スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ホンダが掴んだエコ支持者のインサイト『エコグランプリ』

 2009-06-18
isight

ホンダのインサイトのキャンペーンがおもしろい。

プリウスの独壇場だったHV(ハイブリッド)市場にホンダが投入した、戦略上非常に重要なインサイト。
車の性能に関しては無知なので、中途半端に比べる事ができませんが、広告キャンペーンの張り方に各社の違いが見えて面白いです。

wikipedia先生によると、インサイトは別に今に始まったわけではなく、従来の車のコンセプト変更にすぎないらしい。
つまりホンダにとって特別新しい技術なわけではないようです。
にも関わらずここまで大きな成果を残したのはなぜか?

技術力はもちろん、マーケティングの力も大きいだろうと思うわけです。
参考)http://response.jp/issue/2009/0311/article121562_1.html



おそらくインサイト最大の強みは、ベースモデルが189万円という価格。
上の記事がいうように、庶民のハイブリッドっていう市場を切り開いたんだと思います。
これで初めての月間売り上げ1位とかを獲得するわけです。
インサイト、ハイブリッド車初の月間販売ナンバー1

ただ、これでプライド丸つぶれな、トヨタが新型プリウスを露骨な形でぶつけてきます。
業界騒然!ホンダ「インサイト」をコケにする トヨタ「プリウス」の容赦ない“比較戦略”
まあ、この露骨な戦略がどう影響したのか、それとも従来からのブランド力の違いからか、プリウスが速効でシェアを取り返す結果になりました。


当時はこれに関して、ホンダの戦略が詰めきれてなかった印象を受けていました。
ホンダはHV市場においては完全にフォローワーなわけです。
フォローワーが価格戦略に出るのは間違ってません。
ただ、あまにプリウスを意識させるデザインとその価格、この攻め方ではリーダー(プリウス)の土壌に乗って戦うわけで、即反撃が可能な市場にあえて乗るわけで。
価格優位性がなくなれば、リーダー側が勝利するのは自明です。
コンセプトレベルから差別化を図らなかったから、「あ~あ、インサイトきついなあ」とぶっちゃけ思っていました。


ただ、お互いに初動キャンペンが落ち着いてからのホンダの動きが素敵でした。

ecog
http://www.honda.co.jp/ecogp/index.html

20世紀のレースはスピードを競っていた。
21世紀のレースが競うもの。
それは、あなたの燃費。

CM)http://www.honda.co.jp/INSIGHT/cm/index.html

やー素敵です♪
これでこそホンダですね。
価格という優位性はなくなったものの、相当目新しいコンセプトを仕掛けてきました。
CMを見て、車持ってない自分ですら、参加したくなりましたもん。

20 - 30歳代の男性で22%売り上げているインサイトですが、車に対してロマンとかを感じないこの世代に新しいドライブの価値を提供した点が非常に巧みです。
いうたらこの世代はゲーム脳とか言われる世代ですが、他人との情報シェアと、それに派生する競争に関しては非常に柔軟な世代です。
そこに向けて、ドライブをゲーム感覚で再定義したのは本当に面白い視点だと思う。

このキャンペーンは既存ユーザーに向けたものかと思いこんでいましたが、実際に訪れてみるとそうでもなくて。
バーチャルチャレンジっていう、新規ユーザー向けのコンテンツも用意されている。(内容は不明)
きっちりと幅広い層に対して訴求できている。

今でもインサイトは、こういうサイズではなくて、もっと小型車でもっと安くしてた方が、とんでもないインパクトで迎えられ、トヨタにもしばらく手出しできない市場を形成できると思ってます。

ただ、このインサイトのスヌーピーのティザーからはじまって、エコグランプリという一連のキャンペーンの流れは、トヨタとは違うホンダのカラーを打ち出す上で非常に大きな役割を果たしたと思います。

どんなにすごいエコカーだって、手が届かな ければ、無いのと同じ!
エコカーは、みんなに乗ってもらって、初めてエコ!

こういうメッセージはオリジナリティを感じます。



佐藤可士和の有名なCMをはじめ、こういうタイプの広告が企業ブランドを形作るんですねー。
おもろーやわ。

ちなみにインサイトは電通なのか博報堂なのか気になるところではあります、
ホンダ、広告を電通1社に ブランド戦略と経費削減へ

だいぶ昔の記事ですが…。
なんしかホンダは博報堂と相性よさそうな気がするんやけどねー


スポンサーサイト
コメント
また僕ですw
ちなみにHONDAのインサイトは元々2人乗りで、割と前のモデルから残ってるデザイン部分も多いので、プリウス意識ってわけでもないのかなーと思います。
あと、基本的な本体はFitと同じになっているので、不景気な今、すべて新しく作るトヨタよりも効率的な生産かもです!
そして工場一緒なのでFitと同じカラバリです。
何より、ホンダは今からエコプロジェクトが続くので、インサイトは序章ですよ!エコプロジェクト3号まできまってるそうな・・・
【2009/06/18 23:50】 | msiw #- | [edit]
>msiw
いやーぶっちゃけ書いてるときからmsiwの顔がちらついてましたw
まだ仕掛けがあるんやな!!楽しみやわー

ってかあの温泉でのホンダ話以降、ホンダが気になって仕方無いわー今社会人やったら完全にホンダの車買うくらい。
やっぱ最強の広告は口コミなんやろうね。
【2009/06/19 01:27】 | KK #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kkkosuke.blog122.fc2.com/tb.php/833-32fcbaf0
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

KK

Author:KK
自称「日本最高」のマーケター(身長的に)。
2010年より外資系メーカーに勤務しております。
将来の夢はリアム(写真)になって、そしてカリブに海の家!!

日々の生活、マーケティング、広告、音楽、海外ニュース、とにかくアンテナにひっかったもんに対してつっこんでいこうと思います。

※あくまで個人のネタ帳であり、所属企業・団体等とは関係ありません。



こちらにはアイディアの種を撒き散らしてます。

http://kk196.tumblr.com/archive


↓Follow me↓
twitter / kk_196

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
DONATION.JP
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ

カウント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。