スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

Feedback is Gift

 2009-01-24
某社のフィードバックをもとに今後の戦略を練り直してみる。

【フィードバック】
・基本的能力(?)は十分
・将来へのヴィジョンは明確(それに対する行動も筋が通っている)
・多方面への知識豊富
・受け答えも的確→コミュニケーション能力
・咄嗟の対応能力も悪くない→アドリブ
・他者に対する影響力の強さを感じる
・会話における表現力が素晴らしい→プレゼン

・出来上がりすぎていて、伸びしろを感じない→だったら中途でとる。
・押しが強すぎる
・リーダーを担ってきたのだろうが、自分の中でのリーダー像が不明確→周りが迷う
・吸収力がなさそう
・プレゼンと会話をはき違えている→緩急がない
・無意識のうちに、その発信力のせいで他者の意見をつぶしていないか?
・新卒で働いているイメージが希薄



概ね以上のような内容と理解した。
クライアントありきの業種(コンサル、広告、商社も?)への不適合を指摘された気がする。
息を吐いたら、空気を吸う。
「呼吸」と同じ。
OUT PUTしたらIN PUTする。
意見を言ったら、意見を聞く。
つまり、持論を展開するだけでなく、相手(クライアント)の意見も大切にする。
そういう姿勢を求めているのだろう。

となると自分の特性というものが、見せ方次第でマイナスにかたむくってのは凄く理解できる。

っていうかこれって以前頂いたフィードバックと同じやー
消化したのに、気をつけたのに、尚その点が気にされるって事は…

まあこれ以上は今は考えないでおこう。

とりあえず自分の「押しが強い」と括れる特性(すべて長所の裏返しだと思うから弱みとは言わない。言いたくない。)を活かすのであれば、違った業態、違った職種ってのは考える必要があるはず。


実際、
「頭も良いし、優秀、面接や社員訪問での評価も常に高いから、今のまま普通にやれば色んな企業で内定はゴロゴロもらえるはず。そんな中で可能性として、クライアント系の業種においては苦戦するかもしれないと思う。もし、そういった業種を未だに望むのであれば、そこはもう一度考える必要がある。」

といった文脈があった。(色々あってうる覚え)
重要なのは後段。
ここにこの言葉は凄く価値があるし、ありがたい。
幸か不幸か、この段階で成長のチャンスを頂けたので、これを踏まえた上でしっかりと消化できれば、もの凄い成長できる気がする。
やっとポジティブに捉えられてきたな。

けっこう無駄にポジティブな自分なので、こうやって結果を伴う形での弱みの認識は貴重です。

「弱みを受け入れた人間ほど怖いものはない」
by 昨日の特命係長只野仁

ん、さっき弱みじゃないって言ったばっかか。
まあいいやーとりあえずそういう側面もあるかもと知った。
それだけで前進。

こっから先の自分の可能性が怖いわーとか言うてみる(自己暗示)

少しづつ…インターンからこれまでの事をアウトプットしていく事で、次への原動力にしよう。
こっからやー


スポンサーサイト
コメント
レベルが高いね。


ふと電車の中で、本を読んでて、気がついたから書いてみた。

明治大学文学部教授の斎藤孝さんの本の
「1分で大切なことを伝える技術」PHP新書 2009年1月30日出版

の中に、

哲学者メルロ・ポンティの著述が紹介してあって、
「彼は自分の意見を一方的に述べるのではなく、ある意見とそれに反対する意見を述べ、さらにその対立を乗り越える論理を述べる」っていう対話形式で本を書いたらしい。
で、そのほうが、ものごとを立体的に理解しやすいって書いてた。

プラトンの国家も対話形式で本を書いてる。

会議とかでも、そのほうが、参加者全員が内容を深く理解できるらしい。


明日、とりのすけ☆
【2009/01/24 23:42】 | かーねる #- | [edit]
>かーねる
「彼は自分の意見を一方的に述べるのではなく、ある意見とそれに反対する意見を述べ、さらにその対立を乗り越える論理を述べる」
これ凄いな…すぐにできるとは思わないけど意識しときたいな。
面接でそんな事するやつは嫌やけどなw

明日は昼飯抜きで食べ放題に挑みます!!
【2009/01/25 00:21】 | KK #- | [edit]
>無意識のうちに、その発信力のせいで他者の意見をつぶしていないか?

発信できない方が悪い、と初めに思った俺は、日本企業ムリでしょうか。
つぶれるような意見は、もともと弱かったんじゃないかと・・・
他人の会話を聞いたうえで、しっかりそれに反応していける能力を他人に求めた方が早いんじゃないか?
positiveに言えば、この部分のフィードバックは、 Diversityが促進され垣根ない組織の中で切磋琢磨して生きていける可能性を示してるんじゃないかい。
欠点を直すことが、長所を削ることになるジレンマが時として起こりうるよね。

寛容さはなくしてはいけないし、意見の多様性をなくしてもいけない。でも他人の発言に対する覚悟やその内容まではどうしようもできない。深いフィードバックじゃ~
【2009/01/26 07:26】 | TJ #- | [edit]
>TJ
このフィードバックのは表裏一体やからね。俺も部分的にポジティブに受け取ってるし。
PGのGDで「自分が話している時間が多くて、話さない人が数人いました。それが反省点です。」って言ったら、「いいじゃん。話さない=出せるバリューがないんだから」ってFB受けた。同じ特性を見ても業種によって違う受け取り方をする典型やね。

今回に関してはクライアントサービスの会社やし、その部分で殺してはいけない意見(クライアントの意見)をつぶす可能性を感じられたんやと思う。クライアントの満足度が全てだから。
そこはこっから修正してみせる!同年代でも凄いやつはそれすらコントロールするんやから!!
【2009/01/26 14:38】 | KK #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kkkosuke.blog122.fc2.com/tb.php/557-71bab365
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

KK

Author:KK
自称「日本最高」のマーケター(身長的に)。
2010年より外資系メーカーに勤務しております。
将来の夢はリアム(写真)になって、そしてカリブに海の家!!

日々の生活、マーケティング、広告、音楽、海外ニュース、とにかくアンテナにひっかったもんに対してつっこんでいこうと思います。

※あくまで個人のネタ帳であり、所属企業・団体等とは関係ありません。



こちらにはアイディアの種を撒き散らしてます。

http://kk196.tumblr.com/archive


↓Follow me↓
twitter / kk_196

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
DONATION.JP
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ

カウント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。