スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

お値段以上、…だけじゃつまらない。

 2010-04-11
heya2

愛するニトリに発注したベッド及び寝具類が、昨日やっと新居に搬入されました。
これで一応部屋は完成。
机、椅子、棚、ベッド、ラックと、家電類以外はだいたいニトリ様のお世話になっております。
ニトリに就職し、縁も所縁もない新潟に左遷されたサークル某同期には頭が上がりません。

あんまりインテリアとかにこだわるセンスも知識も、そして何よりがない自分には、家具インテリア類のほぼ全てがニトリで事足りるかなーと思ってしまっています。
考えてみれば家具って、入学、入社、結婚などライフイベントの節目節目という何かと物入りな時期に購入タイミングがあるので、購入に際して重視するポイントが値段、この1点にフォーカスされている人が多いのではないかなあと思う訳です。
だからこそ、数ある商材の中でも家具を安く提供できるニトリの成長っぷりは際立っているのではないかと。


でもこの価格優位に基づく、1人勝ちっぷりに慎重論もあるようです。
例えば以下のような視点。

経済産業省の「商業販売統計」を見ると、大型小売店販売における「家具」の総市場は2006年以降減少を続けており、2006年と比べると現在は7割程度の規模しかありません。
その背景には家具の買い替えサイクルが長期化したことに加え、ニトリやイケアなどの安売り家具の影響が見えます。

引用元)ニトリの好業績に複雑な気持ちになる/外資系 戦略コンサルタントの着眼点

市場が3年そこそこで30%減というのは、なかなか由々しき事態です。
広告業界でいうと、電通とADKの取り扱いが一気に消滅したくらいのシェアですかね?(参考:http://www.dentsu.co.jp/ir/kojin/dentsu2.html
そんな変化が3年とかで起きたら、もう業界騒然の地殻変動ですよ、ほんまに。
その間ニトリが11期連続で増益を果たしているので、他の家具メーカーが相当困窮しているのは、想像に難くありません。

弱肉強食なので、ニトリを責めるつもりは一切ありませんが、ここまで業界に対して影響力を持てるようになったのだから、そろそろ安売り以外の次の一手も期待したいなあと思うわけです。
海外のデザイナーとコラボしたシンプルなプレミアムラインだったり、高機能な家具を提案したり。安易だけど。
実際にニトリの店内をうろつくと分かるのですが、メインの価格帯からやや割高な高機能商品も存在しています。
ただそれでもニトリの客単価が下がっているという事は、あんまりそこのラインは伸びてないっぽい。
「ニトリでそんだけ金出すならなら余所で買います。」みたいな人は多いんだと思う。
まだまだデザインや機能的には「安かろう、悪かろう」なブランドイメージは多分ある。
まずロゴ、そして広告がスーパーの安売りっぽくてイマイチなので。

ニトリがニトリである限り、そのイメージを根本から覆すのは難しいし時間がかかるので、別のブランドを立ち上げて既存店舗で展開してみたらどうだろうか。
例えば思い切って、MOMAやTate Modern辺りと組めたら面白い。
シンプルで機能的なデザインが多く、ニトリとの融和性が高いと思うし、特殊な素材を使ったりするわけでもないのでそれほど生産コストをかけずに、大きく付加価値が加わる。
固定ファンも多いし、多少ライセンスに金がかかっても、十分ペイできる気がします。
将来的な海外展開を視野に入れると大きな武器にもなるし。

MOMAやTate Modern側にもメリットはある。
ここらの商品ってデザインが秀逸過ぎるのでついつい買ってしまうものの、素材や製法はけっこうこだわらないので、実用に耐えかねるものが多々あります。折りたたみ傘とかロンドンの強風で2日でやられた…。
そういうもんだと言われれば、仕方ないのですが。
ただ自分はデザインも使ってもらってこそのものだと思うので、彼らにとっても生産コストを限りなく低く抑えながら必要以上の品質を実現しているニトリとの協力は大きな魅力でもあるかなとか思ったりします。


とまあ、こんな事を昨晩ベッドで妄想していました。
翻って化粧品業界は相変わらず低価格帯が伸びてるという記事をよく見ますが、テレビや電車内広告など単価高め&マス向けの媒体に、シャネルだったりエルメスだったり本物のラグジュアリーブランドの広告出稿が劇的に増えてる気がする(テレビっ子な自分の肌感覚ですが)ので、凄くポジティブな傾向で安心します。
安さが常に購買における一番の動機であるなんて、そんなにつまらない世の中嫌やもんなー
こういう時期にこそ、高価格帯の商品に対してしっかりと広告を打てる会社は強い、っていうか好き。

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kkkosuke.blog122.fc2.com/tb.php/1207-c5a06409
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

KK

Author:KK
自称「日本最高」のマーケター(身長的に)。
2010年より外資系メーカーに勤務しております。
将来の夢はリアム(写真)になって、そしてカリブに海の家!!

日々の生活、マーケティング、広告、音楽、海外ニュース、とにかくアンテナにひっかったもんに対してつっこんでいこうと思います。

※あくまで個人のネタ帳であり、所属企業・団体等とは関係ありません。



こちらにはアイディアの種を撒き散らしてます。

http://kk196.tumblr.com/archive


↓Follow me↓
twitter / kk_196

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
DONATION.JP
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ

カウント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。