スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

1×1≠1

 2009-05-05

今さら感がただよう紹介ではありますが。

ぶっちゃけTV向きでないおばさん×歌唱力
という組み合わせでオンリーワンの価値を生み出した例です。
もちろん歌はうまいんだろう(ジャンル的によく分からん)けど、ポイントはそこじゃない。
皆触れてるけど、そこに圧倒的なギャップがあるからおもろーなわけで。

基本的にこういうコンテンツはTwitterとかブログとかで広がってく類のものだから、単純に凄いだけではなく、ある程度のネタ性が求められるんだと思う。

こういうギャップに世界中の人々が一斉にツッコミを入れる構図も、きっと新しいバイラルの形なのかもしれません。
それを分かりやすくビジュアル化してるのがニコ動か…。




外国人×演歌×ダンス(?)
ジェロもそういうギャップというか意外性の産物である気がします。
そこをしっかりと認識しつつ、あえてベタベタの演歌である海雪をデビュー曲にぶつけてきたところにプロデュース側の巧みさを感じていました。

これは凄い個人的な意見ですが…。
「わたし、男子校出身です。」という著書の通り、同じようなギャップを本来売りにしていたはずの椿姫彩菜さんなんかは、バックの苦労が立ち過ぎていてツッコミ辛い構図ができているので、こっから先女性タレントというフィールドで戦っていかなければならない分、厳しいのではと思います。
客観的に見て、女性として、女性タレントにない付加価値といえば「男」というポイントに最終的には落ちてくるはずなので。
いや、僕は凄く好きですし、尊敬してますけどね。
いやいや、尊敬っていう単語が出てくる時点で、普通のアイドル的な立場で見てないのかもしれません。


これは彼女に限ったことではなく、ギャップの効果は瞬間風速的なターボにすぎず、そっから先は純粋な競争が待っていうものなのかもしれないですね。
ジェロも海雪以降、それほどヒットに恵まれた印象がありません。
性格的に大味なぶん、消費的なコンテンツになってしまうのでしょうか。


とりあえず今後はやりそうなギャップは…。


※食事中の方、ごめんなさい。

ハーフ美女×わきげ
まさに組み合わせの妙ですね。
つい最近、ある深夜番組で紹介されてました。
日本もついにここまできましたねー
個人的にはリアディゾン以上に衝撃的だったのですが。
このキャラクターを自ら編み出したのなら、圧倒的なブランディング能力です。
今後の活躍に期待です。
育毛剤のCMとかいかがですか?





何かを持っている前提で、そこから頭ひとつ抜け出すのなら、何らかのギャップを戦略的に用いるのはかなり有効なようです。
そーいえば、しゅーかつでも内閣府×DJっていう順番で話すとなかなかウケたしなー

ギャップの演出は常に追求しておいて損はないなー。
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kkkosuke.blog122.fc2.com/tb.php/731-db6d83f4
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

KK

Author:KK
自称「日本最高」のマーケター(身長的に)。
2010年より外資系メーカーに勤務しております。
将来の夢はリアム(写真)になって、そしてカリブに海の家!!

日々の生活、マーケティング、広告、音楽、海外ニュース、とにかくアンテナにひっかったもんに対してつっこんでいこうと思います。

※あくまで個人のネタ帳であり、所属企業・団体等とは関係ありません。



こちらにはアイディアの種を撒き散らしてます。

http://kk196.tumblr.com/archive


↓Follow me↓
twitter / kk_196

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
DONATION.JP
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ

カウント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。