スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

Head & Shoulders = h&s = Hair & Skincare

 2009-02-11
Head & Shoulders = h&s = Hair & Skincare

ある本を読んでて、サブいぼたつくらい興奮したマーケティング戦略の式。

h&s a

hs a hp
http://www.headandshoulders.com/en_US/
米国を中心にフケ防止を機能的価値として訴求するHead & Shoulders、通称h&s。

hs jp

hs jp hp
http://hscare.jp/index.html

日本独自のブランドコンセプト、ヘッドスパ毎日の地肌ケアで根本から美しい髪に、という感情的価値を中心に訴求するh&s。


パッケージから、WEB、CM表現、訴求価値までかなりの違いがあります。
なのに…

中身一緒!!
(成分的に。)

そもそもH&Sっていうブランド名で統一されてるものの、「Head & Shoulders」 と「Hair & Skincare」って形でコンセプトを変えてきている。

Head & Shouldersは海外で売れてるのに日本で売れなかった代表例の商品。
フケ防止を全面に打ち出して失敗。
アメリカで売れてるものを、日本にそのまま持ってきても売れないっていう有難い教訓の残して撤退したブランドだったと記憶してます。

それを地肌ケアっていう新しい価値を押しだす事で、あたかも全く新しいブランドのように見せる。
そして売る。
なんてしたたかなんや…。
実際、海外とかでHead & Shouldersの存在を知っていた自分でも、Head & Shouldersと日本のh&sは結びつかないほどイメージ的に一新されている。
Head & Shouldersはなんか安物イメージだから。


成分を調べてて、ジンクピリチオンが両者に配合されてる事が分かった。
wikipedia先生によると、この成分、花王のメリットにも使用されてるとのこと。

メリットには、なんか凄く安っぽいイメージがある。
ちょっとググるとhttp://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q143080899こんな感じで、フケ防止をうたってるのに、余計フケが出るという致命的な風評が定着してるブランド。

メリットとh&s。
そんな商品と、同じ成分を使用しながら、このブランドイメージの違い。



すげーなー
さすがP&G。
世界一のマーケティングって言われるだけあるよな。
これこそブランドの力。
憧れる。

やっぱ彼らの強みはマーケティングにある。
間違いない。

h&sだって、40年前から展開されている商品と成分一緒なんやから、ほとんど研究開発費かかってないはず。
マーケティングだけで、地肌ケアっていう新しいカテゴリーを創出して、一度消費者に拒絶されたブランドを日本に根付かせた。

Head & Shouldersとメリット、成分的に同じで日本で失敗した商品。
世界的に見ても厳しいと言われてる日本の消費者に、それらと同じものを喜んで買わせる…。
なんやったらちょっと高級シャンプー的なイメージすらある。

ほんとしたたかというか、なんか意地やプライドを感じます。
こわ。

やーさぶいぼ。
スポンサーサイト
コメント
1.先日、送ってくれたというお手紙が、まだ届きません。
どうやら、郵便屋さん(99%イギリスの)が食べたか失くしたみたいです。先日の雪のせいかも。この北国は雪に弱い・・・・・ハァ

2.ユニリーバの会社説明会がBristolであったし行って来た。
基本的に卒業生用のインターンの説明やったんやけれども、その内容にOJTって出てきてびっくりした。イギリスでも聞くんやなーと。

マーケティングの話も多くって、Brabd building(local level)とBrand development (International level)の2次元でマーケティングを展開してるとか。

人事の話をするのか講演者に聞いたら「出来る!」っていうから、最後の質問コーナーで聞いたら、web以下の説明しか返ってこないという悲劇でした。
究極のインターン地?・・・
http://www.unilever.com.lk/ourcompany/careers/the_next_step/internship_program.asp

3.マーケティングって時として虚しい職な気がするねん。
P&Gは、成分が同じでもマーケティングで花王に買ってシェアを取ってるわけなんやろ。
特に質のより良いもので人々の生活を改善するような勝負をしてるわけではないなら、そこでマーケティングの社員のモチベーションってかなり自己中心的で、利己的なものになるよな。

4.人事のひとが”自分に嘘をついて仕事をするとき”ってどんな時かって、興味があれば考えてみてー
そしてDiversity等に独自性をもったアプローチをしてる企業の名前を知る機会があれば、また教えてねー

5.ブログで留学特集してます。
サークルの後輩とかでイギリス興味のある子いたら、参考になるかもしれんしまた機会のある際に教えてあげて。


では、インターン楽しんで! 俺は勉強やばい!!
【2009/02/15 09:55】 | TJ #- | [edit]
>TJ
とりあえず例の物は、次大学に行く時にまた調達するわ。ToDoリストに入れときます。

えーとマーケティングの話やね。
ちょっと書き方が悪かったかもやけど、主成分が一緒なだけで品質が一緒かというと分からんよな。商品と消費者には出会いが2回あって、(1)店頭での初めての出会い、(2)商品を実際に使った時の出会い、がある。マーケティングとか広告とかって(1)のコミュニケーションをデザインするんやけど、(2)への影響はさすがに限定的やねん。
そこはやっぱR&Dの分野になるし、メーカーが高い利益を上げようとすると、マーケティングと同じかそれ以上に研究開発投資は欠かせない。PGがこんだけ支持されるって事は、質の面でも高いレベルを保ってると推定できるはず。
だから一概にPGの製品が消費者の暮らしの向上に寄与してないかというと、俺はそうは思わない。多分担当者は商品を愛してるし、その愛する商品を一人でも多くの人に届けたいっていうメンタルやと想像する。じゃないとやってられんよなー
マーケティング戦略で優位を保ち、高い利益を挙げる事が、さらなる競争の優位をもたらし、より質の高い商品を広く市場に投入できるんやし。

文系の自分としては、「何でも売れる技術」ってのには凄く魅力と可能性を感じる。
【2009/02/16 01:24】 | KK #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kkkosuke.blog122.fc2.com/tb.php/603-e68d3940
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

KK

Author:KK
自称「日本最高」のマーケター(身長的に)。
2010年より外資系メーカーに勤務しております。
将来の夢はリアム(写真)になって、そしてカリブに海の家!!

日々の生活、マーケティング、広告、音楽、海外ニュース、とにかくアンテナにひっかったもんに対してつっこんでいこうと思います。

※あくまで個人のネタ帳であり、所属企業・団体等とは関係ありません。



こちらにはアイディアの種を撒き散らしてます。

http://kk196.tumblr.com/archive


↓Follow me↓
twitter / kk_196

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
DONATION.JP
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ

カウント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。