スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

世界CMフェスティバル in OSAKA

 2009-11-23
世界CMフェスティバルに参戦してきました。
もはやメンバーは名前を挙げてブログのリンクを張るのが面倒くさくなるほど一緒にいる人たちなので、紹介は割愛w

普段は真剣に見ることが少ないCMを、オールナイトで観るというなかなか稀有な経験をしてきました。
CMうんぬんの前に、そもそも祭として相当おもろーでした。

cmf  banana

2000人もの人がCMひとつひとつに7時間欠かさず拍手を送り続け、CMの曲に手拍子で合わせる。
要所要所でバンドが挟まれたり、焼酎やバナナの配給があったりw
単純におもろーでした。
来年も東京で是非。


世界中から厳選されてきたCMですが、CMの「作品」としての側面を強く感じるものばかりでした。
どういう事かというと、製品の機能面にフォーカスして語るタイプのCMがほぼ皆無だったと。
それゆえに、「面白いけど、このCMに何の意味があるんやろうなー」というのは一緒に参加したmaonisとシェアした感想でした。
そのCMが購買とか、具体的なアクションに結び付く様がイメージし辛いんです。

CMにはスポンサーがいるんやから、ただのオモローショートフィルムじゃ不十分。
そこには効果ってのがあって初めてCMとして意味があるんちゃうかなーと思うわけです。
広告会社ではあんまり凝った表現のCMを手掛けると社内で「カンヌ狙いか?w」とか仲間内で揶揄されるそうですが、まさにカンヌ狙い型の表現をどうクライアントにプレゼンして、投資を引き出してきたんだろうか。
結局各CM毎の目的も外部には分からんので、難しいよね。
やっぱりまだイメージできない。

作品としてのCM
投資としてのCM

スポンサー側になる人間としては、この2軸をきっちりと自分の中で持ちながら、CMは今後も興味持っておきたいですねー


以下、個人的に印象にのこったCMは重くなるので追記でどうぞ。



Johnnie Walkerの歴史というか、世界観を表したCM…というかショートフィルム。
6分の一発撮りで30回以上のTAKEを要したというから驚き。
これみながらJohnnie Walkerを楽しむ会を開催したい。




バドワイザーのCM。
Wassupでyoutubeを検索するとたくさんのパロディが表示されます。
OBAMAの選挙キャンペーン用にも使用された。)
これも現代のCMとしては、目指すべき境地なのかもしれません。
よくわからんけどおもろー→バズる。
分かりやすいネタを振ってあげるCMというか。




豪華さとしては世界随一。
公共CMとしては、公共広告機構みたくメッセージを作りこむことも大切だけど、単純にすでに影響力を持っている世界的要人の口を借りるのが早いのかもしれない。
商用CMでセレブリティが使われるのも、基本的な構造は同じ。
変に凝ったCMだけではなく、ミーハーなCMにこそ、マスを動かす力があるなーと再確認。

スポンサーサイト
コメント
後ろ姿の激写ありがとw
【2009/11/26 00:20】 | takathy #- | [edit]
>Takathy
なかなか自分の後頭部を見る機会はないかと。
自分の後頭部がWEBにアップされる機会はもっとないかとw

ベストドレッサー頑張れ!また明日なー
【2009/11/26 07:54】 | KK #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kkkosuke.blog122.fc2.com/tb.php/1126-186223ca
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

KK

Author:KK
自称「日本最高」のマーケター(身長的に)。
2010年より外資系メーカーに勤務しております。
将来の夢はリアム(写真)になって、そしてカリブに海の家!!

日々の生活、マーケティング、広告、音楽、海外ニュース、とにかくアンテナにひっかったもんに対してつっこんでいこうと思います。

※あくまで個人のネタ帳であり、所属企業・団体等とは関係ありません。



こちらにはアイディアの種を撒き散らしてます。

http://kk196.tumblr.com/archive


↓Follow me↓
twitter / kk_196

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
DONATION.JP
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ

カウント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。