スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

こころを動かす講演会

 2010-03-18
こころを動かすマーケティング―コカ・コーラのブランド価値はこうしてつくられるこころを動かすマーケティング―コカ・コーラのブランド価値はこうしてつくられる
(2009/08/07)
魚谷 雅彦

商品詳細を見る


同志社出身で、日本コカコーラ会長の魚谷雅彦さんの講演会に、先週参加してきました。
タイトルはずばり本と同じ「心を動かすマーケティング」

著書(過去のレビュー)と同じく、マーケティングの細かい理論だったり、実際の戦略を話すというよりは、マーケティングを仕事にするにあたっての心構えや情熱を説くといったタイプの講演でした。
このブログを読んでくださってる方のニーズは細かい講演の中身にあると思うんですが、本に書いてある内容は省略したうえで何となく感じた事をひとつシェアします。
(同じ講演に参加したきもとしの記事もご一緒にどうぞ)


「全ては主観による知覚である」
この言葉が最も響きました。
マーケティングっていうと、なんとなく分析ばっかしてるイメージだったり、小難しい専門用語並べて企画書書いてるイメージってあると思うんですよね。
そこでは常に他の人に分かるように、主観に偏らず客観的にいる事が重要なのかなーと思っていた。

だけど良く考えれば、人間の思考が結局は自己で完結する性質を持っている以上、どんだけ本人が客観的に判断を下しているようでも、それは当人の中での主観的な判断に過ぎない。
だからこそ、統計情報とかインタビュー結果とにらめっこするだけじゃなくて、相手のこころを知ろうとする事が、マーケティングにおいては大切なんだなーと。
生活者の主観を、客観的に推定し、主観的に理解する。
最後まで客観的に理解しようとし過ぎて、無機質な生活者像で理解してしまうよりも、客観情報をもとにどれだけ生活者の主観を自分の主観で理解できるのか。
最後が自分の主観だからこそ、他の誰でもなく自分が仕事をする意味があるんです。
きっと。

当たり前のことかもしれませんが、以前より腑に落ちました。



講演会では休憩時間にお話しを聞いたり、サインをもらったり。
全体質疑でも、わざわざ自分の内定先の名前をあげて、外資系企業の中での自分の立ち振る舞いについてアドバイスを頂いたり。
いやー講演会に参加した誰よりも得るものが大きかったように思います。
いや、これマジで。

このつながりを活かせるように、ただいま暗躍中です、はい。

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kkkosuke.blog122.fc2.com/tb.php/1196-81a301aa
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

KK

Author:KK
自称「日本最高」のマーケター(身長的に)。
2010年より外資系メーカーに勤務しております。
将来の夢はリアム(写真)になって、そしてカリブに海の家!!

日々の生活、マーケティング、広告、音楽、海外ニュース、とにかくアンテナにひっかったもんに対してつっこんでいこうと思います。

※あくまで個人のネタ帳であり、所属企業・団体等とは関係ありません。



こちらにはアイディアの種を撒き散らしてます。

http://kk196.tumblr.com/archive


↓Follow me↓
twitter / kk_196

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
DONATION.JP
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ

カウント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。