スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

リーダーシップの旅 見えないものを見る

 2010-03-19
リーダーシップの旅  見えないものを見る (光文社新書)リーダーシップの旅 見えないものを見る (光文社新書)
(2007/02/16)
野田 智義金井 壽宏

商品詳細を見る


社長になろうと思って社長になった人はいても、リーダーになろうと思ってリーダーになった人はいない。リーダーは自らの行動の中で、結果としてリーダーになる。

この本の一番のポイントですね、これに尽きます。
この言葉に何か感じたり、刺さったりする人は、読んでみて損はないです。
読みやすいのに勉強になります。
就職活動中に「私の強みはリーダーシップです!」みたいなニュアンスの事を話そうとしてらっしゃる方、お願いだから面接前にこの本を読んでみましょう。


自分は小さい頃から、いわゆるリーダー的な役回りにつく事が多かった。
体と声がでかかったからかなーと、そうしてるうちに自分としてもリーダーとして振る舞う事に対して心地よさと慣れを感じたが故に、今でも色々とでしゃばリーダーな自分がここにいるわけです。
ざっくりと自分にはリーダーシップがあるとか思ってましたが、この本を読んで、その弱い自信は崩壊しました。
どちらかというと、組織の中でポジションを得て、権力行使と細かい人間関係を調整しながら、組織を無難に運営していくだけのマネージメントをしてただけだったと。
ふうむ、残念ですねー本当に。

リーダーたるもの、人には見えないものを見る、そしてそれを他の人にも見せる、そんな資質が必要なそうです。
そういうビジョナリーなリーダーシップは自分の成長機会だなーと、この本を読んで気付きました。
マネージメントとリーダーシップ、本書では分けて論じていますが、自分が両方兼ね備えられるだけの資質と経験がある思うし、せっかくなのでそれを目指して行こうと思う。


必要なのはざっくりと人間力。
そしてその人間力とかいう曖昧なものにも、指針を示してくれています。

人間が作り出すエネルギーには、それなりの大きさとインパクトがある。
そして、人間は何かをつくりだす過程や結果から他の人に対して感動を生みだす。
感動を糧にしながら「真・善・美」を求めて、人間は更に自らを成長させようとする。
例えそれらの概念が、知的生命体である人間が脳の神経中枢に作り上げた共同幻想に過ぎないとしても。

ちっぽけな、矛盾に満ちた存在である人間の本性を理解しながらも、ニヒリズムに陥らずに人間の営みに敬意を払うこと。
自分自身や周囲の人の「生」に対する愛おしさを感じること。
それが出来た時、私たちは例えばダライ・ラマが説く「慈愛と思いやり」を持ち、人間力を磨く事ができるのではないだろうか。
(P230)


大切にしたい言葉です。
自分はその共同幻想を扱いながら来年から生きていく訳で、その過程で自分の人間力も磨かれていくなと。
まずは色んなものに愛を持って接すること、それが匠の心にも繋がっていくわけですしねー

この時期にこの本を読んで、考える時間を青春18きっぷの旅で持てて良かった。



スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kkkosuke.blog122.fc2.com/tb.php/1198-f19d6e01
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

KK

Author:KK
自称「日本最高」のマーケター(身長的に)。
2010年より外資系メーカーに勤務しております。
将来の夢はリアム(写真)になって、そしてカリブに海の家!!

日々の生活、マーケティング、広告、音楽、海外ニュース、とにかくアンテナにひっかったもんに対してつっこんでいこうと思います。

※あくまで個人のネタ帳であり、所属企業・団体等とは関係ありません。



こちらにはアイディアの種を撒き散らしてます。

http://kk196.tumblr.com/archive


↓Follow me↓
twitter / kk_196

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
DONATION.JP
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ

カウント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。