で自己分析を否定し、『何を大事にして、何を目指すのが気持ちいいか。』を考えることは大切だと書いてるので。
混乱を招いたのは、「自己分析」の定義を曖昧にしていたからですね。
『何を大事にして、何を目指すのが気持ちいいか。』は普段から日常的に考える性質のものだと思うので、やはり自己分析という表現は適さない気がしますが、それを自己分析だと定義するなら必要です。
私が必要ないと思っているのは、「内定をゴールにした自己分析」です。
就職活動のフローとしてかしこまって自己分析をすると、どうしても内定ありきになり、視野が狭まり、自分のキャリアの可能性を企業ありきのつまらないものにしてしまうような気がしています。

また引用した記事についてですが、概ね内定をゴールとした「自己分析」を否定する内容で、やはり個人的に同意する点は多いです。
内定をゴールにして、そっから先のキャリアにオーナーシップを持てないなら、企業とは金銭的なwin-winでしか繋がれない、しょぼい関係に終わる気がします。
だから大切なのは、大きくキャリアのストーリーを描き、そのオーナーシップを自分で握り、全ての状況を成長機会としてポジティブに受け入れられるマインドセットだと思っています。そうすれば、転勤も異動も事業縮小のようなuncontrollableな要素ですら、チャンスに変わり、精神衛生上健全な気がします。
そして引用記事では同じことが、「どうなるか分からない将来に立ち向かう覚悟をする」、「混沌の中でも何とかしてやるという意欲を持つ」と同じような趣旨の記述が受けられたので、非常に共感しています。

長文散文で恐縮ですが、ご理解頂けると幸いです。

>10就活生さん
コメントありがとうございます!
長期的なスパンで考えたキャリアの目的を達成する手段として、特定の企業(の内定)が必要で、それを得る為の戦略としての「自己分析」であれば否定はしません。
私自身、キャリアを考えた上で臨むべきファーストステップを得る為に、会社ごとにある程度戦略的に自己解釈をしプレゼンテーションしてきた節もあります。
ただそこを戦略(手段)として割り切り開発・運用するのでなく、自分のアイデンティティをむりやり発見(ねつ造)するという目的にすり替わってる人が多い気がしたので、あえて一方的な記事を引用した構成になっています。
【2009/10/16 20:33】 | KK #- | [edit]
>( ̄ー ̄) さん
コメントを頂くのはありがたいですし、非常に面白い議論なのですが、書き方だけで多少損してるように感じます。
人が真剣に発している意見に対しては、それなりの敬意をもって対応して頂けると幸いです。

少なくとも自分のブログはそういう場にしておきたいので。
【2009/10/16 20:39】 | KK #- | [edit]
いえいえ、こちらこそしゃしゃり出てすみません。
私も「自己分析」については懐疑的なので、派手に書いてしまいました。

そうですね。「自己分析」が単に入社のためでなく、その人の将来のためになるものになれば、意味のあるものになると思います。

ただ、就職活動をする後輩達が「自己分析」に焦り、戸惑っているのを見ると、何か悲しくなるんですよね。

>( ̄ー ̄)さん
そう?
もちろん、0からねつ造するならそうだけど、みんな自分の経歴を基に作り上げていくわけだから同じことじゃない?
【2009/10/16 21:34】 | 10就活生 #AIlHpmOk | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kkkosuke.blog122.fc2.com/tb.php/1056-6f3ce4e1
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

KK

Author:KK
自称「日本最高」のマーケター(身長的に)。
2010年より外資系メーカーに勤務しております。
将来の夢はリアム(写真)になって、そしてカリブに海の家!!

日々の生活、マーケティング、広告、音楽、海外ニュース、とにかくアンテナにひっかったもんに対してつっこんでいこうと思います。

※あくまで個人のネタ帳であり、所属企業・団体等とは関係ありません。



こちらにはアイディアの種を撒き散らしてます。

http://kk196.tumblr.com/archive


↓Follow me↓
twitter / kk_196

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
DONATION.JP
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ

カウント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。