スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

インフルエンサーマーケティングの妄想

 2009-04-19
インフルエンサーマーケティング
参考)
http://www.bluecurrentprjapan.com/marketing/index.html
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/JIREI/20080415/299030/

結構興味のある分野だったりする。
まさにPRとマーケの融合する特殊な技術だよなー。
ここを専門的に扱ってる人って日本では少ないらしい。


この分野で先進的な取り組みをしてるのがP&G。
生活者参加型マーケティングでV字回復した P&G

マス広告とかって、やっぱりどうしても何らかの切り口で消費者をカテゴライズして、そこに向けてのメッセージを発信するのが従来のあり方だったと思う。
一般的にライフスタイルが多様化する現代においては、そういった従来型の地引網的なマーケティングじゃなくて、個々人の趣向により沿った形での一本釣りマーケティングが求められてるらしい。
まあ、この辺りはなんとなく実感としてもあるよねー

そこで、インフルエンサーと呼ばれる影響力のある人を利用しながら、うまくマーケティングしてこうよってのが一般的なインフルエンサーマーケティングの定義かと思う。


The Influentials: One American in Ten Tells the Other Nine How to Vote, Where to Eat, and What to BuyThe Influentials: One American in Ten Tells the Other Nine How to Vote, Where to Eat, and What to Buy
(2003/01/07)
Edward KellerJonathan Berry

商品詳細を見る


未読だけど。
彼らの主張によれば、アメリカ国民の10%が、残りの90%の好みや消費内容を決定づけている。
とあるので、まあ理にかなってる。
1人のインフルエンサーを動かせば、残りの9人も動くんだから効率が良いよな。

ここでのインフルエンサーってのは、読者モデルとかそういう人だけじゃなくて、意外と色んなとこにいるのがポイント。
各コミュニティーには、それぞれのインフルエンサーがいる。
つまりは、人はインフルエンサーであると同時に、違うコミュニティーにおいてはインフルエンスされる側でもあるだろうってのが自分の理解。
そうするとまたマーケティングの対象が全員に広がってしまうのか?

けど、自分が特定商品のマーケ担当だったとすれば、話は別な気がする。

例えばやけど、ラグジュアリー系のコスメ(シャネルとかランコムとか、ドラッグストアに売ってないやつ)のインフルエンサーになるべき美容部員が、単なる商品との接点に成り下がってるのがもったいなく感じる。
彼女たちをうまくブランディングする取組ってあるのかな?
カリスマ美容部員っていない気がする。



関係ないけど、柳原可奈子のネタに美容部員ネタがあるんやけど、そのネタをどっかのブランドが買わないのが不思議。ネタの中でブランド名が露出すれば、けっこうな広告効果がある気がする。イメージ悪いか。

おもしろ方向じゃなくても、なんらかの方向で美容部員はインフルエンサーになりうるだろうと思う。
既存のインフルエンサーにアプローチするだけじゃなく、新たなインフルエンサーをブランド毎にプロデュースするというか。

前述したP&Gに関しては自社に有益なインフルエンサーを開拓して、組織化に成功してる点で凄いんやと思うし。
http://tremor.com/index.html


話をラグジュアリーコスメに戻すと…。
既存のインフルエンサーとして認識されてる、各種モデル、ブロガー、@cosmeの住人、この辺り以外を開拓しないと差がつかない。

美容部員に関しては、意外と消費者のロイヤリティというか、信頼度は低いんじゃないかなーというのが私見。
選考進んでる間に、化粧品売り場をうろついたり、美容部員のお姉さんに話聞いたりしたんやけど、美容部員って結局は販促のツールの域から出きれてない印象。
もちろんカウンセリングとかはしてるみたいだけど、基本的には規定のメイク方法を細かくマニュアル化されてるから、けっこう画一的なメイクを施さざるをえないらしい。
それを客も分かっていて、後に予定がある日は化粧品売り場はうろつかない、って子が多かったりする。

考えてみれば、自分らと同い年の女性って中学生くらいからメイクしてるわけで、キャリア10年のベテランなわけですよね。
自分の肌を誰よりも知ってるから、結局は自分でやった方がキレイになったりとか。
そうなると、その化粧品に対する興味は薄れてしまうんよな。きっと。いつもの方がいいかーみたいな。

だからこそ、新しいメイクを習得する必要のあるライフイベント系の時期に、しっかりと仕掛けをするのは大事。
就職活動の合同説明会とかで、しゅーかつメイク講座的なイベントが企業協賛で行われてるのは、そういう事かーと。
数少ない強制的なメイク変更時期ですからね。

そういうのじゃなくて、もっと日常的に影響力を行使できるインフルエンサーはいないものか…。


って考えてて美容師なんか良いんじゃないかと思った。
髪っていう、女性の命を預ける美容師には女性はそれなりの信頼を置いているだろうし、美容師の発言には、知らない読者モデルなんかより重みがあるやろー
男やって、美容師に勧められて市販されてないワックス使ってるやつ以上に多いしね。クスタとか。
調べてみるとセバスチャンとかいう全然聞かない会社の商品。
それがここまで浸透してるのは凄い。チャネルが極狭かつ、広告費はゼロに近いはずだし。
多分こういうワックスを最初に店で使い始めるのって、美容師の中でもアンテナ張ってる人で、その人にカットしてもらう人もまたファッションとかに詳しいインフルエンサーというかオシャレ番長だったりするんだろうから。そこの影響力はなめてはいけない。

インフルエンサーになりうる美容師をコミュニティとして組織できないだろうか?
そしてサロン内での化粧品に関するコミュニケーションをコントロールできないだろうか?


その人たちへのアプローチは、波及効果が半端じゃないはず。
なんせサロンは美容系の話題のリアルコミュニケーションの場として、もっとも自然だし。
少なくとも初対面の美容部員の何倍も信頼感があるはず。

「この髪型には、こういうメイクがあうよー私はこれ使ってるんだー」
っていう会話。
ここを握れば強いだろう。
女性なら年間10回ほど通うわけだし、毎回じゃなくても継続的なアプローチはジワジワ効くんでは。

サロン向けのシャンプーとかを営業さんが売ってるはずだから、ネットワーキングは意外と容易で、必要なリソースもすでに社内にありそう。

まあ、サロンにいけばメイクもメニューとして普通にあるわけで、知らないだけであるんだろうね。
ただそこをインフルエンサーと捉えて、しっかりとコミュニケーションを練ることは意外と未着手かなーと感じたり。




まあ、全部妄想ですけど。
頭の体操やね。

寝よう。
スポンサーサイト
コメント
興味深いねー
自分はマーケはよく理解できてないんだけど...

とりあえず、おっしゃる通り、芸人のギャグはめちゃくちゃもったいない
企業が買い取るべき、絶対
得意の吉本×電通でやってしまえばいいのに...

前に某109系女性ファッション最大手のアパレル企業のトップクラスの人と話してた時に、
『店員にもっとチャンスを与えないんですか?ランクをつけたり、日の目を見させる場を作ったり...』
って聞いたら、
『うちのブランドの店員として働けてるだけ十分でしょ』
って言われたことがあった。

おそらく化粧ブースの美容部員なり、美容師なり、店員なりをインフルエンサーとして機能さえようとすると、その人達の格付けが今度は必要になってくる訳で、それはKKが言ったようにコミュニティを形成(プロデュース)することによって、格付けができればいいんだけど、現状としては企業側でそれを受け入れる体勢が整ってなさそうだね。
多分化粧品売り場の店員も、雇用してる企業からしてみれば、うちのロゴの前で働けてるだけでいいでしょ的な。
もったいないよね。
おそらくそれが金になるとわかっていても、そのマニュアルを入れる隙間って今はすごく難しいから、だからこそ開拓できればおもしろいと思う。

美容師も関西初で一時期トップだったサロンと色々やってた時に知ったんだけど、とんでもない激務なんだよね美容師って。
なにより技術向上が最優先だから、そういうことになってるんだと思う。
いかに商品を売り上げるかみたいな部分の評価も、顧客獲得と同様に評価するシステムが成り立てばおもしろいよね。
後問題なのは、メディア向けのメイクと日常のメイクは手法というか根本から全く異なってて、どんなにかわいいカットとメイクの女性を雑誌で担当してる美容師さんでも、いざ素人にやってみるとみんな驚く程そのメイクに嫌がる。
これは俺も驚いた、しかも俺から見ても似合ってないんだよね。
だから、今のところメイクにおける美容師に対する信頼って、今のところあんまりないんだよなー
美容師業界大不況だから、逆にやるなら今かもね、収入源をを欲してる。

でもよくよく考えればそこをすでにIKKOが開拓してるんだよね...
もうけまくり
すごいわ。
【2009/04/21 17:06】 | tteam #- | [edit]
あ、ちなみに大分前の109店員ブームはViViがつくり出したものなんだよね。
だから美容師をインフルエンサーとして機能指せようとするなら、美容師だけ特集したメディアを作って、ブーム起こすのもよさそうー
ちょっとまえのチョキチョキとの差別化は必要だけどー
【2009/04/22 12:11】 | tteam #- | [edit]
>TOSHI
コメントありがとうー
服とかと違って化粧品に関しては、雑誌単位っていう女性のカテゴライズが難しそう(感覚的にやけど)やから、メディアの選定って難しそうよな。
美容部員にしても美容師にしても、カリスマ1人じゃしれてるし、やっぱ組織化しちゃって、まとめて露出させるのが早いよな。AKB48的なw

美容部員のブランディング。ちょっと真剣に考えてみようと思いますー
【2009/04/22 21:51】 | KK #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kkkosuke.blog122.fc2.com/tb.php/712-08162b09
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

KK

Author:KK
自称「日本最高」のマーケター(身長的に)。
2010年より外資系メーカーに勤務しております。
将来の夢はリアム(写真)になって、そしてカリブに海の家!!

日々の生活、マーケティング、広告、音楽、海外ニュース、とにかくアンテナにひっかったもんに対してつっこんでいこうと思います。

※あくまで個人のネタ帳であり、所属企業・団体等とは関係ありません。



こちらにはアイディアの種を撒き散らしてます。

http://kk196.tumblr.com/archive


↓Follow me↓
twitter / kk_196

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
DONATION.JP
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ

カウント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。