スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

2011年への抱負(ビジネス編)/外資系マーケター宣言 

 2010-12-31
外資系マーケターブログ11選|マーケティングプロフェッショナルの考え方というものに選んで頂けたようで、光栄です。
自分が読んでて、憧れてるような方々のブログとこうして並べて頂けるのは率直に嬉しいです。
なんか世間的に、外資系(笑)、マーケター(笑)みたいな発言もちょくちょく耳にするんですが、自分のポジションに誇りを持ってるつもりだし、外資にいるから1年目からそういうポジションにいるのも事実。
ここを自虐する必要もないので、堂々とどや顔で外資系マーケター名乗らせて頂きます。


さて遅れましたがご報告。

来年からある事業部の新ブランド担当になりました。
フランスに存在する新ブランド開発のチームとコミュニケーションを取り、どのブランドが日本でチャンスがあるかを判断し、適切に日本市場に導入、強いブランドに育てるっていうお仕事。
まずは3つのブランドを1人で担当します。
1つはこれから市場に出るブランドだし、残り2つもおそらく読者の方が誰も知らないようなブランドです。
いずれも販売チャネルの特性上、自分の施策がダイレクトに結果に反映されるので、超責任重大です。
新卒にこういうチャンスを与えてくれた上司に感謝です、本当に。

そーいえば自分を採用してくれた、2つ上のポジションの副社長が昔、こんな事をブログに書いていました。
ブランド・マーケティングの面白さはさまざまな属性を持つブランドのブランド力を「強い」ブランドに育てることにあるとも言えるでしょう。どんなブランドでもいいんです。ブランドの強弱そのものは売り上げ・シェアや利益額にすぐに反映されるので非常に分かりやすいですね。そして個々のマーケターやビジネスマンの真価はどれだけブランド力を「強く」できるか、につきると思います。
なので、このブランドのように、現状の制約・制限が多い特殊なブランド(=ちょっと難しいブランド)を伸ばすことこそビジネスマン冥利につきる、しかも個人の能力を伸張させることのできる千載一遇のチャンスと思うことしきりです。

いくつものブランドを強くしてきた実績のある彼の下で、そういうチャンスを与えられていることを幸せに思います。

この仕事はこの会社での自分の未来を決めるだろうし、自分の夢に実現可能性と自信を与えてくれるものになるはずです。

ブランドを作りたいってことあるごとに発信してきました。
そう考えると、技術的に素晴らしい商材、すでに開拓されている販売網、豊富な資金、各職種のプロ、こういう条件を全部ワールドクラスに揃えてもらって、1年目から自分の責任範囲として新ブランドを3つも勝負できるなんて恵まれ過ぎてます。
これでブランドをしっかりと育てることができなければ、自分で1からブランドビジネスを立ち上げるなんて永遠に無理です。
絶対成功させないといけない。
「一生に一度のチャンスだと思って死ぬ気でやれ」と普段は凄く温和な上司から叱咤激励されましたが、まさにその通り、本当に稀有なチャンスを頂きました。


ブランドにとって正しい事を、誰よりも速く、誰よりも正確に実行すること

中期的にはそういうマーケターになりたいと思うので、まずはとにかく速さと正確さを強く意識していく。
2011年は、とにかく手数を出して、何が正しいのかを経験からきっちり学んでいきたいと思います。
今回の仕事を通して、そういうマーケターになれれば、おのずと社内外を問わず次のSTEPが見えてくると思うし。


とにかく、ごりごりと仕事していきます。
雇ってもらってることを自覚して、きっちり仕事もしながら、の夢の為のプロジェクトも少しづつ形にしていきたい1年です。

来年もよろしゅうお願い致します。

Best global brands 2010

 2010-09-19
inter2010

毎年、世界中のブランド価値をランキングする恒例の企画。
2010年度版も発表になっていた。

結果は上記の通り、コカコーラがまた1位です。
富士山の頂上だろうが、バングラディッシュの農村であろうがきっちり配架しているような会社、普通に考えたら成長が鈍化してきても良いように思いますが。
本当に最強ブランドですね、ごちゃごちゃ分析するんじゃなくきっとNo Reasonなんでしょうね。

ところで日本のブランドはなかなかの苦戦を強いられています。
トヨタの-16%は全体で2位の下げ幅やし、任天堂もSONYもダウンです。
キャノンが10%上げてますが、これはなぜなんだろうか。

BC

上昇率でソートするとこんな感じ。
昨年の同じ時期に書いた記事を見ると、Googleは昨年1位の上昇率で今年も2位っていうんだから凄い。
全体的な傾向としては、インターネットサービス系が引き続き堅調で、ファイナンシャル系も持ち直してきてるのが2010年の大きな流れなんかな。


来年はどうなるんだろうか。

ドル安、EURO安なので、そこそこ単価の高いブランド郡の人気が高まっているそうですし(LVの本店とか売れ過ぎで営業時間短縮してるそうじゃないっすか)、ラグジュアリー系のブランドの価値が持ち直すんじゃないかなーと期待しております。今年度もっとも価値を落とした。ハーレーとかも。

そういえば昨年はZARA、H&M、IKEA辺りがめっちゃ目立っていました。
とりあえず価格競争がメインのコモディティ路線には世界的には一段落って感じになってくれればありがたいことこの上ないですねえ。
自分は全身ZARAとユニクロですが。

昨年までと決定的に違うのは、ここにリストされてるブランドの為に、本当に0.00000001%くらいでも貢献できるポジションにいるということ。当事者として、ブランドを強くしていくってほんまに刺激的やなあと思います。


AKBヲタ入門

 2010-09-16


AKBの皆が若い。
これを見るとあっちゃんの可愛さを再確認しますし、現在とのギャップを楽しむこともできます。
まあ、正しい見方はやまぐちりこのBefore,Afterを…ry)

とりあえずこのPVをカラオケでエンドレスループをしたわけですが、画面がPVだったので楽しく練習できました。

そう。

練習。



諸事情によって、このヲタ芸をマスターする指令を受けています。
いや、楽しい。
仕事のストレスは踊りで発散するに限ります。

昨年末にモ―娘を全力で踊って以来、まさか社会人になってまでこんなに本気で余興に取り組む事があるなんて、自分でも驚きですが、とりあえず非常に楽しい。

結果出してきます。


アレルギー性気管支炎

 2010-09-11


体調崩しました。
先日、39度の高熱と気管支炎で声を失い会社を休みました。
奇跡的な位、埃への耐性が無いそうです、部屋汚いのにね。
てか仕事の質で貢献できない自分はとにかく時間でそれをカバーしないといかんのに、休むという。
ああ、ださい。

体が不調だから、精神的にも弱気になってるのかなんなのか知りませんが、今ほんまに何をやってもうまくいかない気がしてならない。
万全ぬかりないはずの仕事が不安で、朝が来るまで夢でなんども上司に言い訳をして、起きたら仕事に行くのが嫌だったり。
実際、現場に行けば上司はかわいがってくれるし、もちろん大抵何のミスもないんやけど。
自分がこんなに思いつめるタイプだと思わなかった。
色々がっかりやわ。
とか、それをブログに書いちゃう自分が一番がっかりだったりするけども。

こんだけ色々ブログに書いちゃう男なんで分かるかもですが、そこそこ自信があったんです。
自分はやれるっていう根拠のない自信が。
でもぶっちゃけ結構何もできない。
いや、もちろん仕事はしてるんやけども、ほら事前のイメージだと前年比200%くらい達成しちゃうんじゃね俺?みたいなんあるじゃないですか、あれ、ないですか、俺はありましたそういうの。
でも結局自分は何もできてないっていう。
新卒だから仕方ないのか、研修だから仕方ないのか。

だいたいこういう当たり前な悩みを人事さんとかに聞き出されると「それはヘルシーな悩みだよーまっすぐ立ち向かってる証拠じゃないですかー」的なFBを頂くのですが、ええまあ。
そういう言葉をもらうくらいなら、疑問と不満を常に手当たり次第に(人事さんだろうが、VPだろうが、ひいては社長だろうが)ぶちまけていた一か月前の方がまだ自分らしかったりすると思うんですよね、ほんまに。
日々の仕事に頭いっぱいで何か色々思考停止してる。

しかもこの部署での研修期間は後半月くらいで、シルバーウイークもあって営業日でいうとほんま少ない日しか残ってない。
なのに、この期に及んでこの状態。

ああ、情けない。



まあ、こんなとこで悔しがっていても仕方がないので、やるんですけどね。
一応終わりが見えている仕事。
残り10営業日強。
やり切って、ほんで今温めてるプレゼンをしっかり適切な人に伝えて、しっかりと形になるものを残して次へいきたい。
物理的なゴールが見えているので、健全ではないけどもそれを良い意味でのモチベーションにしてラストスパートしていきます。


できるかできないかじゃない。
他社も含めて広ーく見て、別に能力的に劣ってるとは一切感じないし。

やるかやらないかです。
じゃあやろうって感じで頑張ります。
結局それをやるかどうかが広い意味での能力だったりすると思います。
頑張ろう、目指せできる男。




絶対に失敗しない社内ネットワーキングマニュアル!

 2010-09-04
目下アラレちゃんもびっくりの大スランプ中の研修ですが。
同期と比べても胸を張れる成果が、社内ネットワークの構築です。

ブランドや事業部が違えば、本当に別会社っていうくらい業務上の絡みがない弊社において、研修という機会は別ブランドや別事業部の方とネットワーキングできる稀有な機会。
そこは人事に強調されていたし、予定されている配属と別部署での研修を行う自分にとってはなおさら。

かわいがられているというよりは、単純にいじられてるだけな感はありますが、先輩方から概ね良くして頂いているように思います。
来月からは本配属予定の部署で研修が始まるわけですが、それに向けて自分のネットワーキング法を整理しておく。



1:第一印象で相手に強い印象を付ける
何らかの印象が無い事にはネットワークもくそもないので。
悪印象でも、無印象よりはましってのがポリシーです。
自分の場合、身長ネタがなかなかに効果絶大なのであまり突き詰めて考えたことないですが、多分重要。
オフィシャルな場で座りながら(身長ネタ封じ)アピールしなければならない時等は、絶対一番最初に質問をするなんてのも効果的だと思い、副社長クラスとのセッションで実践してきました。

2:生まれたばかりのひよこ理論
同じ部署に複数の新人が配属された場合、よっぽど熱心に興味を持ってくれる人でないと、なかなか顔と名前が一致してきません。
日々現場で脳細胞と神経をすり減らしている先輩からすれば、新人の名前なんぞ覚えるメモリーは何人分も残っていないかもしれません。
そこで重要なのが、名前を覚えた最初の新人になること。
ほら、ひよこも生まれて初めて見たものを親と思い強烈に記憶すると言いますし。
何事も初めては印象的なものだと思います。
故に最初の時期こそ、恥ずかしがらずに色んな人に質問しにいったりする事が大事。

3:飲み会は絶対参加
個人的に、飲みニケーション信者です。
飲みの場でしか聞けない話もあるし、やっぱり距離が近い。
普段は仕事の話しかしない先輩と下ネタとかを話せば、それだけでもう距離は一気に縮まります。
同じ理由で、サークル的活動にも積極的に参加していくと輪が広がる。
あんまり飲み会やイベントをする文化がない会社ですが、飲みたいと思ってる先輩は多いので、そこに応じたり誘ってみたりするだけで結構喜んでお供させていただけます。

4:いじられる=愛されてる
いじられる事を拒絶しないこと。
ネタを継続的に提供し続けること。
先輩につっこみどころを明確に示しておくことで、コンスタントなコミュニケーションが図れます。
一例ですが、W杯の時には「どうも、ベントナーです。(身長が同じデンマーク代表)」とかわけの分からん自己紹介をしてしまいます。
つっこみどころが明確でつっこみやすくなるので効果絶大。
過去にはダルビッシュとかボルトとか、そういうのでも多大なる成功を収めてきました。
コンプレックスをいかにポジティブにとらえられるかの勝負。
個人的には自虐とは一線を画す概念です。



…。
まあ、文字に起すと打算的でやらしい感じですが、普段は自然にやってる事なので。
社内で話ができる人が多ければ、やっぱり色んな話が聞けるし、色んな世界が見えて楽しいと思うんですよね。

間違っちゃいけないのが、『仲が良い=仕事を任せてもらえる」ではないこと。
ビジネス上の信頼を得れるかどうかはとにかく結果次第だしね。

幸運にも全社的な取り組みの中である特殊な役割を与えられ、社内的に露出する機会もあるので、その辺をうまく活かしながら、更に色んな先輩と話したいなーと思うわけです。
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

KK

Author:KK
自称「日本最高」のマーケター(身長的に)。
2010年より外資系メーカーに勤務しております。
将来の夢はリアム(写真)になって、そしてカリブに海の家!!

日々の生活、マーケティング、広告、音楽、海外ニュース、とにかくアンテナにひっかったもんに対してつっこんでいこうと思います。

※あくまで個人のネタ帳であり、所属企業・団体等とは関係ありません。



こちらにはアイディアの種を撒き散らしてます。

http://kk196.tumblr.com/archive


↓Follow me↓
twitter / kk_196

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
DONATION.JP
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ

カウント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。