スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

建学の精神とキリスト教

 2010-01-29
study



『建学の精神とキリスト教』
2010年2月1日(月)11:00~12:10、S22教室

この科目は同志社大学の建学の精神を学ぶ「同志社科目」です。同志社大学は日本におけるキリスト教主義大学の代表であるばかりでなく,全国の数ある大学のなかでもっとも歴史のある大学のひとつです。1875年に新島 襄が多数の協力者のサポートを受けて「同志社英学校」を創立して以来,日本の近代史の中に大勢の優れた人材を送り出してきました。この科目では,同志社がどういう経緯で,どういう人たちにより,また何を目的として創立されたのかを学びます。

同志社大学に入学したばかりの一回生の皆さんにとっても,あるいはすでに大学生活を送っている上回生の皆さんにとっても,同志社大学の歴史と独自性を知っておくことは,以後の生活に貴重な指針を与えてくれるはずです。

授業のテーマは,大きく分けて二つです。まず前半は,新島 襄をはじめとする創立に関わった人たちの動向と思想を取り上げます。とりわけ新島 襄の教育・宗教思想を軸とする「建学の精神」を分析,検証し,今日にとっての意義を考えます。

後半は,「建学の精神」のもうひとつの基盤であるキリスト教を取り上げます。人間にとって宗教とは何か,宗教について学ぶことの意義,キリスト教を含む一神教と日本の宗教性の相違,キリスト教の教えのエッセンス,キリスト教の歴史などのテーマを取り上げます。

なお,この科目は同志社やキリスト教についての初歩的な事項から講義する同志社科目の「基本科目」です。すでにこの分野である程度の知識のある学内高等学校(同志社,同志社香里,同志社女子,同志社国際)や新島学園高等学校の出身者で受講を希望する者は,同志社科目のうち「展開科目」の方を登録してください。




卒業をかけた一発勝負。
これに受かれば卒業、落とせばリアルに留年。
昨年度の成績分布では4人に1人ほどが落第しています。
まあ、一般教養ですし大量に発生すると考えられる放棄者を除外すると、実際にテストに挑んで撃沈した率は更に下がるかなと思いますが。
しかも内部生なので、絶対楽勝なはずなんですよー中高と6年間も新島襄と接してきたんですから。
とにかく、万が一にも落とせないわけです。

大学最後のテスト。
学生生活最後の試練。
絶対に負けられない戦い


もし落とした場合、このKKネタ帳がまさに3年がかりの壮大なネタブログになってしまいます。
(こんだけ偉そうに就職活動やらキャリアやら語って留年という。)
それはそれでネットの中では神になれそうですが、二度とリアルには戻ってこれない気がするので断固拒否。


という事で、この週末は家から一歩も出ず、PCも一切開かずにずっと勉強します。
教科書以外に万全を期して、中学時代の同じテーマ(内部進学なので)のテキストなんかも引っ張り出してきました。

絶対勝つ。
それだけです。
皆様、良い週末を。

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kkkosuke.blog122.fc2.com/tb.php/1179-e4bf73a8
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

KK

Author:KK
自称「日本最高」のマーケター(身長的に)。
2010年より外資系メーカーに勤務しております。
将来の夢はリアム(写真)になって、そしてカリブに海の家!!

日々の生活、マーケティング、広告、音楽、海外ニュース、とにかくアンテナにひっかったもんに対してつっこんでいこうと思います。

※あくまで個人のネタ帳であり、所属企業・団体等とは関係ありません。



こちらにはアイディアの種を撒き散らしてます。

http://kk196.tumblr.com/archive


↓Follow me↓
twitter / kk_196

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
DONATION.JP
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ

カウント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。