スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ヒディング監督の育成術と組織論

 2009-07-13


ヒディンク監督「育成の鍵は“模索させる”」 名将に学ぶユース世代の指導哲学
なかなかおもろい記事でした。

フース・ヒディング(Guus Hiddink)。
日本でもっとも有名な外国人監督のひとりですよね。

韓国を率いてW杯BEST4。
PSVでCLのBEST4。
オーストラリアをW杯決勝トーナメントに。
ロシア代表をユーロでBEST4。
半年間限定就任のチェルシーの監督としてCLのBEST4&FA杯優勝。


こんだけバラバラな文化圏の様々な状況のチームの監督として、そこで求めうる最高の結果を出し続けてきたという意味で単純に凄いなーと思います。
戦術うんぬんっていうのは良く分からないので評価しようがなかったんですが、この記事を見て彼の成功の秘密の一端を少しだけかじった気がしました。


【以下引用】

――プレーの発想やアイデアはどうやって身につければいいのか?

 クリエーティビティー(創造性)を磨くことはユース世代の育成では非常に重要だ。そのためには、コーチはエクササイズの段階からフットボールの問題、選手がいろいろとチャレンジできる状況を提供していくべきである。コーチは答えをすべて教える必要はない。複雑な問題をどうやって解決していくかを選手に考えさせるようにすること。フットボールでは毎回状況が違う。そこで選手自身が問題を解決すべく考え、試行錯誤することによって、クリエーティビティーは身についていく。コーチはヒントを提示することはできるが、このプロセスにあまり介入してはならない。
(中略)
コーチが持っているソリューション(解決方法)を与えるのではなく、「こういう状況でのプレーは正しかったのか?」「この決定でよかったのか、それともほかにオプションはあったのか?」と尋ねることだ。そうすれば選手は自然と考えるようになる。コーチはプレーを押し付ける傾向があるが、それは忘れた方がいい。若い選手たちには自分がやったことを見せて、ほかにどんなオプションがあったのかを考えさせる。そうすることで自分のアプローチを考え直すきっかけになる。ユース世代の育成で素晴らしい監督というのは選手に模索させる。それが育成の鍵だと思う。


――イニシアチブ、クリエーティブ、ディシプリン(規律)のバランスは難しいと思うが

 韓国代表を指揮した当初、1つ問題だったのは、選手の練習を見ていてイニシアチブが欠けているように思ったことだ。スキルはあるのに、なぜイニシアチブが欠けていたのか。これは文化的なことかもしれないし、あるいはほかの理由かもしれないが、選手はミスを恐れていた。聞いたところによると、ミスを犯すと罰則を受けるという恐怖感が無意識のうちに働いていたようだ。こうなると選手はイニシアチブを取らないようになってしまう。失敗すれば罰を受けると思うからだ。こうした否定的な考えがパフォーマンスに悪影響を及ぼしていた。それを変えようと思った。時にはわたしがミスを称賛しているかのように映ったようで、周囲からの批判もあった。だが、わたしとしてはコミットメント(責任)が完ぺきであれば、ミスを犯すこともあるということを示したかったのだ。



そもそもスポーツ選手とかアーティストとかのこういう記事って凄く勉強になりますよね。
あんまりビジネス系のインタビューっていうのが好きじゃなくて(最近は無理して慣れるようにしてるけど)、こういう類の記事から色々と勉強する事はおおいです。
例えば今回の記事とか、単純に組織マネージメントの観点からも示唆に富んでいるように思います。

後輩に「答え」を押しつけるのではなく、自分で考えさせて、その結果をフィードバックさせる。
その際に過度に結果で判断して縮こまらせるのではなく、しっかりとコミットメントの内容で評価をして、むしろミスを称賛する。

とか。
いくらでも応用できる気がします。

なんかこういうのまとめた本とかあると面白いのになー。
イチロー語録とかそうなのかな?


スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kkkosuke.blog122.fc2.com/tb.php/890-b110349a
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

KK

Author:KK
自称「日本最高」のマーケター(身長的に)。
2010年より外資系メーカーに勤務しております。
将来の夢はリアム(写真)になって、そしてカリブに海の家!!

日々の生活、マーケティング、広告、音楽、海外ニュース、とにかくアンテナにひっかったもんに対してつっこんでいこうと思います。

※あくまで個人のネタ帳であり、所属企業・団体等とは関係ありません。



こちらにはアイディアの種を撒き散らしてます。

http://kk196.tumblr.com/archive


↓Follow me↓
twitter / kk_196

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
DONATION.JP
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ

カウント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。