スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

内定先への想いやらなんやらをブレスト気味に綴ってみた。

 2010-02-03
来週から内定先の説明会やら、選考やらの手伝いをしに東京に行く。
以前も説明会でプレゼンした事があるけど、今回はESを突破して本気でうちに臨んでくる学生相手だし、また意味合いが違う。
極端な話、自分のプレゼンを見てうちに憧れを増してくれる人もしれば、またその逆の可能性もあるわけで。
そういう意味で引き締めていこう。

そんな本気の学生と対峙するにあたって、まずはブレスト感覚で内定先に決めた理由というか思いをまとめておきたい。


唐突やけど、自分が就職する予定の会社は文句なしに素晴らしい企業だと思う。
業界では世界一の企業ながら日本での組織が若く、ベンチャーと大企業の良さを兼ね備えた組織。

・キャリアパスが明確ではなく、その分自由度が高い。
・価格戦略中心ではなく、ブランドの価値に向き合えるマーケティングを身につけれそう。(曖昧やなあ)
・本格的な新卒採用が数年目なので、BOSSは他社出身である可能性が高く、色んなカルチャーのビジネススタイルを学べそう。
・自分たち周辺の数世代が、日本法人を生え抜きとして作っていく期待をかけられている。
・人材に対する考え方が、関わった外資系企業の中では一番ウェットだった事。
・自分のキャラクターが合わない、らしくない。他者から影響を受けれる幅が大きいかな。(ぶっちゃけキャラ的には商社が一番FITしたと思う。)
・グローバル企業のローカルな一拠点とはいえ、美の発信地としてのTOKYOには他のローカル拠点にはないマーケティング上の価値が、まだ数年はあるはず。

何度も書いてるけど、化粧品という商材自体に興味があるわけではない。
それでもこの会社からオファーをもらった時に、他の会社を切って即決できたのは、最終面接官だった事業部長クラス(今は副社長)の社員さんの存在が大きい。

もう実力差がありすぎて話がかみ合わない感覚。
最終面接がそんな散々な出来やったから、それはそれは凹みました。
ただその人から即決で内定をもらって、あの人と同じ組織にいれるなら、っていう半ば直感に頼った。
その後、別に内定承諾を渋っていたわけでもないのに、なぜか個別に面談を向こうからオファーしてくれて、その時に上のような話を伺って、自分の決断に自信と確信を持ったんです。

だから今は単純に内定先が大好きやし、働く4月が楽しみでしゃーない。


でもこうやって文章にアウトプットしてみて再確認したんやけど。
全ての要素が自己中心的に形作られていることが分かります。
内定先のビジネスを通して、社会にこういう影響を与えたいとか、こういう事を実現したい、っていうビジョンは皆無です。
そういうイメージが最もリアルに描き辛かった企業でもあるかもしれません。
今はそれでいい、と前述の社員さんに言われたのでそこまで気にはしてませんが。

実際にカウンターに行ったり、知人にプレゼントしたりして、化粧品に対する女性の反応を色んな局面で観察していて。
やっぱ化粧品って、消費財とか嗜好品という枠を超えて、女性の幸せの根源的な部分に関わるビジネスだなあと。
自分は数字やらデータやらと向かい合って仕事をするかもしれないけど、その先にいるのは彼女達で、彼女たちが毎日身につけて、それによって自信をつけたりできる商品を扱うんだと。
男性として多数の女性を幸せにできるとしたら、それはすごーく大局的に見ればその女性の側にいる男性の幸せにも寄与する素晴らしいビジネスではないかと。
思ったり思わなかったり。
まだまだ無理やり感はありますかね。

男性として化粧品に関わる意義みたいなものは、今のところそんな感じで思っています。
けどそれが一生かけて自分がしたいことかと言われれば自信はない。
まあ、それで良いと思う。
どんだけ尖ろうとしたって、結局は会社に属する以上はサラリーマン。
サラリーマンとして筋を通すには、まずは自分に与えられた仕事において120%取り組まないといけない。
って昨日プロフェッショナルで言ってた。
120%で働いて見える世界があるはずだしねー

まあ、なんしか楽しみですねと。


一回、ここで吐き出しておいてプレゼンにはこういう思いをもうちょいスマートに集約して伝わるような立ち振る舞いを意識していですね。
就職活動時に見た数々の勘違い内定者を反面教師に謙虚に、でも少しでも誰かに刺さる話を。
スポンサーサイト
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/02/04 16:26】 | # | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kkkosuke.blog122.fc2.com/tb.php/1182-d45fc3f9
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

KK

Author:KK
自称「日本最高」のマーケター(身長的に)。
2010年より外資系メーカーに勤務しております。
将来の夢はリアム(写真)になって、そしてカリブに海の家!!

日々の生活、マーケティング、広告、音楽、海外ニュース、とにかくアンテナにひっかったもんに対してつっこんでいこうと思います。

※あくまで個人のネタ帳であり、所属企業・団体等とは関係ありません。



こちらにはアイディアの種を撒き散らしてます。

http://kk196.tumblr.com/archive


↓Follow me↓
twitter / kk_196

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
DONATION.JP
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ

カウント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。