スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「片付けるべき用事」の先に「感情の動き方」をイメージ。

 2009-09-17


今日の就職活動イベントで感じた心の豊かさをメモ。

いうたら内定者として就職活動イベントに行くこと自体に、物質的な豊かさなんて発生しないんです。
今回に関しては、大好きな先輩が誘ってくれたから。
当初はそれだけ。

けど、イベントの最後に参加者から「すごく参考になりました!ありがとうございました!!」って握手求められた時、単純にすごい嬉しかった。
なんか1人にでも響くものがあったなら、よかったなーと。

そういう人間同士の感情のやりとりってプライスレスなわけです。
気持ちが何よりも大切とか、そこまで割り切ってはいませんが。
単純に値段が付けられない。
2時間参加したから時給1000円×2=2000円分の満足感がその言葉にあるか、それ以上な気もするし、それ以下な気もする。
そこにどんだけ価値を感じられるかどうかは、要はその人の気持ち次第です。

そう、感情のやりとりは、損得勘定から離れられる事が非常に重要な気がします。
彼の「ありがとうの言葉」は100円にもなるし100万円にもなるわけです。
そこにどれだけ価値を乗せる(感じてもらうか?)ことができるか。
商品にも同じことが求められる。


尊敬するクリステンセン教授はイノベーションへの解の中で、商品を機能的な「属性」ではなく、「片付けるべき用事」という視点で考えるべきだとした。
(顧客が特定のブランドに頼る時、それは、ある特定の用事が発生してそれを解決する為に頼る。)
もはやそれすら古くて、これからは用事だけではなく、それにプラスして「感情の動き方」にフォーカスするのが正しいのでは?

これからの大量生産・大量消費の時代、プロダクトを機能的な属性カテゴリーでしか打ち出せないのであれば、それはすなわちコモディティ化へ、わかりやすくいうと価格でしか差別化できず、いつか100円ショップのカゴに放り込まれる運命にあるわけです。
そうではなく、生活者がその商品にどんな意味や感情を感じるか。
そのシナリオを魅力的に描くことで、プロダクトは価格という概念から解き放たれ、非常に高い付加価値と選択インセンティブを得る。

長期留学中に、日本を懐かしんで、くそ不味いうどんに1500円くらい喜んで払って満足してしまうのと同じ?
何らかの感情を動かす対象に関して、人は大きな付加価値を感じるし。
その感情を動かすベクトルがプラスであれば、それは心の豊かさを提供してる商品って事にはならんだろうか?


うーん。
なんか理屈っぽくなる。
どんどん心の豊かさエピソードをストックして、もうちょい素直にかんじてみよう。

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kkkosuke.blog122.fc2.com/tb.php/983-5bd2c233
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

KK

Author:KK
自称「日本最高」のマーケター(身長的に)。
2010年より外資系メーカーに勤務しております。
将来の夢はリアム(写真)になって、そしてカリブに海の家!!

日々の生活、マーケティング、広告、音楽、海外ニュース、とにかくアンテナにひっかったもんに対してつっこんでいこうと思います。

※あくまで個人のネタ帳であり、所属企業・団体等とは関係ありません。



こちらにはアイディアの種を撒き散らしてます。

http://kk196.tumblr.com/archive


↓Follow me↓
twitter / kk_196

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
DONATION.JP
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ

カウント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。