スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

20代女子の専業主婦志向

 2009-06-10
20代女性は意外と専業主婦を志向…男女共同参画白書
なぜ、20代高学歴女子は「専業主婦」狙いなのか

内閣府が実施した男女共同参画社会に関する調査。
それによると、「妻は家庭」との考えに、賛成した女性の割合を年代別に見ると、女性では20歳代が36.6%で60歳代(40.2%)に次いで高く、30歳代(34.2%)、40歳代(30.7%)、50歳代(31.6%)を上回ったそうな。

またこういう話題。
女性のキャリアみたいなんは、イギリス在住の某フェミニスト大学生のおかげで、完全に自分の関心事になってしまいましたね。

「お嫁さんじゃなくてパートナーはイヤなんです」
「高校生のころもっと遊んで女子大とかに行くべきでした」

こんな事を東大卒の女性に言われたら悲しいですね。
特に前者の言葉は、パートナー主義の自分には響きました。

20代が30代、40代よりも専業主婦志向が高いというのをどう解釈すれば良いのだろう?
確かに不況下において、人が安定志向になるのは色んな統計が示すところではある。
加えて今の20代は、生まれてずっと不景気で育ってるので、あんまり将来に希望持てない人が多いのかもしれない。
究極の安定として、専業主婦ってことなのかなあ?
うーん。

あえて攻撃的に言いますが。
キャリアを考えることを放棄して、専業主婦になりたいと言う人が周りに多くて正直イラっとします。
「とりあえず専業主婦になってー、子供を育てながらパートのおばちゃんとかしたいねん♪」
それ自体は素晴らしいキャリアだと思う。
ただ、それが相手と考え抜かれた末にあるんじゃなくて、ただ世の中どうなるか分からんし、とりあえず自分と家族が幸せならいいか、っていう安易な思考放棄に基づいてる人が多いっていうのが正直な感想です。
これは女性に限らなくて、不況で満足のいく就職ができないから留学とか院進学とかを「急に」言い出す人とか周りにけっこういます。
もとからそういう考えの人はいいと思いますが、あんだけ就活に夢を一緒に語って、ダメだったから安易に院っていうのは少し違う気がする。
その業界受けてたのに、何で急にそんな院に?
結局何がしたかったのか謎な人が多い。
それって決断を先延ばしにしてるだけやん。
まあその先延ばしの決断こそが、彼らのキャリアから逆算して、最高のチョイスかもしれないんですけど。

ちょっと話がずれた。
偏った意見をすいません、こんな考えのやつもいるんやーくらいに読んでてください。

そうそう、専業主婦って、実はめっちゃリスク高いと思うんやけどなあ。
なんせ社会とある意味で切り離された存在やから、自分でリスクをコントロールできない。
今までの専業主婦は、夫の給料が上がっていく前提があったから専業できたけど、夫の雇用すら流動化している状況では、もはや定型的なライフプランは作り辛いはず。
子供がいて、生活しないといけないから、パートに出る。みたいな状況は容易に想像できます。
これからの時代、ほんまに専業できる人っていうのは、きっと幸せな人なんでしょうね。

今、まさに専業主婦盛りな30代、40代の「妻は家庭」ポイントは低いのは示唆に富んでる。
特に40歳代(30.7%)。

toukei
平成16年度版少子化白書(内閣府)

統計によると、平均出生時年齢が2003年では第1子が28.6歳。
40代は中高生の金のかかる子供がいる時期ってことですね。

長男は大学進学、二男ももうすぐ高校生なのに、夫の給料はまさかのダウン査定。
ローンは年功序列を前提に組まれて残り20年ほど…。
「妻は家庭」なんて言わずにチャンスがあるなら働きたい、というリアルな想いが数字に表れたのではないでしょうか?
そもそも20代のそれと40代のそれとでは、実感がある分数字の重みが違う気がする。
今の20代が40代になる頃には…。

とか考えると、せっかく教育機会を得ていたのなら、ある程度、社会の中で母親とビジネスのキャリアを両立する事を検討した方が得な気がします。
まあ、それが難しいのは男の側の責任もあるんやけどね。


スポンサーサイト
コメント
思わずコメントの「ネット合コン」をクリックしてた。。。
まさかの「コンテンツ連動型」広告w

「パートナー主義」には全力で賛成しておきます。



【2009/06/10 22:04】 | ta○a #- | [edit]
>tawa
いやいや、俺の真面目な記事にこんな卑猥な広告は遺憾です。
とりあえず俺らが、世論に負けずにパートナー主義を貫き通す為にも、エデン頑張ろうw

「草食系男子」に対抗して「エデン系男子」で関西を席巻しましょうww
【2009/06/10 22:43】 | KK #- | [edit]
上の記事だけではなんともいえないですけど、めーーーっちゃ極端な言い方をして、高学歴の方がいわゆる「遊んでない」「すれてない」方だと仮定したら、ただ単に「愛されたい」願望があるだけなんじゃないですかね?「愛される」ことで「もう頑張らなくていいんだ」って思いたいだけなのかも。だから対等であるパートナーより、従属感のあるお嫁さんで愛されてることを認識したいのではないでしょうか。

彼女達はキャリアを積んでいく自分達に「女」をみれなくて、結婚を通して自分の「女」としての魅力を公示したいんだと思います。結婚が女としての付加価値を高める、という前提が彼女達にはあるのでは?言い換えると、いくらキャリア積んだって、結婚できなかったら女として存在価値ない、みたいな考え方ですかね?

勿論、「私ももっと頑張らなきゃ」と女性を上手くブラッシュアップできる男性が出現すれば彼女達の願望も変わると思いますが。

…うーーん、女性って難しい。

【2009/06/10 22:54】 | 小雪 #nmxoCd6A | [edit]
「キャリアと結婚の両立がより可能になるのでは?」という理由で公務員志望の私にとって、衝撃的な数字でした。
現在の方が女性の大学進学率が上がっているのに勿体ないと思います。

でも実際、社会は女性に未だ閉鎖的ではないかなーとも思います。
女性の国会議員の割合は他の先進国に比べて少ないし、この間は育児休暇を理由に解雇された女性がニュースで取りあげられてました。


・・・不可能ですけど、男性も出産できたらいいのになー。
【2009/06/11 00:22】 | まっきー #- | [edit]
>小雪
>女性を上手くブラッシュアップできる男性
うまい事いうなあ…この表現頂いときます、メモメモ。
男からすると難しいトピックではあるんやけども、考える事は続けていこうと思います。

>まっきー
そうなんよねーもったいないなーと思うわけです。
とはいえ、実際には両立している人も少ないながら確かにいるわけで。環境次第やからこそ、妥協せず環境を追い求めて下さい!
【2009/06/11 02:51】 | KK #- | [edit]
今の時代は離婚率も高く、昔のような終身雇用時代ではないことを考えると男女ともに働いて当然くらいの認識であってほしいですね…。余談ですが就活時に私立のそこそこの学校に行ったのに一般職志望で堂々と働きたくないという女性に度々遭い、それには驚きました。
私の周りは高学歴で職業意識の高い女性が多いですが、実質はほとんど昔と変わっていない女性にとっての日本社会というのは基本的に仕事と家庭が両立しづらい環境にあるとは思います。フランス人にいわせれば50年代のフランスが今の日本だそうです。
その一方で、異性観の在り方が古いのも一因なのではないかと思います。非常に賢い男性が、頭をかしげたくなるような女性を選んでいることが日本ではよく見受けられますが、実際の能力の有無はともかくも自分のエゴやプライドを満たしてもらえるような「自分より馬鹿」で(若いとき特有の)「可愛い」女性が良しとされ、またそのような女性が未だにもてはやされる(騒がれるアイドル・タレントもやはりそのような傾向あり)ということも問題ではないかという気がします。欧米にもYello feverはいますが…知的レベルが高く賢い女性ほど結婚年齢が高いといったことは欧米でも同じですが、日本の方がそういった事情はさらに酷いように感じられます。もちろんそれでツンツンしてしまうようではその女性自体の問題ではあると思うんですけどね(笑)

就活を経て院に行こうと志している知り合いがいますが、その子自身はやはり騙してなんぼという部分が少なからずあるビジネスへの抵抗感や、一人で立ちまわるのが向いてることもあり将来フリーで出来るような専門的職業に就こうと今は躍起になっていて見ていて頼もしいです。本当の意味で優秀でかつ意思がはっきりしている(大抵は非日本的)子ほど中々大手には歓迎されないという事態を目撃しましたが日系大手企業なんかだと、表面的なEQが大切にされるという社会だからこそ、賢すぎる意思がはっきりしすぎている人材というのは好まれないように感じます。(そこで彼らはあくまで社会の価値観に迎合するふりをすることもできるでしょうが、意図的にそれを選択しなければという条件下ですが)
こういう就活を経て、自分のやりたいこと・適性に気付いて方向転換をするということは非常にポジティブで好ましいケースですが、ネガティブな選択肢として院を選ぶというのはお金も無駄ですし勉強が好きでないならその子にとっても何の利益にもならないでしょうね。その子の両親にとってもただの金銭的負担にしかなりえないでしょうし。
とにもかくにも、個人のパーソナリティや適性と照らし合わせて、もっともリーズナブルかつ合っている選択肢に気付けるようになるといいですよね。
長文失礼しました。
【2009/06/11 17:05】 | KU #- | [edit]
>KUさん
貴重なコメントありがとうございます。
確かに「おバカキャラ」とか人気ありますもんね。ヘキサゴンとか。
「お」がついてるから可愛い響きですが、所詮バカというラベルですからね。個人的に理解に苦しむ所ではありますが、きっと仕掛けてる側と本人達は頭いいっすよね。一番バカなのはそれを違和感なく受け入れる、こっち側の人間かなー

「なんとなく院」は確かに問題ですが、「なんとなく就職」も余計に問題ですよね。責任範囲が広がるので。
そうならないように、なぜ働くという選択肢を選んだのかを常に意識しておこうと思います。
【2009/06/12 02:12】 | KK #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kkkosuke.blog122.fc2.com/tb.php/821-77c964d3
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

KK

Author:KK
自称「日本最高」のマーケター(身長的に)。
2010年より外資系メーカーに勤務しております。
将来の夢はリアム(写真)になって、そしてカリブに海の家!!

日々の生活、マーケティング、広告、音楽、海外ニュース、とにかくアンテナにひっかったもんに対してつっこんでいこうと思います。

※あくまで個人のネタ帳であり、所属企業・団体等とは関係ありません。



こちらにはアイディアの種を撒き散らしてます。

http://kk196.tumblr.com/archive


↓Follow me↓
twitter / kk_196

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
DONATION.JP
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ

カウント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。