スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

広告会社に求められる人材 ad:tech Tokyo 2009リポート

 2009-09-06
広告業界の人材育成、「境界線を突き破る」ことが重要に
ad:tech Tokyo 2009リポート


広告会社に求められる人材

『広告会社の中で求められている人材は考えない方がいい。広告主、媒体社に求められる人材』
『従来とは違う切り口で、消費者に使ってみたいと思わせるシナリオを一緒に考えてくれる人』
『得意先が知らない周辺分野も知って多面的な顔を持つ必要があり、「いわば(哺乳類だが飛べる)コウモリ、(哺乳類だが卵を産む)カモノハシのような存在」』


広告を志望していた自分的には、非常に興味深い記事ですね。


消費者に使ってみたいと思わせるシナリオ。
これって大事だと思う。
広告においてもやけど、メーカーのマーケターなら尚更。

東京で渋谷とか見て回ったけど、価格戦略を軸にした販売・広告戦略が店頭には目立つ。
分かりやすいとこでいうと、H&Mとかに代表されるファストファッションは典型ですよね。
商品の消費サイクルが高速化している印象は凄く受ける。
一方でエコとかいう切り口もあって…なんか矛盾してる気がする。

価格はもちろん重要。
けどそれだと、購入時のお得感が価値になってしまう。
そこが満足度のピーク。
後は下がるだけ。

消費者に使ってみたいと思わせるだけでなく、使い続けたいと思わせるシナリオを描ける人になりたいと思う。
そういう魅力的なシナリオを描く為には、この記事が言うように多面的な知識も求められる。
仕事だけじゃなく、違う自分を保つことも凄く重要だよね。


スポンサーサイト
コメント
たまに黙ってみるのもやらしい感じがしてきたので初コメントをしてみます。
商品の消費サイクルって面白いよね。バーノンのプロダクトサイクル論みたいなものが成り立つ(結局ぐだったけど)のは技術の発展をベースにして市場シェアを増加していくごとに当該プロダクトが流行遅れのもの(価格が廉価化)になって行くっていう、時間が経つにつれ使いたい欲求が減少していくものでしかないけど、使い続けるっていうのは使い続けるにつれ使いたい欲求が増加していく、あるいは継続していくっていうことだから面白いなぁと思います。
商品特性と価格と消費者観点の価値を踏まえた上で考察してみたい問題ですね。なんていうマジメなコメントを残したいとおもいます。
朝早くから頭を回転させてくれてありがとう。w
次回KK君との出会い頭には下ネタをぶつけていくことを約束します。
【2009/09/07 06:50】 | issei fukui #- | [edit]
>ふくいいっせー
真面目なコメントありがとうw

バーノンのプロダクトサイクル論とか知らなかったので、勉強する良い機会になりました。
プロダクトライフサイクルっていう分野では単純に導入期、成長期、成熟期、衰退期っていう概念しかなかったので。
プロダクトの物的なサイクルとは別に、購入後の人の気持ちを基点にそれぞれの商品がどのようなサイクルを描くのか。定量的に調査すんのが難しそうやけど、おもろい分野やなー

【2009/09/07 17:57】 | KK #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kkkosuke.blog122.fc2.com/tb.php/955-a3289939
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

KK

Author:KK
自称「日本最高」のマーケター(身長的に)。
2010年より外資系メーカーに勤務しております。
将来の夢はリアム(写真)になって、そしてカリブに海の家!!

日々の生活、マーケティング、広告、音楽、海外ニュース、とにかくアンテナにひっかったもんに対してつっこんでいこうと思います。

※あくまで個人のネタ帳であり、所属企業・団体等とは関係ありません。



こちらにはアイディアの種を撒き散らしてます。

http://kk196.tumblr.com/archive


↓Follow me↓
twitter / kk_196

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
DONATION.JP
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ

カウント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。