スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

Muhammed Yunus

 2009-08-23


Muhammad Yunus.
ムハマド・ユヌス
もはや説明もいらんほど、世界的な超重要人物。
そんなユヌスと会談(1時間半も!!)の機会を頂いてきました。

yunus

とりあえず圧倒されたのは、そのオーラ。
オーラとか感じたのは、いいともの出待ちで遭遇したノエル兄貴以来です。
オーラの源って何なんですかね?

内容に入る前に印象から整理したい。
人は見た目が9割とか言いますが、ユヌス氏も失礼やけどそれに漏れないと思う。
まずスマイルが最高に素敵かつ爽やか。
非常におおらかで物腰も柔らかく、自分達のような学生にも予定時間を越えて語りかけてくれるなど、真摯に対応してくださる。
そして語り口は自信に満ち溢れていて、非常に分かりやすい英語を使う。
変に回りくどくなくストレートな言葉の選び方があるからこそ、非常に深みを感じさせ、名言っぽく感じさせる、それが秘訣かもしれないと思いました。
カリスマ性とかスピーチとかはオバマも凄いけど、ノンネイティブとしての英語の理想系をユヌスに見つけた気がします。
ユヌスの語りは今後引き続き研究します。
プレゼンテーションをするうえで面白いロールモデルになる気がします。

ある人が言っていましたが、ユヌスとグラミン銀行が、マイクロファイナンスの先駆者であり世界最大級のNGOであるBRACを差し置いてノーベル賞を受賞したのは、ユヌス氏のセルフプレゼンテーションの凄さにもその要素が多分にあるという説も、なかなか説得力のある話です。
事実、彼のおかげでバングラディッシュに注目と金が世界中から集まってるんやから。


会談の大半は、Social Businessとそれに対する関わり方について割かれました。
すごーく簡単にまとめると、自分のアドバンテージを明確にし、自分がコミットできる環境でしたいことから取り組めば良いと僕は解釈しました。

お前の解釈なんか聞いてねーよという世間の声にお答えして、ユヌスの会談での示唆に富む発言をいくつか紹介。

・Don't have to be professional.
→ユヌス自身もバンカーではなかったが、だからこそグラミン銀行は常識に捉われないソリューションを提供できた。
・Social business = Solve social problem
→どこにフォーカスを置くか次第。例えば雇用にフォーカスすれば、店を開き、1人雇用するだけでもSocial businessとして役割を果たしていると。
・貧困解決を目的としたSocial businessをするとして、必ずしも貧困現場にいる必要はない。
→AdvantageとDisadvantageがある。それを明確に定義し、自分の知識や環境を使って確実なSTEPをめる選択を。
・If you have commitment, 90% of the job has done. 10% is just try and error.

→コミットとか最近の学生は良く使う(俺は嫌いやけど)。もうその覚悟からレベルが違うんやろうなー。コミットしてますとか軽々しく使わないように気をつけよう。
・テクノロジーは誕生以来、常にビジネスを伸ばし、利益を最大化する手段として成長してきた。しかし、テクノロジーはSocial problemを解決できるポテンシャルを秘める。問題はそれをどう使うか。
→既存のテクノロジーをBOPでの問題解決に応用する事で、そこで培われたソリューションがいつか上の階層のビジネスにも応用可能になる。


むはーマジでお腹いっぱいの1時間半でした。
時間をかけてゆっくりと噛み砕いて、自分のものにします。

自分達と会った数日後にホワイトハウスでオバマからMedal of Freedomという賞を受けています。

yunusobama

Muhammad Yunus
Dr. Muhammad Yunus is a global leader in anti-poverty efforts, and has pioneered the use of "micro-loans" to provide credit to poor individuals without collateral. Dr. Yunus, an economist by training, founded the Grameen Bank in 1983 in his native Bangladesh to provide small, low-interest loans to the poor to help better their livelihood and communities. Despite its low interest rates and lending to poor individuals, Grameen Bank is sustainable and 98% percent of its loans are repaid – higher than other banking systems. It has spread its successful model throughout the world. Dr. Yunus received the Nobel Peace Prize in 2006 for his work.

以上が受賞理由と紹介。
こういうの見ると、ほんまに偉大な人と時間を共有できたことの幸せを実感します。

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kkkosuke.blog122.fc2.com/tb.php/932-ac5b4f9e
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

KK

Author:KK
自称「日本最高」のマーケター(身長的に)。
2010年より外資系メーカーに勤務しております。
将来の夢はリアム(写真)になって、そしてカリブに海の家!!

日々の生活、マーケティング、広告、音楽、海外ニュース、とにかくアンテナにひっかったもんに対してつっこんでいこうと思います。

※あくまで個人のネタ帳であり、所属企業・団体等とは関係ありません。



こちらにはアイディアの種を撒き散らしてます。

http://kk196.tumblr.com/archive


↓Follow me↓
twitter / kk_196

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
DONATION.JP
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ

カウント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。