スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

消費財とラグジュアリーの違いを妄想してみた。

 2010-03-06
dior

消費財ブランドとラグジュアリーブランドの両方を同一社内に抱える企業は多い。
でも考えれば考えるほど、そのビジネスというか…構造自体がそもそも大きく異なっている気がしてならない。
どっちが良いかと問われても、基本的には好き嫌いの域を出ない答えしかできないのがもどかしい…。
だけど分からんなら分からんなりに自分で仮説を作り、残しておくことに意味はあると思うので頑張って考える訳ですが。


さて、いわゆる消費財ブランドとラグジュアリーブランドの違いはその源流にあると思う。

生活者のニーズからスタートするのが消費財。
デザイナーやブランドの歴史に基づく創造性からスタートするのがラグジュアリー。


安易にチャネル(販路)で括るのではなく、現場を知らない学生なりに、そういう定義をしてみたいと思う。
消費財のコンセプトの主語は生活者であるのに対し、ラグジュアリーの主語はいつだってデザイナーでありブランドだ。
もちろん消費財にだって創造性は不可欠だろうし、ラグジュアリーもニーズを考慮しつつ営まれているはず。
でもそこを経るフェースと比重が異なる気がする。


消費財が生み出されるまでのフローはなんとなくイメージできるものの、ラグジュアリーはブラックボックスなので、後者に絞って考えてみよう。

ことラグジュアリーのブランドビジネスにおいて、創造と経営は完全に分離すべきだし、それを担う人材も基本的には別である事が好ましいのではないかというのが結論。
創造と経営(デザイナーとマーケターとも言いかえられるか?商材によるけど)という概念が明確に区別される方が機能しやすいかなと。


例えばデザイナー自身に経営の裁量が集中すると、その職業的な特性を鑑みた場合、場合失敗する絵の方が描きやすい。
有名なラグジュアリーブランドのオートクチュールとかを手掛けるようなレベルのデザイナーって、ざっとコレクションとか見てるだけではぶっちゃけ理解不能に見えるほどぶっ飛んでる、いわば生粋のアーティストで…。
そこには経営とかいう現実的な視点を度外視して、もてるリソースを全てつっこむようなマインドセットがあって然るべきだし、そうでないとブランドに革新性など生まれるはずがない。

対して経営者は、限りあるリソースを合理的に配分することにより評価される。
ブランドをビジネスとする以上、最低限キャッシュという血液を流さなければ死んでしまうので、心臓的な役割でそこに経営という観点は不可欠。
心臓が死ねば、血液が止まり、脳(創造性)も死ぬ。
ブランドという器自体が世の中的に死んでしまう。


持てるリソースを全て使い果たし創造性を発揮するデザイナー。
リソースを適切に配分しブランドに永続性を与える経営者。


やっぱり完全に別の仕事ではないだろうか。
もちろん、高度に両者の要素を兼ね備えたデザイナーもきっといるんだろうけど、それは例外なはず。
自分が近づける可能性があるとすれば後者。
それはきっと間違いない。
まあ駆け出しは、何のために存在するのか分からん腋毛細胞くらいからスタートですが、いつか心臓細胞に昇進したいものです。


こういう流れで考え続けた結果、せっかくメーカーに入ったしブランドの上流部で仕事をしたいと思うのであれば、デザイナーやアーティスト気質ではない自分がより源流に近づけるのは、消去法ではあるけど消費財なのかなと。
消費財は脳と心臓の機能がそこまで明確に分けられていない気がするから。
思考タイプとしては、より動物的な外的刺激(ニーズ)からの反射行動がベースかなというイメージです。

なんか例えに深く入り込みすぎて、意味分からんくなってきましたが。
そんな事を考えた1日でした。
難しい、自分で読み返しても意味分からん文になっている感が否めませんが、一応残しておきます。

スポンサーサイト
コメント
面白い視点ですね。もし興味があるようでしたら「堕落する高級ブランド」って本を読まれるといいと思います。後、オートクチュールはそもそも不採算ラインですし、ランウェイでのスタイルはそのシーズンのイメージを表現してるものなので、実質的な採算ラインとはちょっと違うんですよね。
【2010/03/22 20:31】 | #- | [edit]
コメントありがとうございます!
「堕落する高級ブランド」、何度か書店で見かけた気がしますがスルーしていましたのですが、良い機会なのでAmazonで注文しました!
読み終わったらまたレビューできればと思います。
【2010/03/24 22:02】 | KK #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kkkosuke.blog122.fc2.com/tb.php/1190-a708f68f
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

KK

Author:KK
自称「日本最高」のマーケター(身長的に)。
2010年より外資系メーカーに勤務しております。
将来の夢はリアム(写真)になって、そしてカリブに海の家!!

日々の生活、マーケティング、広告、音楽、海外ニュース、とにかくアンテナにひっかったもんに対してつっこんでいこうと思います。

※あくまで個人のネタ帳であり、所属企業・団体等とは関係ありません。



こちらにはアイディアの種を撒き散らしてます。

http://kk196.tumblr.com/archive


↓Follow me↓
twitter / kk_196

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
DONATION.JP
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ

カウント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。