スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

時差ぼけで早起きしたので、旅行中に読んだ本の一部をレビュー。

 2009-12-18
幻夜 (集英社文庫 (ひ15-7))幻夜 (集英社文庫 (ひ15-7))
(2007/03)
東野 圭吾

商品詳細を見る


帰りの飛行機で読む本がなくなって、パリのジュンク堂で価格(額面の倍くらいの値段に設定されてたので)とボリュームを重視した結果、行き着いた本。
一応、綾瀬はるか様主演でドラマ化された百夜行の続編ということのようです。

百夜行もそうだったけど、臨むべき結果を手に入れる為に、利用できるものは何でも利用するという主人公の姿勢。
小説ということで、狂気的なまでに冷酷な行いであるかのように描かれていますが、結局は現実の世界もそれほど乖離してないし、皆多かれ少なかれ、他人の犠牲をよしとしながら「利用」して「利用」されて社会って成り立ってるような気がします。
そして結局は、その辺りの利己的な現実をどこまで受け入れて冷静に「利用する」決断を下せるかが、大きなものを手に入れる為には必要なことのようです。

もちろん人によっては「利用する」が、「信頼」だったり「愛」だったり、そんなキレイな言葉で覆われていても本質的には変わらない。
そういう意味では、主人公の事をそれほど狂気的な人間だとは思わないです。
極限までに自分の欲求に素直で、無駄がないから人間味を感じないだけで。
きっと自分たちとそんなに変わらない。

けっこうキレイごと大好きな自分が言うにもなんですが、世の中、そんなキレイごとだけじゃわたっていけないんだと思います。


成りあがり How to be BIG―矢沢永吉激論集 (角川文庫)成りあがり How to be BIG―矢沢永吉激論集 (角川文庫)
(2004/04)
矢沢 永吉

商品詳細を見る


キレイごとだけじゃ、高みには登れない。
そんな事を分かりやすくストレートに伝えてくれているのが、我らが永ちゃんの著書である「成りあがり」。
いやーこれは名著です。
ロックです。
永ちゃんがカーネギーの「人を動かす」を愛読書にしていたなんて知らなかった。
どんな世界にいようと、求める自分が高みに存在するなら、常に戦略的に人生をデザインしていかないといけないんですね。
そんなのロックじゃねーじゃんとか何とか言ってしまうと元も子もなくて、ロックな存在として影響力を持つ為には為には戦略が必要だったんですよね、きっと。
容赦なく他者を利用し捨ててきた永ちゃんがそれでも多くの人に慕われてるのは、やっぱり巻き込んでいく力が半端じゃなかったから。
それがあるから「利用」された相手からしても、「利用された」ではなく「あいつの夢にのっかった!」になるんでしょう。
THEカリスマ。
どうせ利己的に生きるのなら、そんな自分を理解したうえで、「利用」する人にも満足が残るような、安い言い方するとwin-winな利用をしたいものです。

幻夜とちがって、こっちはリアルですからね。
説得力というか、迫ってくるものの質が違います。


一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)
(2009/07/18)
ジョージ・オーウェル

商品詳細を見る


小説といえば、もう1冊。
同期がすすめてくれた1984を読んでみました。
もう圧倒的な喪失感…。
作中で『二重思考』と表現されるものは、普通の生活の中にあるキレイごとだったりとかを見事にえぐりだしています。
この小説はもちろん面白いんですが、それ以上に考えさせられることが多いような気がします。
読んだ後に今までの自分とは違った視点で、真剣に自分や社会について思いめぐらせる事が出来る本は意外と少ない気がするのでオススメ。

小説として東野さんの作品との決定的な違いは、解釈の幅の広さではないでしょうか。
東野さんの作品は百夜行しかり、他の作品しかり、けっこう映画化されても裏切らないものが多い。
けっこう頭で情景をイメージしやすいように、細かく細かく登場人物の心情を描いているものが多いように思います。
もちろんそこのリアリティが魅力なんだろうけど、個人的にはイメージが狭められるので好ましくなかったり。

やっぱり俺は、個人に解釈の余地が残される小説を頭の中で情景を描きながら読むのが好きだなー



と、レビューだかなんだか分からないまとまりのない文章になりました。
後数冊読んだのですが、それはまた別の機会に。
スポンサーサイト
コメント
おかえり~ 
「幻夜」かしてほしいです!
【2009/12/18 14:34】 | ゆっきー #- | [edit]
>ゆっきー 
タイミング悪いな↓友達に貸してしまった…。
返ってき次第という事で、ご予約承りましたw
【2009/12/19 00:48】 | KK #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kkkosuke.blog122.fc2.com/tb.php/1141-5b7d9475
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

KK

Author:KK
自称「日本最高」のマーケター(身長的に)。
2010年より外資系メーカーに勤務しております。
将来の夢はリアム(写真)になって、そしてカリブに海の家!!

日々の生活、マーケティング、広告、音楽、海外ニュース、とにかくアンテナにひっかったもんに対してつっこんでいこうと思います。

※あくまで個人のネタ帳であり、所属企業・団体等とは関係ありません。



こちらにはアイディアの種を撒き散らしてます。

http://kk196.tumblr.com/archive


↓Follow me↓
twitter / kk_196

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
DONATION.JP
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ

カウント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。