スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

就活のバカヤロー

 2009-01-09
就活のバカヤロー (光文社新書)就活のバカヤロー (光文社新書)
(2008/11/14)
大沢仁石渡嶺司

商品詳細を見る


確かに就職活動ってしょーもないなって思う事も多々ある。

説明会で「やりがいは何ですか?」と聞くバカ。
集団面接で周囲の大学名だけで凹んで帰ってくるバカ。
就職活動のネタにと海外旅行とかしてくるバカ。
偉そうに断定口調で全てを語る内定者バカ。
ただの営業をコンサル営業というバカ企業。
前の質問の流れで答えた事柄をもう一回聞くバカ面接官。(おそらく質問の流れが決まってると思われる。)

まあ偉そうに書きましたが。自分もそういうバカな茶番の登場人物のひとりなわけで。

バカヤローと言われようが、茶番だと言われようが、当事者である学生はそういう就職活動の現実から逃れられない。
「就職活動」っていう決まったテンプレートを忠実にこなしていけば、そこそこの企業から内定がもらえる。
考えなくていいから楽だし、皆一緒で安心なんだろう。
何だかんだシステム的に日本人には合ってる気がする。


こんだけ就職活動をけなすのであれば、筆者は理想の就職活動像を提言するべきではないか?
アメリカのように卒業直前に決めるのが正解?
それとも昔の日本のように4年の夏解禁が正解?
長期業務体験型以外のインターンは全滅するのが正解?
分からないよなーそんなの。

自分は筆者が非難する典型的就職活動生だと思う。
(学歴コンプレックスあり、大学ではろくに勉強しない、インターンには参加、就職活動を早期にスタート)
就職活動はある程度テクニックてカバーできると本気で思ってる。
どうしても行きたい企業がある時、偽りのない自分で内定できるなんて保障はない。
就職活動ってそんなにキレイごとばっかが通用する世界じゃないと思う。

目先の面接の結果じゃなく、10年後、20年後を見ろ。
とか良くいうよね。
これも俺に言わせれば少しずれてる。
目先の面接で結果を残す事が、自分が思い描く将来像の大前提になってる場合だって多いはず。
就職する企業によって、走るコースも距離もスタートラインの位置も変わるはずだから。

だったらできる限りの情報収集を行って、精一杯対策を練り、相手に良く見えるように少し自分の見せ方の角度を変えるくらいの努力はして当然なはず。
そういう学生側の努力を「気持ち悪い」の一言で片づけてほしくないなーと思ったり。

確かに何にもしなくても就職活動でいわゆる難関企業から軒並み内定をもらう人もいる。
(5社受けて5社内定とか。日銀・マッキンゼー・GS内定とか。)
そういう人はそれでいい。別格だから。
そうじゃない大多数の人が、こういう人たちと同じ企業に入りたいと思うと、何十倍も対策や情報収集に時間と労力をかけないとそもそも勝負にならんでしょー


4年間過ごす大学の為に、早い人で小学校高学年から準備を始める。浪人だって普通だし、それこそなりふり構わず対策を講じるはずだ。
何の対策もせず地頭だけで東大受かる人が何人いるでしょうか?

対して30年以上の時間を過ごす可能性だってある企業を数か月で決める事が推奨される事は正しいのか?
その為に精一杯の努力をする事が何故否定されるのだろう?
大学と企業、どっちが人生における影響のウエイトが大きいのだろう?
そもそも自分にとって就職活動自体、内定だけが目的ではない。
文系学生にとっては貴重な(強制)学習のチャンスであり、社会との接点であるはず。

だからこそリクナビや合同説明会、インターン等、リソースは貪欲に利用して多くの企業を知って、納得したうえで企業を決めることはすごく大事だと思う。


この本の問題提起は大事だと思うし、大学(特に文系)の教育が就職活動によって形骸化している現状は確かに憂慮すべき。
だけど、批判ばっかりして、そこに独自の視点であったり分析だったりがない。
この本こそ筆者が批判している「2ちゃんねる」とか「みん就」の書き込みとぶっちゃけ大差ない。
(と個人的には思う。)


さーさー俺は後少し「茶番」を楽しんで「成長」したいと思います。

※ちょっと感情的に、かつ速読で読んだので筆者の意図が汲み取りくれてないかもw

まー就職活動に対するモチベを新たにできたから良かった♪
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kkkosuke.blog122.fc2.com/tb.php/524-0e95b51d
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

KK

Author:KK
自称「日本最高」のマーケター(身長的に)。
2010年より外資系メーカーに勤務しております。
将来の夢はリアム(写真)になって、そしてカリブに海の家!!

日々の生活、マーケティング、広告、音楽、海外ニュース、とにかくアンテナにひっかったもんに対してつっこんでいこうと思います。

※あくまで個人のネタ帳であり、所属企業・団体等とは関係ありません。



こちらにはアイディアの種を撒き散らしてます。

http://kk196.tumblr.com/archive


↓Follow me↓
twitter / kk_196

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
DONATION.JP
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ

カウント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。