スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

卒論テーマ発表当日

 2009-05-08
M&Aファイナンス (新金融実務手引シリーズ)M&Aファイナンス (新金融実務手引シリーズ)
(2006/03)
笹山 幸嗣村岡 香奈子

商品詳細を見る


M&A ファイナンシャルデューディリジェンスの実務M&A ファイナンシャルデューディリジェンスの実務
(2006/12)
デロイトトーマツFAS

商品詳細を見る



とりあえず2冊読んでみました。
どちらも相当実務よりでしたが。

そんな中でも、なんとなくM&Aの中でもファイナンス、特に企業価値算定に興味を持ちました。
M&Aやグループ再編における、企業価値測定の方法としては、(1)純資産法(2)マルチプル法(3)DCF(Discounted Cash Flow)法が広く知られているようです。
特に、日本においては将来会社が生み出すフリーキャッシュフローを企業価値とするDCF法が、企業価値算定法として主流だそうです。

これらの評価法によって、日本の上場企業の企業価値をそれぞれ算出してプロットしたり、実際のM&Aの対象になった企業の前後の企業価値と買収価格を比べたりすると面白そう。

この作業をしていくうちに、どの算出法が実際の時価総額に近いかが見えてくるはず。


つまりテーマとしては…。
純資産法、マルチプル法、DCF法の比較検討に基づく、企業価値算出の有効性

んー少しは会社法っぽくなったかな?
むしろ商学部よりなのかもしれないけど…、もうこれくらいが限界です。

とりあえず、デューデリジェンス周りをします位の感じで一回投げてみて反応を見よう。
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kkkosuke.blog122.fc2.com/tb.php/735-d6826199
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

KK

Author:KK
自称「日本最高」のマーケター(身長的に)。
2010年より外資系メーカーに勤務しております。
将来の夢はリアム(写真)になって、そしてカリブに海の家!!

日々の生活、マーケティング、広告、音楽、海外ニュース、とにかくアンテナにひっかったもんに対してつっこんでいこうと思います。

※あくまで個人のネタ帳であり、所属企業・団体等とは関係ありません。



こちらにはアイディアの種を撒き散らしてます。

http://kk196.tumblr.com/archive


↓Follow me↓
twitter / kk_196

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
DONATION.JP
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ

カウント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。