スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

就職と周りの評価

 2009-05-12
久々の就活関連エントリー。
テーマは「就職と周りの評価」についてです。

前にも似たようなテーマで書いたんだけど、最近またこれを感じる出来事があったので。

以前からお伝えしてるように、自分は外資系の化粧品会社からの内定を受諾しました。
もちろん自分自身の満足度は限りなく100に近い、満足のいくものでした。
就職活動に時間を割いて、過去・現在・未来っていう流れのなかで、現時点で選びうる最高のチョイスだったとほんまに思っているし、来年がほんまに楽しみです。

周りの人、特に自分に近い人達はその選択を喜んでくれてます。

父とかは特に。
就職活動の最終段階、東京に行く機会が多く、父の単身赴任先(新宿!)を拠点にしていたために、毎晩のように酒を飲みながら語りました。
当時残っていたいくつかの企業を説明したときに、現在の内定先と某品川系ベンチャーを一番強く推してくれました。
その時すでにいわゆる日本の大企業からも内内定の打診を受けていたのですが、そこの会社とかは父のクライアントだったりするそうで、そういったリアルな観点からアドバイスをくれました。
自分が最後の最後に、一切迷わなかったのは父の影響は強いかもしれません。
そーいえば、父も就職活動では研究室の推薦で某大手メーカーを蹴って、当時のベンチャーに進んで30年間そこで勤めています。
そういったチョイスは、30年前なら今よりも更にリスキーだっただろうに。
そういう性格が遺伝したのかもしれません。


ただ自分がショックだったのが、実家に帰って、母親が電話で友達か誰かから自分の就職先を聞かれて、

「Lです。えーっと、外資系の化粧品の会社みたいです。」

「えーそうなんだ…(微妙な反応)」※聞いてないので想像ですが。

「一応、某社と某社とかからも内定を頂いたそうなんですけど、本人が納得してるので。」


っていう会話を聞いたときですね。
やっぱ内定を断った大企業の名前を出さないとプライドを保てないのかと。
母自身はけっこう化粧品とか詳しいので、当然内定先を知っていましたし、外資系って事に理解もあるので、喜んでくれてると思います。
ただ、母親世代の会話の中では、子供がどういう職業にあるかっていうのは、けっこう大事っぽいです。
なんだかんだ「なんちゃら物産に決まりました」の方が分かりやすくていいんでしょうね。
そんな彼女の感情を自分は凄く理解できます。

正直に言って、自分の地元って日本でも屈指の高級住宅街といわれるところにあります。
ゆえに、幼馴染と言われる人達が軒並み、有名企業やいわゆる士業(会計士)とか医者っていうエリートコースを進んでいます。
もちろんこの状況がアブノーマルなのは理解してますが、彼女がいる環境は実際こうなので。
その中では完全にアウトローなわけです。
そうじゃなくても、うちの母は他の事で周りの家庭にコンプレックスを持っている(僕から見れば周りの経済状況が異常なだけですが)ので、そこは少しかわいそうかなとも思います。

「~ちゃん家みたいに資産を残してはあげられないけど、あなたには他の誰にも負けないくらい教育で投資してあげるから。」
って言ってくれて、ほんまに家計を圧迫するレベルで好き勝手に留学やらをしてきた自分だけに、それが一つ結果として分かりやすい就職先が、周りから見ても分かりやすい企業の方が良かったんだろうなーとか。

この一瞬、商社に行った方が良かったのかなと考えてしまいました。

まあ、あくまで一瞬ですが。

周りの評価なんて関係ないしね。
そんな下らんプライドで逆の決断を下せば、おそらく一生引っ張るくらい後悔するはずなので。
っていうかむしろ、「俺は俺が信じた会社に就職するんや!」で全然いいじゃんね。

良くも悪くも日本人って権威や肩書きに弱いですからね。
肩書きが変わった瞬間、周りの扱いが変わるなんてけっこう当たり前に起こる出来事だと、色んな知人も言っていました。
そういう反応を母に示す人がいるなら、逆に分かりやすく成果を残して、更に自慢の息子になってやればいいだけの話ですね。

「あなたが使ってるそのリップのブランドの社長が息子なんです。」
って言わせてあげたいなーという新たな小さなモチベーション。




ん、最初に掲げたテーマから相当離れてるな。
まあいいか。

要は、自分が一生懸命選んだ道は常にBEST WAY。
周りにとってもBESTかどうかは、その道の進み方次第だよねーという話でした。
スポンサーサイト
コメント
初めまして。12月くらいから読ませてもらってます。
関西在住で、先月就活を終えた者です。

僕も進路について選択を迫られた時、同じ境遇に会いました。
そして僕もKKさんのように自分のやりたいことを最優先し今の進路になりました。
母は最初は心配してましたが、最終的に泣きながら応援してくれてます。笑
長くなりましたが、つまりKKさんにとってベストな選択はお母さんにとってもKKさんが選んだ時点でベストな選択なんだと思いますよ。
KKさんのお母さんの性格を無視した意見ですけど。
偉そうな事言って申し訳ないんですが、思うことがあったんでコメントさせて頂きました

最後に、KKさんのお父さんはブログ見てるとキャリアかなり凄そうですね。
【2009/05/12 02:49】 | turbo #- | [edit]
>turboさん
コメントありがとうございます。
皆さん同じような悩みは多かれ少なかれ抱えていらっっしゃるんでしょうね。
自分で決めた事なので、自分で突き進むのみです!!頑張ります!!
【2009/05/12 11:43】 | KK #- | [edit]
私は神戸人ですがお母さんのくだりはよく分かります(笑)
私が魅力を感じる男性は、企業名でものを言うサラリーマンではなく自分の名前で勝負しているサラーマンです。
あくまでも組織の一員、しかしながら有名な人。いますよね。
きっとKKさんもそうなる。めちゃくちゃ楽しみです。
Lというフィールドで、でっかくなってって下さい。KK@L!
【2009/05/12 22:46】 | ペー #- | [edit]
>ぺーさん
コメントありがとうございます!
確かに仕事を聞かれて、会社名で答えるような大人になりたくないっすねー。
自分がブランドになるようなキャリアを追求していけたら最高っすー
【2009/05/12 23:02】 | KK #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kkkosuke.blog122.fc2.com/tb.php/743-3080c48e
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

KK

Author:KK
自称「日本最高」のマーケター(身長的に)。
2010年より外資系メーカーに勤務しております。
将来の夢はリアム(写真)になって、そしてカリブに海の家!!

日々の生活、マーケティング、広告、音楽、海外ニュース、とにかくアンテナにひっかったもんに対してつっこんでいこうと思います。

※あくまで個人のネタ帳であり、所属企業・団体等とは関係ありません。



こちらにはアイディアの種を撒き散らしてます。

http://kk196.tumblr.com/archive


↓Follow me↓
twitter / kk_196

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
DONATION.JP
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ

カウント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。